« Gender Wage Gap | トップページ | 見出しに見る「勘違い」(その174) »

2016年5月 4日 (水)

「ダーティハリー」の “Make my day.” を何と訳す。

NHK BS プレミアムで 「ダーティハリー」シリーズ 5本が 4月から 5月にかけて放映されていました。

「ダーティハリー」シリーズの5本は次のように公開されています。

・「ダーティハリー」(‘Dirty Harry’,1971)
・「ダーティハリー2」(‘Magnum Force’,1973)
・「ダーティハリー3」(‘The Enforce’,1976)
・「ダーティハリー4」(‘Sudden Impact’,1983)
・「ダーティハリー5」(‘The Dead Pool’,1988)

このうち,4 と 5 は クリント・イーストウッド自身が監督です。

このシリーズの クリント・イーストウッド演じる サンフランシスコ市警 ハリー・キャラハン刑事には 皮肉溢れる 「決め台詞」があります。

吹き替えで 最も印象に残るのは 「泣けるぜ」です。

4月27日放映の 「ダーティハリー4」 で印象に残ったのはー

Img_0268

字幕では それほどでもありませんが,喋っている台詞はー

Go ahead. Make my day.” です。

過去の字幕では 「撃てよ,望むところだ。」,吹き替えでは 「さあ,撃たせてくれ。」などと訳されています。
「やれるものなら やってみな。」 とも訳されるようです。
「さあやれよ。そしたら撃ってやるよ。おかげで良い一日になるぜ。」というのが 説明的ですが 正確かも知れません。

もともと “Make my day.” は 普通に使われる “You made my day.” 「あなたのお蔭で いい日になった。」からくるもので,「楽しませてくれ」という意味となって アメリカでは この映画から “Make may day.” が流行語になったようです。

又,この映画で よく使われた 独り言のような台詞に “Swell” があります。
気が付いただけで 4回 言いました。

Img_0297Img_0298

Img_0299Img_0301

今回の字幕では 4回とも “Swell” を 「なんてこった」 と訳しています。

Swell” は 辞書にはー
【自動/他動】膨らむ/膨らませる,増加する/増加させる,うねる,胸が一杯になる/一杯にさせる 【名】膨らむこと,うねり,突起  【形】見事な
ーなどの意味がありますが,ここでの “Swell” は アメリカで 1930~1970年代によく使われた Slang のようで 一般には “great” や “wonderfull” の意味のようです。

おそらく 今まで観た吹き替え版では これが 「泣けるぜ」 と訳されたのでしょう。
又,字幕では 「最高だ」と訳されたこともあったようです。

Img_0303字幕は 鈴木恵美さんでした。

この映画の皮肉っぽい台詞は,原意に拘らず,ストーリーの流れ,雰囲気で日本語にするのがいいようです。

|

« Gender Wage Gap | トップページ | 見出しに見る「勘違い」(その174) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

全ての字幕が、その要領で作られるべきだと思います。

過去形は使っていましたが、そう言われてしまうとプレッシャーを感じますね。

投稿: yoko | 2016年5月 5日 (木) 15時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Gender Wage Gap | トップページ | 見出しに見る「勘違い」(その174) »