« 今年も 「梅」でー | トップページ | 気になる 「週刊 伊四〇〇」 »

2016年5月31日 (火)

「一ノ戸川橋梁」を知った。

NHK BSプレミア の 「日本縦断こころ旅」(4月29日 放映)で 『一ノ戸川橋梁』を知りました。

Img_0338
火野正平さんが 視聴者の「こころの風景」にまつわる手紙によって その風景を自転車で訪ねる番組で,この日の目的地がこの橋でした。

橋梁の諸元は 次のとおりです。

  所在地:福島県喜多方市山都町(阿賀野川水系一ノ戸川)
  鉄道:JR東日本・磐越西線
  竣工:1908年(明治41年),供用開始:1910年
  長さ:445m,支間数:16,高さ:24m
  タイプ:15支間:プレートガーダー橋,
            1支間(7連目):上路式ボルチモア・トラス橋(62.4m,*200ft 標準設計)
  製作(トラス橋部):米国アメリカン・ブリッジ社
  橋脚:花崗岩積み上げ

谷の幅が広く(水田がある) 445mという長い鉄橋になったようです。

Img_0319Img_0330

Img_0324Img_0327

路面上部にトラス構造を組む 「下路式連続トラス」の鉄橋は見慣れていますが,この橋の最長支間に適用されている 「上路式ボルチモア・トラス」はあまり見ない構造です。
100年前までは(西欧では)標準的な構造だったようです。
トラス部材の結合部が理論通りのピン結合なので 軸応力のみの発生となり,強度計算に誤りようがありません。

20mを超える高さの,花崗岩を積み上げた橋脚は立派です。

|

« 今年も 「梅」でー | トップページ | 気になる 「週刊 伊四〇〇」 »

散歩・風景」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 今年も 「梅」でー | トップページ | 気になる 「週刊 伊四〇〇」 »