« 見出しに見る「勘違い」(その176) | トップページ | 50年以上前の 蜷川幸雄さんの記憶 »

2016年5月13日 (金)

初めて 「南津海」を食す。

春も終わりに近づき,売られている柑橘類の種類が少なくなりました。

初めて見た 「南津海(なつみ)」を 農協で買いました。
見かけは ほぼ温州ミカンです。

Img_0307調べるとー
「柑橘の一種。『カラマンダリン』に 『吉浦ポンカン』を交配。
1977年に山口県大島郡周防大島町の山本弘三氏が育成した。
見た目は温州みかんに似ていて,サイズは150g前後。皮は簡単に手でむけて,袋ごと食べられる。甘みが強くてほどよい酸味があり,しっかりした味わい。柔軟多汁で香りもよく,春から初夏に出回るみかんとして注目されている。」 とありました。

おもな産地は,愛媛県(約40%),和歌山県(約19%),広島県(約11%)だそうです。

Img_0309説明どおり,温州みかんと違って 味に鋭さがあって 好みに合いました。

今シーズンは 良い(安くて)「せとか」にめぐり合いませんでしたが,最後に収穫がありました。

|

« 見出しに見る「勘違い」(その176) | トップページ | 50年以上前の 蜷川幸雄さんの記憶 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 見出しに見る「勘違い」(その176) | トップページ | 50年以上前の 蜷川幸雄さんの記憶 »