« 見出しに見る「勘違い」(その180) | トップページ | 今年も 「梅」でー »

2016年5月29日 (日)

オバマ 広島スピーチの原稿を誰が書いたか?

5月27日夕方の オバマ大統領の広島平和公園でのスピーチは,予想(予定)された5分を大幅に上回る17分間に及びました。

初めての広島で見た,広島ヘリポートから平和公園までの風景や,原爆資料館の感想などのアドリブを挟まず,予め準備された原稿にそったスピーチだったように思われます。

内容は さておき,このスピーチの原稿は どのように作成されたものなのか,‘the guardian’ (May 27, 2016) に ‘Who wrote Obama's Hiroshima speech?’の見出しの記事があったので読んでみました。以下 転載します。(拙訳御免)

*************************************

Barack Obama has always been a superior orator. For many, his speech to the Democratic convention in 2004 was the most memorable moment of John Kerry’s presidential campaign. Since arriving in the White House, the lyrical quality of his rhetoric has continued to soar higher than actual policy achievements, especially when it comes to nuclear disarmament.

バラク・オバマは,常に,優れた演説者である。特に,2004年の民主党大会での彼のスピーチは,ジョン・ケリーの大統領キャンペーン中で,最も印象的なものだった。ホワイトハウスに入ってからは,特に核軍縮に関するスピーチは,彼のレトリックの叙情的質は,実務の政策成果に比べて高まり続ける。

Like every president, however, Obama’s speeches are the product of teamwork. For the Hiroshima speech, his closest collaborator will have been Ben Rhodes, the deputy national security adviser for strategic communications and speechwriting, who trailed the Hiroshima address in a blogpost.

しかし,すべての大統領と同様,オバマのスピーチはチームワークの産物である。広島スピーチのための,彼の最も近い協力者は,ベン・ローズ,戦略通信 および スピーチ・ライティング担当・国家安全保障副補佐官で,彼は広島スピーチへの投稿を追跡した。 (自信なし)

We now know a lot about Rhodes, due to a recent very long and controversial profile in the New York Times magazine. We know he studied literature and was an aspiring novelist at the time of 9/11, which got him interested in foreign policy. The article is controversial because Rhodes claimed to have orchestrated naive Washington journalists and thinktanks into accepting last year’s nuclear deal with Iran.

我々は今や,ニューヨーク・タイムズ・マガジンに最近掲載された 非常に長い,物議を醸すプロフィールで,ローズのことを多く知っている。我々は,彼が文学を学び,彼を外交政策に関心を抱かせるきっかけとなった 9/11の時点で,小説家志望であったことを知っている。考えが甘いワシントンジャーナリストとシンクタンクが,イランとの昨年の核取引を受け入れるように画策したとローズは主張したので,その記事は物議を醸した。

That might have been an overestimation of Rhodes’ influence but there is no doubting his skills as a wordsmith. The Times article quotes the American novelist Don DeLillo as an inspiration several times. Rhodes would have honed the first and last drafts with Obama but, in between those stages, presidential speeches are almost always the work of a committee. Drafts are sent to any government department with a potential interest, inviting input.

それはローズの影響に対する過大評価だったかも知れないが,言葉の細工師としての彼のスキルを疑うことはできない。タイムズの記事では,インスピレーションとしてアメリカの作家 ドン・デリーロを数回 引用した。ローズは 原稿の最初と最後にオバマと共に磨きをかけるが,その間のステージでは 大統領のスピーチは ほとんど委員会の仕事である。原稿は潜在的な関心がありそうな如何なる政府部門にも送られて,情報を引き出す。

In this case, the speech would have gone to defence, state and the Department of Energy, to ensure it was comprehensive and free of gaffes. Then it would go back to Rhodes. But the final author is Obama himself. The delivered version of Obama speeches are covered with his longhand notes. The dominant voice does seem to be the man himself.

このケースでは,スピーチは 国防,外交,およびエネルギー省に渡され,大局的で 失言がないように確認され,ローズに戻される。しかし,最終的な作者はオバマ自身である。オバマのスピーチの,発表されるバージョンは,彼の手書きメモで補われる。支配的な声は彼自身のようだ。

(転載了)
*************************************

スピーチ原稿の メイン・ライター/ベン・ローズは かつて小説家を目指していました。
おそらく,ベン・ローズは ‘Air Force One’で大統領に同行し,状況・情報の変化に応じて,原稿の推敲を重ねていたのでしょう。

| |

« 見出しに見る「勘違い」(その180) | トップページ | 今年も 「梅」でー »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 見出しに見る「勘違い」(その180) | トップページ | 今年も 「梅」でー »