« 見出しに見る「勘違い」(その186) | トップページ | 見出しに見る「勘違い」(その187) »

2016年6月27日 (月)

国民投票で EU離脱が勝った八つの理由

EU残留か否かを決める英国の国民投票は,予想を覆し(?),離脱(Brexit)が僅差で勝ちました。

Eu_vote
Results
この理由を,6月24日付け BBC NEWS 電子版は ‘Eight reasons Leave won the UK's referendum on the EU’(国民投票で EU離脱が勝った八つの理由)の見出しで伝えています。

以下 抜粋転載します。(拙訳御免)
*************************************

The UK has voted to quit the European Union following a referendum on its membership. So how did the Leave campaign win?

英国は,EUのメンバーに対する国民投票に従って EUを離脱することを決定した。
離脱キャンペーンは如何にして勝ったのか?

1. Brexit economic warnings backfire
   離脱に対する経済的警告が逆効果

   The public was bombarded with warnings about how they would be poorer if they voted to leave the EU but, in the end, weren't convinced by what they were told and/or believed it was a price worth paying.

   一般大衆は,もし EU離脱に投票したら どれほど貧しくなるかの警告があったが,結局,それが支払う価値があると告げられた,あるいは 信じさせられたことに納得しなかった。

2. £350m NHS claim gets traction
   £350m NHS主張が牽引(NHS:National Health Service:国民健康保険)

  The assertion that leaving the EU would free up £350m a week extra to spend on the NHS is the kind of political slogan that campaigns dream of: striking, easy to understand and attractive to voters of different ages and political persuasions.

  EUを離脱することにより,EUに追加で支出している 1週間 3億5千万ポンドを 国民健康保険に回そうという主張は,夢をもたらす政治的なスローガンの種類であり,印象的で,理解し易く,年齢や政治的信条によらず,全ての有権者にとって魅力的だった。

3. Farage makes immigration the defining issue
  ファラージは,移民問題を 選挙争点とした。
  (
ナイジェル・ファラージ  ‘Nigel Farage’ :イギリス独立党党首)

4. Public stop listening to PM
  大衆が首相の言うことを聞くのを止めた。

   David Cameron may have won one leadership contest, one (or two if you include the 2010 coalition-forming one) general elections and two referendums in the past ten years but this was the moment his luck ran out.

  デーヴィット・キャメロンは,過去の10年の間に,1つのリーダーシップ・コンテスト,1回( 又は,もし 2010年の連立政権を含めるなら 2回)の総選挙,および2つの国民投票を勝ち取ったかもしれないけれども,これが,彼の幸運が尽きた瞬間だった。

5. Labour fail to connect with voters
  労働党が有権者につながらなかった。

  The Remain campaign always needed Labour voters to win the referendum and the fact that they did not play ball will be the subject of a long and acrimonious post-mortem within the opposition.

   残留キャンペーンは,常に 労働党有権者が国民投票に勝つことを必要としたが,彼らが 協力しなかった事実は,反対内での長く,厳しい事後分析のテーマになるだろう。

6. Big beasts - Boris Johnson and Michael Gove
   ビッグ・ビースト : ボリス・ジョンソンとマイケル・ゴーヴ

  (ボリス・ジョンソン ‘Boris Johnson’ : 庶民院議員を2期務め,前ロンドン市長(2期),その後再び庶民院議員。)
  (マイケル・ゴーヴ ‘Michael Gove’ : 保守党政治家)

  We always knew a handful of cabinet ministers would support Brexit but it was Michael Gove and Boris Johnson's declaration of support which really put rocket boosters under the campaign.

  前々から,1握りの閣僚が ‘Brexit’(離脱)を支持していることを知っていたが,それは,キャンペーンでのロケット・ブースターとなる マイケル・ゴーヴ と ボリス・ジョンソンの支持宣言だった。

7. Older voters flock to polls
  高齢者の多くが投票

  It is a matter of fact that the older you are, the more likely you are to make the effort to vote - 78% of those 65 or over voted in the 2015 election, compared with 43% of 18-24 year olds and 54% of 25-34 year olds.

  高齢者であるほど 投票するという事実,実際  2015年の選挙での投票率は,18-24歳の43%,25-34歳の54% に比べて65歳以上は 78%。

8. Europe always slightly alien
   ヨーロッパは,昔から少し異質

   The UK's relationship with Europe has never been simple nor static.

   英国のヨーロッパとの関係は,単純でも固定的でもなかった。

(抜粋転載了)
*************************************

3,5,7 は認識していましたが,その他は初めて知りました。

|

« 見出しに見る「勘違い」(その186) | トップページ | 見出しに見る「勘違い」(その187) »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 見出しに見る「勘違い」(その186) | トップページ | 見出しに見る「勘違い」(その187) »