« 「せこい」 が英語に? | トップページ | 国民投票で EU離脱が勝った八つの理由 »

2016年6月27日 (月)

見出しに見る「勘違い」(その186)

「【コラム】『日本の汚れた手』を握った米国の現実重視」  2016/6/3 朝鮮日報・日本語版
   ‘ケリー米国務長官が広島を訪問した時ですら,まさかと思った。「日本は 『汚れた手』を清めていない。だから米大統領まで行くことはないだろう」。ところが,期待とは裏腹にオバマ大統領は広島に行った。・・・ 「71年前,晴天の朝,空から死が降ってきた」 という演説内容,そう言った大統領を強く責め立てない米国内の世論にも驚いた。
   ・・・ 米大統領が広島を訪問すれば日本の戦争責任と植民地支配の責任が薄らぐ可能性がある。だから反対し,懸念してきた。だが,その思い通りにはならなかった。すると今度は反対側の歴史を持ち出した。米国の原爆により数万人の韓国人が命を落とした。韓国は被害国だ。だから米大統領が広島に行くなら,韓国人原爆犠牲者慰霊碑にも行かなければならない,という具合にだ。
   韓国人はこうした論法を当然だと考えている。・・・ 韓国は 「原爆投下を招いたのは日本だ」と信じている。「韓国人の犠牲が出たのも日本のせい」だ。そうだとしたら,韓国人原爆犠牲者慰霊碑への訪問を要求する対象は日本の首相ではないのか。それなのに,なぜ米大統領の訪問を要求するのか。米大統領の広島訪問を懸念して反対し,韓国人原爆犠牲者慰霊碑訪問を要求するのは矛盾ではないのか。こうした視点から、米大統領にいろいろな要求をする韓国をおかしいと考える人々が世間には存在している。
   ・・・
   私たち韓国人は,大国の影響から逃れられない所で暮らしている。このような国だからこそ,深く考えて大局を見なければならない。ところが,日本にばかりこだわれば,韓国人は現実を過去の物差しでしか解釈できなくなる。・・・ 歴史を前面に押し出せば,世界が韓国の境遇に理解を示し,韓国人の主張に同調すると信じている。だが,果たしてそうだろうか。米大統領は日本の「汚れた手」を握った。・・・ 過去よりも現実を重視しているからだ。米国はこの当たり前の原則を今後,韓国にも求めることだろう。鮮于鉦 論説委員 ’
と書いています。
   本当に言いたいことが何かが よく分りませんが,とにかく あらゆる機会を捉えて日本を貶めたい気持ちを持ち続けています。
    「『汚れた手』を清めてない」? 1000年 言い続けるつもりでしょうか。

「ネイチャーが韓国に警告 『カネでノーベル賞は買えない』」  2016/6/5 朝鮮日報・日本語版
  ‘「韓国はノーベル賞の受賞を目指し,ますます多額のカネをつぎ込んでいる。問題は,野望はカネで実現するものではないということだ」
   著名な国際科学誌『ネイチャー』は6月1日,「韓国はなぜ研究開発(R&D)における最大の投資家なのか」と題する文章で,韓国科学界の「ノーベル賞コンプレックス」と現実的な限界を分析しました。
   同誌はまず,韓国のR&D投資の増加ペースに注目しました。R&D投資の対国内総生産(GDP)比は1999年の2.07%から2014年には4.29%に拡大しました。世界でトップです。米国は3%を切っており,中国や欧州連合(EU)は2%水準です。
   それにもかかわらず,満足のいく成果は出ていないといいます。同誌は「韓国の研究者が14年に国際学術誌に発表した論文の数は,R&D投資の対GDP比が1.22%のスペインとほぼ同じ」としています。英国やドイツ,日本の半分にとどまり,中国に比べると7分の1にすぎません。予算を増やしても基礎科学分野の競争力向上にあまりつながらなかったというのです。
   ・・・
   同誌は,議論を避け,上下関係を重んじる韓国の風土もクリエイティブな研究を阻む要因だと批判し,こうした風土が優れた科学者の海外流出につながっていると分析しました。実際に,米国立科学財団(NSF)の報告書によると,米国で博士学位を取得した韓国人科学者の7割が米国に残ると答えています。ネイチャーの指摘の通りです。
   同誌が韓国科学界の実情を正確に分析したのは,筆者であるマーク・ザストロー氏が韓国と深い縁を持っているためです。・・・ カネではノーベル賞を買えないということも知るべきだ」’
とのことです。
    「議論を避け,上下関係を重んじる韓国の風土もクリエイティブな研究を阻む要因」は分る気がします。
    そもそも,「目先の利益」 と 「ノーベル賞」がかけ離れていることを知ることが必要でしょう。

「小中華」の焦りを感じます。

|

« 「せこい」 が英語に? | トップページ | 国民投票で EU離脱が勝った八つの理由 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「せこい」 が英語に? | トップページ | 国民投票で EU離脱が勝った八つの理由 »