« 大雨でサイレン,警戒情報。 | トップページ | 「せこい」 が英語に? »

2016年6月25日 (土)

中国高速鉄道の米国進出が危機。

中国と合弁契約を結んで 「ロサンゼルス」-「ラスベガス」間の高速鉄道建設を推進してきた米国のエクスプレス・ウエスト社は6月8日,ホームページで 「事業パートナーの中国鉄道国際有限公司(CRI)と締結した契約を取り消した」と発表しました。

理由は何だろうかと,原文を読んでみました。
(英文和訳で頭の老化防止を兼ねているので 拙訳御免。)

*************************************

Xpress WestNEWS ROOM June 8, 2016

XPRESSWEST TO CONTINUE DEVELOPMENT OF NEVADA – CALIFORNIA INTERSTATE HIGHSPEED PASSENGER RAIL SYSTEM WITHOUT ASSISTANCE FROM CHINA RAILWAY INTERNATIONAL U.S.A., CO., LTD. (“CRI”)

Xpress West’は ‘CHINA RAILWAY INTERNATIONAL U.S.A. CO.,LTD.’(CRI)の援助なしに 「ネバダ」-「カリフォルニア」州間高速鉄道の開発を続ける。

XpressWest has terminated its joint venture activities with CRI regarding high-speed passenger rail.

‘Xpress West’は,高速旅客鉄道に関する‘CRI との合弁活動を終わらせた。

In September 2015, XpressWest and CRI commenced joint venture activities intended to advance the substantial work already completed by XpressWest. After an exhaustive process, XpressWest selected CRI to assist develop, finance, build and potentially operate the XpressWest rail project connecting Las Vegas, Nevada to Los Angeles, California (the “Southwest Rail Network”), with stations in Las Vegas, Nevada, Victorville, California, and Palmdale, California, and service throughout Los Angeles.

2015年9月,‘Xpress West’と‘CRI’は 既に ‘Xpress West’によって出来上がっていた 実体ある計画を進めるために 合弁活動を開始した。
徹底的なプロセスを経て,‘Xpress West’は,ネバダ州ラスベガス,カリフォリニア州ヴィクタービル,パームデール の駅を経由し ロスアンジェルス全体へのサービスを伴う,ネバタ州ラスベガスとカリフォルニア州ロスアンジェルスを結ぶ ‘Xpress West Rail Project’(「西部高速鉄道プロジェクト」)の開発,融資,工事,運行に対する支援先として ‘CRI’を選んだ。

The decision to terminate the relationship was based primarily upon difficulties associated with timely performance and CRI’s challenges in obtaining required authority to proceed with required development activities.

契約の停止が決定は,主に,‘CRI’の契約履行の遅さ,更に同社が米国連邦政府から開発事業承認を受けるのは困難との判断に基づきなされた。

“The team at XpressWest is optimistic CRI and its affiliates will one-day succeed in establishing a viable presence in the United States rail market, however, our ambitions outpace CRI’s ability to move the project forward timely and efficiently. XpressWest is undeterred by this development and remains dedicated to completing its high-speed passenger rail project.
XpressWest will now aggressively pursue other available development partnerships and options expected to result in a more efficient and cost-effective project implementation experience,” said Tony Marnell, CEO of XpressWest.

「‘Xpress West’におけるチームは 楽観的‘CRI’であり,その関連会社は 米国鉄道市場の実行可能な存在を設立することにおける 1日限りの成功でしかなく,我々の希望に対して 適時 かつ 効率的にプロジェクトを前進させるためには,‘CRI’の持っている能力が不足している。‘Xpress West’はこの判断に邪魔されることなく,その高速旅客鉄道プロジェクトを完成させることに取り組み続ける。
Xpress West’は,現在,より効率的で,費用効果が高いプロジェクト実施経験を結果として生じることが期待される他の提携可能な開発パートナーと取引を積極的に求めている。」と ‘Xpress West’のCEO トニー・マーネルは語った。

XpressWest is eagerly anticipating the completion of the final environmental work required for the development of the line connecting the project to Los Angeles through Victorville and Palmdale, California. The environmental approvals for the Victorville-Palmdale segment are expected no later than September 2016.

Xpress West’は,カリフォルニアのヴィクタービルとパームデールを通過してロスアンジェルスまでのプロジェクト接続する線路開発のために必要な,最終的な環境業務の完成を待ち望んでいる。ヴィクタービルとパームデール区間の環境承認は 遅くとも 2016年9月までに得られる予定である。

Additionally, XpressWest, the High Desert Corridor Joint Power Authority, California High Speed Rail Authority, San Bernardino County and Los Angeles County Metropolitan Transportation Authority are also expecting the completion of the jointly-funded Southwest Rail Network ridership study no later than August 2016. The ridership study is a prerequisite for a variety of regulatory and financing activities.

さらに,‘Xpress West’,「ハイ・デザート・コリダー共同電力公社」,「カリフォルニア高速鉄道公社」,「サン・バーナーディーノ郡」 および 「ロサンゼルス郡都市交通局」は,遅くとも2016年8月までに,共同出資による「サウス・ウエスト鉄道網」 利用者数調査の終了を予定している。利用者数調査は各種規制および資金調達活動のための必要条件である。

XpressWest is dedicated to completing all necessary activities to complete its high-speed passenger rail project.

Xpress West’は,この高速旅客鉄道プロジェクトを完成するための全ての必要な業務を終了させることに専念している。

“Our biggest challenge continues to be the Federal Government’s requirement that high-speed trains must be manufactured in the United States. As everyone knows, there are no high-speed trains manufactured in the United States. This inflexible requirement has been a fundamental barrier to financing high-speed rail in our Country.

「我々の最大の挑戦項目は,連邦政府の,高速列車は米国で製造されなければならないという要件であり続ける。誰もが知っているとおり,米国で製造された高速列車はない。この柔軟性のない要件は,我が国の高速鉄道への融資に対する基本的な障壁である。

For the past 10 years, we have patiently waited for policy makers to recognize high-speed rail in the United States is a new enterprise and that allowing trains from countries with decades of safe high-speed rail experience is needed to connect the Southwest region and start this new industry.

過去10年間,我々は,米国における高速鉄道が新しい産業であり,何十年もの安全な高速鉄道の経験が持つ国の列車を認めることが 南西部をつなぎ,この新しい産業を始めるために必要なことを為政者が認識することを辛抱強く待っている。

After the environmental work connecting Palmdale to Victorville is completed, we intend to renew our request for support from the Federal Railroad Administration and are hopeful policy makers in Washington D.C. will allow the Federal Railroad Administration to adopt a more flexible and realistic approach to support highspeed rail.

パームデールをヴィクタービルに接続する環境業務が終了した後に,我々は 連邦鉄道管理局の支持要求を更新するつもりであり,ワシントンD.C.の為政者が 連邦鉄道管理局が高速鉄道を支持するためのより柔軟で,現実的アプローチをとることに期待している。

The bottom line is XpressWest is ready to go and we are excited to bring true high-speed rail to our Country. The real question is: do those in Washington D.C. have the courage and vision to proceed or is our leadership going to force projects throughout the United States to seek financial support for infrastructure in our Country from foreign governments?”

要点は ‘Xpress West’が進む用意ができていることであり,我々は 真の高速鉄道を我が国にもたらすことに興奮している。
真の問題は : ワシントンD.C.の為政者に プロジェクトを進める勇気とビジョンがあるか,あるいは,合衆国全体にわたって,外国の政府から我が国のインフラストラクチャーに財政援助を求めるためのプロジェクトを推進するリーダーシップがあるか?」

(転載了)
*************************************

中国企業連合は6月10日,一方的な合弁解消は 「無責任であり,反対」とする声明を国営新華社通信を通じて発表しています。
自国内の広範囲の高速鉄道網設置を,他国では考えられない早さで実現させた中国の多数の高速鉄道関連業務従事者の腹を満たすには,少々のダンピングをしてでも 避けられない海外進出のつまずきは大きな痛手です。

中国に対する米政府の政治的圧力ということも考えられます。

| |

« 大雨でサイレン,警戒情報。 | トップページ | 「せこい」 が英語に? »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 大雨でサイレン,警戒情報。 | トップページ | 「せこい」 が英語に? »