« 見出しに見る「勘違い」(その189) | トップページ | 2015 Prosperity Index »

2016年7月 6日 (水)

ウィンブルドン・テニス・トーナメントで使われるボールの数は?

NHK総合で 毎日 深夜に放送している,6月27日から始まった ウィンブルドン・テニス・トーナメントを録画して昼間 楽しんでいます。
錦織選手が 脇腹の痛みで 4回戦を途中棄権したのは残念でした。

観ていると ボールを何ゲームか毎に 新しくしていて,一体,7月10日までの開催期間中に何個のボールを使うのだろうかと素朴な疑問を持ちました。

どのくらいの試合数があるのかと調べると,TVで放送しているのは 男女のシングルが主ですが,他ににも下のような種類があります。

Events
全部で 660試合になるそうです。

wimbleden.com の ‘Facts and Figures/FAQ’に テニス・ボールに関する次の記述がありました。

54,250 used during The Championships period.  Stored at 68 deg F.  New balls after first seven games (to allow for warm-up), then after every 9 games. Subject to availability after use balls sold daily to LTA-affiliated clubs and to spectators in the grounds.  £2.50 per can of three.  Proceeds go to LTA's Wimbledon Balls for Schools Scheme.  Yellow balls used for first time in 1986.

「選手権期間中に 54,250個が使われる。華氏 68度(摂氏 20度)で保管される。最初の7ゲーム(同じボールがウォーミングアップで使われる)の後,新しいボールに替えられ,その後は 9ゲーム毎に新しいボールに替えられる。使用されたボールで まだ使えるものは,毎日,LTAの関連クラブやグラウンドの観客に売られる。缶に3個入って £2.50。 収益は学校計画のためのLTAのウィンブルドンボールに回される。」

LTA: Lawn Tennis Association 英国テニス協会

*同時に使われているボールの数:6個(らしい)。すなわち 6個ずつ New Ball に替えられる。

このルールで 試算してみます。

例えば 1試合(男子の場合 3セット先取)のスコアが <7-6>,<3-6>,<6-4>,<7-5> だったとします。

この試合の ゲーム数は : 7+6+3+6+6+4+7+5=44 です。

New Ball の交換回数は : 44-7=37,37/9=4・・・1
                                    1 + 1 + 5 = 7回
                                   (開始時の1回を含め,7ゲームで1回,9ゲームで5回)

6個ずつ交換されるので,この試合で使われるボール数は
                                    6×7 = 42個

この試算のゲーム数は平均より多め(女子は 2セット先取)と思われるので,このボール数で660試合分を求めれば 多目に算出されると考えられます。

  42×660 = 27,720(個) となり,‘wimbleden.com’に示された 54,250個の約半分にしかなりません。相当 余裕をもって準備しているのでしょうか。

|

« 見出しに見る「勘違い」(その189) | トップページ | 2015 Prosperity Index »

つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 見出しに見る「勘違い」(その189) | トップページ | 2015 Prosperity Index »