« 見出しに見る「勘違い」(その203) | トップページ | 見出しに見る「勘違い」(その204) »

2016年8月31日 (水)

‘38 North’による 北朝鮮 SLBM発射事件 の分析

北朝鮮が SLBM を日本海に向けて発射し,その飛距離が脅威とされ,問題視されています。

この北朝鮮のSLBM発射実験について 民間の Think Tank である ‘38 North’が,8月26日付けで ‘North Korea’s SLBM  Program Progresses, But Still Long Road Ahead ’(北朝鮮のSLBM計画進展,しかし,道のりは遠い)のタイトルで分析結果を発表していたので 紹介します。

38 North’は,Wikipedia には次のように書かれています。

38 North is a Web site, blog, and think tank about North Korea; it is a program of the U.S.-Korea Institute at Johns Hopkins University's Paul H. Nitze School of Advanced International Studies and is authored by certain faculty members and by guest commentators.

SAIS(ジョンズ・ホプキンス大学ポール・H・ニッツェ高等国際関係大学院)内にある 北朝鮮に関する ‘Think Tank’です。

以下 拙訳と共に転載します。

*************************************

The success of North Korea’s latest submarine-launched ballistic missile (SLBM) test suggests the program may be progressing faster than originally expected. However, this does not mean it will be ready next week, next month, or even next year. Rather, the pace and method of the North’s SLBM testing would suggest possible deployment in an initial operational capability by the second half of 2018 at the earliest.

北朝鮮の,最近のSLBMSubmarine-Launched Ballistic Missile:潜水艦発射弾道ミサイル)実験の成功は,当初 予想していたより計画の進行が早くなっていることを示唆している。しかし,これは,来週,来月,又は来年でさえ,SLBMの準備が完了できることを意味してはいない。むしろ,北朝鮮のSLBM実験のペースと方法は,初期の作戦性能を持って配備可能となるのが,早くとも 2018年の後半までかかることを示唆している。

Given Russia’s history of SLBM development—a model Pyongyang seems to be following—even after two years and 12 tests of varying degrees of “success” after its first successful launch from a submarine, there were still glitches to be found and fixed. The North Koreans may skip some of these tests, but rushing development almost certainly sacrifices reliability, and fielding inadequately tested or unreliable missiles could result in sunken submarines—a high price to pay when the North has only a single ballistic missile submarine of limited capability.

「平壌モデル」が見倣っているロシア(ソ連)のSLBM開発の歴史を考えると,最初の潜水艦からの発射成功から 2年の歳月と 12回の違った過程の「成功」の後でさえ,まだ 不具合が見つかり,修正を必要とした。
北朝鮮は これらの実験のうちのいくつかを省略できるが,突貫開発は 多くの場合,信頼性を犠牲にし,不適切に試験された信頼性を欠くミサイルを正規配備すれば,潜水艦を沈める結果になりかねず,専用機能を備えた潜水艦をたった一隻しか持ってない北朝鮮としては,高い代価を支払うことになる。

Furthermore, while North Korea’s single GORAE-class submarine could theoretically be used to field an SLBM, Pyongyang could not count on a single prototype submarine with one to two missiles to carry out wartime missions. Such a deployment would be more of a bluff than a game-changing threat. Moreover, the submarine has only been put to sea for short periods in coastal waters to verify basic seaworthiness and conduct a few launches.

さらに,北朝鮮唯一のGORAE級潜水艦で,SLBM運用が理論的に可能だとしても,平壌は,戦時下の作戦実行に,1~2本のミサイルを備えた唯一のプロトタイプ潜水艦を当てにはできない。
そのような配備は,形勢を変える脅しというより 「はったり」でしかない。さらに,この潜水艦は,基本的な堪航性の確認と後続艦建造のために,沿海域で短期間の航海しかしてない。

If it is meant to be an operational boat, it will need realistic testing in operational environments, such as exercises with its surface fleet. Furthermore, the North will almost certainly want to refine this design before trying to deploy an operational system.

もし,それが作戦艦艇ならば,海上艦隊と共に行う訓練など,作戦環境での実戦的な訓練が必要である。さらに,北朝鮮は,ほとんど間違いなく,これを作戦システムに配備する前に,デザイン改良を考えている。

While 38 North has reported on the North’s building up of infrastructure to construct new submarines—upgrading, modernizing and erecting new construction halls at the Sinpo South Shipyard—so far no information is known about whether actual submarine construction has begun. A new submarine could probably be built within a two to three year time frame, but the likelihood of building new models without further testing and refinement of the experimental GORAE-class seems low.

38 North’は,新しい潜水艦を造るための,新浦南造船所のインフラ整備の実施:アップグレード,近代化,新しい搭載建屋の組み立てーを報告したが,実際に潜水艦建造が開始されたかどうかの情報はない。
新しい潜水艦は,たぶん、2,3年の時間枠で建造されるだろうが,実験的なGORAE級の更なるテストや改良なしに新型モデルを建造する可能性は低いと思える。

(転載了)
*************************************

西側の基準によれば,正式配備 あるいは 実戦に供するには,まだ 少なくとも 2年はかかりそうです。が,常識で判断できない国なので どうなるか断言できません。
危うい国が,危ういことを進めるのを静観するしかないのが,もどかしいところです。
又,このような国のために,新たな防衛手段・戦略が必要になるのは腹立たしいことです。

| |

« 見出しに見る「勘違い」(その203) | トップページ | 見出しに見る「勘違い」(その204) »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 見出しに見る「勘違い」(その203) | トップページ | 見出しに見る「勘違い」(その204) »