« 年末までに観るつもりの映画 | トップページ | WEF 国家競争力 2016ー2017 »

2016年10月 6日 (木)

「水をやる」のは 50代以上,「買ってやる」のは 70代以上。

Cover9月21日,文化庁が 「平成27年度 『国語に関する世論調査』の結果について」 を発表しました。
毎年 実施されており,今回の調査項目は次の通りです。

  • (1)言葉への関心について
  • (2)場面ごとの敬意表現について
  • (3)情報化の中でのコミュニケーションについて
  • (4)「ら抜き」,「さ入れ」,「やる/あげる」について
  • (5)言葉に対する感覚について
  • (6)慣用句等の意味・言い方についてなど
  • 特に興味がある (4)の 「やる/あげる」についての結果を転載します。

    犬や鳩に餌をあげたり,子供の勉強をみてあげたり,大根を洗ってあげたり,・・・ 30年ほど前から 日本語が大変なことになりつつあって 気になっています。

    1a

    1b
    1c_1_2
    20年前から 「あげる」が増えている傾向はそのまま持続し,「やる」の恢復の見込みはないようです。

    少し 面白いのは,有意かどうか分りませんが,「水をやる」,「買ってやる」を使う 「16~19歳」が 「20代」 より多いことです。

    分っていたとはいえ驚いたのは, 「うちの子におもちゃを買って『やる/あげる』」の結果でー
    「やる」が 30代で6人に1人,40代で 5人に1人,50代で3人に1人,60代でやっと 「あげる」と拮抗し,70歳以上で 3人に2人という結果でした。「子供に対して謙譲語を使うほど愚かではない」と思う人間が急速に減少し,時代遅れの人間になっているということのようです。

    言葉が時代とともに変化していくことは当然のことで,異議を唱えるつもりはありませんが,「やる/あげる」に関しては言えば,「あげる」が普通になってしまって 「やる」が 乱暴な言葉と認識(誤認)され,それを遣う人間が粗野だと思われることが心外であり,残念です。

    |

    « 年末までに観るつもりの映画 | トップページ | WEF 国家競争力 2016ー2017 »

    言葉」カテゴリの記事

    コメント

    最後に書かれている気持ち、分かります。
    いつの時代にもそう思われる人間が絶えず居るということですね。言葉は止まらず変化しているのですから。
    ただ、やはり正しく使用しているのに乱暴だと思われるのは不本意というか、悔しいというか。言葉の変化の多くが、間違いから始まっていそうですし。

    その昔、【貴様】が今のように使われるとは想像できなかったでしょうね。

    投稿: yoko | 2016年10月 6日 (木) 21時06分

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    « 年末までに観るつもりの映画 | トップページ | WEF 国家競争力 2016ー2017 »