« ‘Galaxy Note 7’事件の伝えられ方。 | トップページ | ペンタゴンによる 「日本の核武装可能性研究」 »

2016年10月16日 (日)

見出しに見る「勘違い」(その216)

「韓国科学者 『6~10年内にノーベル科学賞受賞可能』」  2016/9/28 中央日報・日本語版
   ‘早ければ6~10年以内に韓国のノーベル科学賞受賞が可能だという見通しが出された。
     韓国研究財団は9月27日,2016年度ノーベル賞発表シーズンに先立ち「ノーベル科学賞!待つことの美学」をテーマに開催された討論会でこのようなアンケート調査の結果を発表した。
    この結果によると,ノーベル科学賞受賞までの予想所要期間は「6~10年」という回答が27%で最も多く,「11~15年」(23%),16~20年」(22%)とする意見もあった。
    ノーベル科学賞の初受賞が期待されている分野については「生理医学」が24%で最も高く,次いで「化学」(20%),「物理」(15%)の順だった。
    今回のアンケート調査は韓国基礎科学分野の核心研究者722人を対象に実施され,122人から回答があった。’
との報道です。
    この季節になると 「どうすればノーベル賞を受賞できるのか」 などと騒々しくなる韓国ですが,この研究者へのアンケートには驚きです。ノーベル賞受賞の可能性をアンケート調査?
回答しなかったのが 722人中600人いたことが せめてもの救いでしょうか。

「日本の独島固有領土主張は世界の歴史を否定するもの」  2016/9/30 中央日報・日本語版
   ‘「日本が独島(ドクト、日本名・竹島)を『固有の領土』と規定する行為は今日ある世界の歴史を否定するものです。」
   9月29日,慶北大で開かれた 「東アジアの歴史と海洋領土」をテーマにした国際学術会議に参加した米国コネチカット大アレクシス・ダデン(Alexis Dudden)教授の発言だ。歴史学(東アジア史)を専攻したダデン教授は,2014年日本政府の歴史歪曲と慰安婦に対する責任回避を叱責した世界の歴史学者187人の署名を主導した。
   ダデン教授はこの日,「騒がしい東アジアの海」というテーマ発表で 「日本政府は過去に対する正直な理解を基に未来を柔軟に見つめるべきで,未来の東アジアの国際秩序の構築に努力しなければならない」と指摘した。
   日本政府が2014年4月,独島やクリル列島(千島列島)・尖閣諸島などを自国の領土だと明らかにした外交・国防政策発表を世界の歴史を否定する行為と見なしたのだ。ダデン教授は 「この議論は 『親日』や 『反日』の問題ではなく,『日本を憎もう』というものでもない」とし,「最近,日本政府の政策変化で日本は騒がしい東アジアの海の中心に浮上した」と診断した。これによって固有領土政策が逆説的に日本の経済的・安保的な理解に反しているということだ。
   ダデン教授の論理はこうだ。「日本は外部の世界から見ると隣国に比べてまるで『北東アジアの静かな要塞』のように堅実そうに見える。もちろん米国の支援があるから可能だ。だが,もっとよく見てみると,日本は驚いたことにすべての隣接国と国境紛争をしている。それ自体で情勢が不安定だ」という。
   ・・・
  ダデン教授は「独島の場合,1952年サンフランシスコ講和条約で米国が日本のロビーによって巨文島(コムンド)などと違い,独島を韓国の領土として明示しなかった責任が明らかにある」とし,「私はそれを教えてまた伝える文を書く」と述べた。’
とのことです。
    「日本は驚いたことにすべての隣接国と国境紛争をしている。」は,たまたま 全ての隣国が 韓国,中国,ロシアという国際法を無視/軽視する,世界的にも特殊な国家故であって,日本のせいではないので,驚かれても困ります。
    彼女自身も 去年(2015年),「日本の歴史家たちを支持する声明」を主導したことが受賞理由で 韓国政府から平和大賞を授与され,受賞に際して,本人は「日本の極悪非道な人権犯罪への反省を求めていく」 と述べたという,史実を直視しない特殊な歴史学者のようです。
    アメリカにも日本にも 色々な歴史学者がいることが分ります。

全てが自己に都合の良い方向に進むとは限りません。

|

« ‘Galaxy Note 7’事件の伝えられ方。 | トップページ | ペンタゴンによる 「日本の核武装可能性研究」 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ‘Galaxy Note 7’事件の伝えられ方。 | トップページ | ペンタゴンによる 「日本の核武装可能性研究」 »