« 見出しに見る「勘違い」(その213) | トップページ | 見出しに見る「勘違い」(その214) »

2016年10月 8日 (土)

「ショール姿の真知子がすぐ浮かぶ世代」とは?

10月6日 朝日新聞の天声人語で,最近ヒットしている アニメ 「君の名は。」に関連して かつて (終戦直後),ヒットした 菊田一夫さん脚本の NHKラジオ劇 「君の名は。」に触れていました。

その最終段落に 「<君の名は真知子と答え歳がバレ>と先日の朝日川柳にある。筆者もショール姿の真知子がすぐ浮かぶ世代だ。いま劇場に駆け込む10代,20代はまず真知子を知るまい。・・・ 」とありました。

『ショール姿の真知子がすぐ浮かぶ世代の筆者』 に,やや驚きました。
天声人語執筆者は どの世代で 何歳?

PhotoNHKラジオ放送は 1952年(昭和27年)からであり,岸恵子主演で 松竹が映画化したのが(おそらく これで真知子巻が見られた) 1953年(昭和28年)の63年前でした。

映画化されたとき,団塊世代である1948年生まれの私は5歳,映画は勿論,映画のポスターを見た記憶も残っていません。

「ショール姿の真知子がすぐ浮かぶ世代」が,リアルタイムで 映画やポスターを見た人となると,80代? 若くても70代?
まさかと思い,調べると  「2016/04/01付けで - 『天声人語』の筆者がきょうから交代しました。新たに山中季広(52),有田哲文(50)の両論説委員が執筆します。」 とありました。

私より,16~18歳若く,映画が公開されて10年以上経って生まれた人が 「ショール姿の真知子がすぐ浮かぶ世代」 とのことで,この「世代」の定義がよく分りません。

「君の名は。」は,昭和30年代になっても 時折り,話題になることがあったと思われ,私は 「真知子巻き」を 知っています。

1965年(昭和40年)頃生まれた天声人語執筆者が知っているということは,その後も 折に触れ,「君の名は。」は 話のタネになり続けていたということでしょう。

それでいて 「10代,20代はまず真知子を知るまい。」 とするのは 「ショール姿の真知子がすぐ浮かぶ世代」を どの世代からと考えているのか,興味深いところです。
一つの考えとして 親がリアルタイムに 「君の名は。」を知っていて,親が話しているのを聞いて育った世代なのかも知れません。
もしくは,リアルタイムで見た記憶のある人を除けば,興味,好奇心に由るところが大きく,世代には関係ないようにも思えます。

Photo_31991年 鈴木京香が真知子を演じた NHK 朝の連続テレビ小説でも 「真知子巻き」が見られたようです。

|

« 見出しに見る「勘違い」(その213) | トップページ | 見出しに見る「勘違い」(その214) »

昭和時代」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 見出しに見る「勘違い」(その213) | トップページ | 見出しに見る「勘違い」(その214) »