« ヒラリーさんの当選確率,8月以来の 90% | トップページ | N.Y.T. の Free Access は 記事10本までー »

2016年10月19日 (水)

まだあったドレス・シャツの裾を加工。

リタイア後,サラリーマン時代に着たドレスシャツを パンツ・アウトで着ても不自然でないように,裾のカーブを緩やかにし,尻を全て覆う長さを短めにする加工を施して洗い晒しで普段着にしています。

そのつもりで リタイア前の数年は ブロード生地のシャツは買わず,オックスフォード生地のシャツのみを買っていました。

半袖シャツをしまうとき,Brooks Brothers のピンポイント・オックフォード生地のシャツを見つけ,これも前述の処理を施すことにしました。

Img_1036Img_1035

最大 約10cm 短くするラインを引いて 家人に加工を依頼しました。

Before’& ‘After’ です。

Img_1044Img_1048

オックスフォードに比べると,ピンポイント・オックスフォードは やや軟弱ですが,普段着とします。

|

« ヒラリーさんの当選確率,8月以来の 90% | トップページ | N.Y.T. の Free Access は 記事10本までー »

garments & others」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ヒラリーさんの当選確率,8月以来の 90% | トップページ | N.Y.T. の Free Access は 記事10本までー »