« 見出しに見る「勘違い」(その216) | トップページ | 見出しに見る「勘違い」(その217) »

2016年10月16日 (日)

ペンタゴンによる 「日本の核武装可能性研究」

2016/10/7付け ‘THE WASHINGTON FREE BEACON’に ‘Pentagon Studied Future Japan Nuclear Arsenal and War With China ’(ペンタゴンによる将来の日本の核武装と対中国戦の研究)という興味深い見出しの記事があったので英語の勉強がてら読んでみました。
(*THE WASHINGTON FREE BEACON:アメリカの政治に関する保守的ジャーナリズムのwebsite

拙訳と共に転載します。
*************************************

Japan can quickly build a strategic arsenal of land-based and submarine-launched missiles capable of killing up to 30 million Chinese in a nuclear war, according to a Pentagon sponsored study.

国防総省後援の研究によれば,日本は,核戦争において最高3,000万人の中国人を殺害する能力がある地上発射と潜水艦発射ミサイルの戦略的兵器を迅速に構築することができる。

A report produced for the Pentagon’s Office of Net Assessment reveals Japan’s government could arm itself with nuclear weapons within a 10-year period, based on Tokyo’s advanced nuclear power infrastructure and its present day space launchers, cruise missiles, and submarines.

国防総省の‘ONA’(‘Office of Net Assessment’,総合評価局)のために作成された報告書は,日本の高度な原子力インフラストラクチャー,現在の宇宙ロケット打ち上げ,巡航ミサイル,および潜水艦をベースに,日本政府は10年以内に核兵器で武装できることを明らかにした。

Casualty estimates in the report outlining a Chinese nuclear attack on Japan indicate Tokyo would be no match in a future nuclear exchange. Japan would suffer up to 34 million deaths—27 percent of the island nation’s population—from Chinese nuclear missile strikes.

日本への中国による核攻撃を概説しているリポートにおける推定死者数は,未来の核攻撃の応酬において 東京が全く対抗できないことを示している。日本は,中国の核弾頭ミサイル攻撃により,この島国の人口の27パーセントに相当する最大 3,400万人の死者を出すとしている。

Nuclear experts were unable to calculate accurately Japanese deaths from a nuclear war because of a disagreement among analysts on whether large blasts against cities would create firestorms and thus likely double the death rate. According to one briefing slide in the report, “Either way, Japan faces extinction” from a Chinese attack.

核の専門家は,都市における大きい突風による火災旋風が起こり,2倍の死亡率になるかどうかに関して分析者間の意見の不一致があって,核戦争による正確な日本人の死者数を計算することができなかった。リポート中の要約スライドによると,中国の攻撃により 「どっちにしても,日本は絶滅に直面する。」

Disclosure of the report comes amid growing tensions between Tokyo and Beijing over maritime disputes involving Japan’s Senkaku Islands, which lie in the East China Sea. China claims the islands as its own territory.

リポートでは,東シナ海の日本の尖閣諸島をめぐる海洋覇権論争で 東京と北京の間の緊張が高まっていること明らかにしている。
中国は尖閣諸島を自らの領土と主張している。

Japanese and Chinese military forces have been engaged in cat-and-mouse naval and air activities near the islands for the past several years.

日本および中国軍は,過去数年の間,尖閣諸島近海の海および空で,いたちごっこの活動をしている。

(中略)

Japan has been building up its small military forces in recent years and has reinterpreted parts of the officially pacifist constitution to permit a wider range of military activities. In Havana Thursday, visiting Japanese Prime Minister Shinzo Abe met with former Cuban leader Fidel Castro who agreed to seek a world free of nuclear arms. In April, Abe administration officials told the parliament that the Japanese constitution does not prohibit possessing nuclear arms.

近年,日本は その小さな軍事力を増強しており,より広い範囲での軍隊の活動を許すために,平和憲法を部分的に再解釈した。
木曜日のハバナで,訪問中の総理大臣・安倍晋三は,核武装のない世界を希求することに合意した元キューバのリーダーである フィデル・カストロと会った。4月には,安倍内閣閣僚は,国会で 日本国憲法は核兵器の保有を禁じてないと述べた。

The United States currently uses its nuclear missiles, submarines, and bombers for extended deterrence in providing security to states like Japan and South Korea. U.S. nuclear forces are aging and in need of modernization. By contrast, Russia and China are aggressively modernizing their nuclear forces and North Korea also is building up nuclear forces and delivery systems. Under the Obama administration’s nuclear deal with Iran, Tehran will be able to develop nuclear arms after 10 years.

米国は,日本や韓国などの国々に安全を提供するために拡張された抑止力として,核弾頭ミサイル,潜水艦,および爆撃機を使う。
米国の核軍事力は古くなっており,近代化が必要な状態にある。対照的に,ロシアと中国は,核兵器を積極的に近代化しており,北朝鮮も核軍事力と発射システムを増強している。オバマ政権の,イランとの核の関係下では,テヘランは10年後,核兵器を開発することができる。

According to the ONA report, the Pentagon’s interest in Japan’s nuclear options has taken on urgency because Japanese fears that current U.S. nuclear security guarantees against Chinese or North Korean nuclear attacks are weakening and could be insufficient in the future to deter Beijing or Pyongyang.

ONAリポートによると,日本の核のオプションへの国防総省の関心は,緊急性を呈していた。なぜなら,日本人は,中国または北朝鮮による核攻撃に対する現在の米国による核セキュリティ保障が弱まりつつあり,北京 もしくは 平城を阻止するためには 将来的に不十分であるかもしれないことを恐れているからである。

According to the report, factors that could drive Japan to nuclearize include a major shift in U.S. deterrence policy, South Korean building nuclear arms, an Iranian nuclear test, or the use of nuclear arms by Russia or China.

リポートによると,日本を核武装することに駆り立てるかもしれないファクターは,米国の抑止方針での大きな変更,韓国の築いている核武装化,イランの核実験,またはロシア,中国による核兵器の使用などが含まれる。

(中略)

The Japan nuclear report, while unclassified, appears to provide an expert assessment for how Japan could best develop nuclear forces, taking into account the Pacific nation’s World War Two experience of conventional firebombing and two nuclear attacks.

日本核リポートは,分類されてないとはいえ,この太平洋国家の第二次世界大戦における通常爆撃と2度の核爆弾の経験を考慮しつつ,どのように日本が核兵器を最もうまく開発できるかの専門家の評価を提供しているように見える。

(中略)

Japan’s current space launcher, the Epsilon, is similar to the ten-warhead capable U.S. MX missile, systems which were dismantled in 2005.

日本が現在保有している宇宙ロケット 「イプシロン」は10個の核弾頭を搭載できる米国のMXミサイル・システム(2005年解体)と似ている。

A Japanese nuclear missile may not need multiple warheads, but Tokyo could develop the capability as China continues to pursue missile defense developments.

日本の核弾頭ミサイルには複数の弾頭は必要ではないかもしれないが,中国がミサイル防御開発を追い続ければ,東京は機能を発展させることもある。

Regarding warheads, Japan could build a warhead similar to the U.S. 1.2 megaton W-47 warhead.

弾頭については,日本は,米国の1.2メガトン威力の W-47 と同様な核弾頭を開発できる。

(中略)

The report discussed a briefing at the June conference that provided detailed casualty estimates for a nuclear war between China and Japan.

リポートは,中国と日本の間の核戦争による詳細な犠牲者数見積りを提供した6月の会議でブリーフィングを展開した。

In a nuclear exchange with the Chinese, Beijing would likely strike the 20 to 30 largest Japanese cities with 3 megaton weapons—the equivalent of 3 million tons of TNT—killing between 23 million and 33 million people.

中国との核戦争においては,北京は,たぶん,20~30の大都市を 3メガトン威力- TNT火薬 300万トン相当-の弾頭で攻撃し,2,300~3,300万人の死者が出ると考えられる。

A nuclear-armed Japan could launch ballistic and cruise missiles in several retaliatory scenarios, including 150 kiloton bombings of 45 cities, killing 20 million Chinese, or the use of larger 1.2 megaton warheads on 60 cities, for an estimated toll of between 96 million and 128 million people.

核武装化した日本が,報復で 弾道 および 巡航ミサイルにより 150キロトンの核兵器により 中国の45都市を攻撃すれば 2,0000万人の死者,あるいは,より大きい 1.2メガトンの弾頭で 60都市を攻撃すれば 9,600万人から1億2,800万人の犠牲者が出ると予想される。

For North Korea, an attack on 10 Japanese cities with 10 kiloton warheads would kill around 1 million, and could invite a Japanese 1.2 megaton blast over the North Korean capital of Pyongyang, killing an estimated 1.1 million North Koreans.

北朝鮮と日本の間の核戦争の場合,北朝鮮が10キロトン威力の核弾頭で日本の10都市を攻撃して100万人の死者が発生し,報復で 日本は 1.2メガトンの核兵器で北朝鮮・平壌を攻撃して110万人が犠牲になると予想している。

The officials assessed Japan could easily developed torpedo-tube launched land attack cruise missiles with a range of 1,500 miles. Japan plans to have 22 submarines in its naval forces and could keep 100 nuclear cruise missiles on station.

リポートでは,日本は 魚雷発射管による 1,500マイル射程の地上攻撃巡航ミサイルが容易に開発できると評価している。
日本は,22隻の潜水艦を保有する計画があり,100の核巡航ミサイルを基地に備えることが可能である。

A second option would be for Japan to develop intermediate range missiles with 2,000-mile ranges that could be capable of hitting all major Chinese cities from Japanese territory.

日本にとっての 2番目のオプションは,日本領土から 中国の主要都市を攻撃可能な 2,000マイル射程の中距離ミサイルを開発することである。

Japanese space officials have indicated that current space launchers can be fired from mobile launchers—an indication that the systems could be converted from launching satellites to carrying warheads.

日本の航空宇宙の専門家は,現在の宇宙ロケットは移動発射台からも使えるし,システムを人工衛星打ち上げから 弾道ミサイルに変更できるとしている。

(転載了)
*************************************

中国,北朝鮮に対する牽制用の発表としても,一般的日本人からすれば とんでもない報告書に思えます。
世界では 様々な検討がされています。

|

« 見出しに見る「勘違い」(その216) | トップページ | 見出しに見る「勘違い」(その217) »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 見出しに見る「勘違い」(その216) | トップページ | 見出しに見る「勘違い」(その217) »