« 今が旬の 「ラ・フランス」をー | トップページ | 映画 「目撃」で,英語を聴く。 »

2016年12月 8日 (木)

「国際数学・理科教育動向調査 2015」結果

IEAThe International Association for the Evaluation of Educational Achievement,国際教育到達度評価学会)が 4年毎に実施する 小・中学生を対象とした TIMSSTrends in International Mathematics and Science Study国際数学・理科教育動向調査)の2015年の結果が 11月28日に公開されました。

調査目的は「初等中等教育段階における算数・数学及び理科の教育到達度(educational achievement)を国際的な尺度によって測定し,児童・生徒の環境条件等の諸要因との関係を参加国間におけるそれらの違いを利用して組織的に研究することにある」で,調査対象は第4学年(小学校4年生:10歳)と 第8学年(中学校2年生:14歳)です。

ビジネスニュースサイト『QUARTS』 が,11月29日付け ‘These are the world’s best students in science and math, by the numbers’ (これらが,点数による,理科と数学で世界最高の生徒)の見出しで伝えています。

拙訳と共に転載します。

*************************************

Kids around the world were subjected to yet another math and science test, and once again, a handful of Asian countries crushed the rest of the world.

世界中の子供達が 更にもう一つの算数と理科の試験を受け,またしても 1握りのアジアの国々が 世界の残りの国に圧勝した。

Singapore, Hong Kong, Korea, Chinese Taipei, and Japan continued to dominate the rankings for Trends in International Mathematics and Science Study (TIMSS), a set of math and science tests given every four years to 10- and 14-year olds around the world. Sixty countries participated this year.

シンガポール,香港,韓国,台湾,および日本は,4年毎に 10歳と14歳に対して行なわれ,今年は約60ヶ国が参加した,数学と理科のテストによる 「国際数学・理科教育動向調査(TIMSS)」の ランキングで 優位に立ち続けている。

Here are the numbers:

算数 10歳のスコアとランキングです。

Math_10

In math, the US fared worse than it did in 2011 when the test was last administered. Ten-year-olds fell from 11th to 14th place and 14-year-olds went from 9th to 10th place.

算数において,米国は,この前行われた2011年のテストより悪くなった。
10歳は11番から14番まで低下,14歳は9番から10番になった。

下図は 数学 14歳のスコアと ランキング。

Math_14
More than 600,000 students around the world participated in the 2015 assessment, which has been administered every four years since 1995. It is sponsored by the International Association for the Evaluation of Educational Achievement (IEA) in Amsterdam, and conducted at the Lynch School of Education at Boston College. It’s one of a handful of tests administered around the world which include the OECD’s PISA test, whose results come out next month.

世界中の 600,000人を超える児童・生徒が 1995年から4年毎に実施されている 2015年テストに参加した。それはアムステルダムの「国際教育到達度評価学会(IEA)」が後援し,ボストン大学のリンチ教育学部で実施される。これは,結果が来月に出る OECDPISAテストを含む世界中で実施される数少ないテストのうちのひとつである。

Singapore dominates in science, as it does in math. The small island nation is a powerhouse: 14-year-old students receive on average 129 hours of math instruction a year, compared to 155 hours in the US, and yet manage to ace just about every test there is in the subject. (Though, as Quartz has pointed out, the country is trying hard to de-emphasize testing and promote a more holistic view of childhood.) Korea is even more dramatic: 14-year-olds spend only 114 hours a year, and still come out scoring well.

シンガポールは 数学と同様に理科でも優位を占める。この小さな島国家はパワーハウスである。:14歳の生徒は,米国は 1年当たり155時間の数学授業であるのに比べ,平均129時間の数学授業があるが,全てのテストで満点をとるようにしている。(しかし, ‘QUARTS’ が指摘したように,シンガポールは,テストにあまり重点をおかず,幼年期のより全体的ものの見方を促進しようとしている。) 韓国はいっそうドラマチックである:14歳の生徒は1年あたりたったの114時間の授業をうけるだけだが,高得点を出している。

Here are the science scores, also dominated by Asian countries, along with Russia landing fourth place:

次に理科 10歳のスコアを示すが,4番目に入っているロシアとともにアジアの国が上位を占めている。

Science_10
And the older kids:

下図は 理科 14歳:

Science_14
The good news from the report was that most countries are improving their scores on math and science. In addition, countries that participated in both 1995 and 2015 saw reduced gender gaps, especially in science and among the older students.

今回のリポートにおける良いニュースは,ほとんどの国が 算数と理科についてのスコアを改善していることである。更に,1995年と 2015年に参加した国では男女差が減っており,特に 14歳の理科においてこの傾向がある。

On the other hand, some countries did not fare so well: Germany, Finland, Kuwait, the Netherlands and Saudi Arabia all did worse in 2015 than in 2011.

一方では,いくつかの国はそれほどよくなってない:ドイツ,フィンランド,クウェート,オランダ および サウジアラビア は 2015年は 2011年より悪くなった。

(転載了)
*************************************

(英語の勉強)
ace’:【他動】 1.<米俗>〉〔試験で〕A(高得点)・満点)を取る,楽々と合格する
                     2.〈俗〉~を打ち負かす,圧倒する,しのぐ

|

« 今が旬の 「ラ・フランス」をー | トップページ | 映画 「目撃」で,英語を聴く。 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 今が旬の 「ラ・フランス」をー | トップページ | 映画 「目撃」で,英語を聴く。 »