« 見出しに見る「勘違い」(その232) | トップページ | TVの力 「第十雄洋丸事件」 »

2016年12月18日 (日)

オレンジ色のパーカが欲しくてー

30年以上前の30歳代に J.Press のオレンジ色のコート(パーカ)を着ていました。
着脱できるダウンのライナーが付いており,真冬を含んで3シーズン着たので 短期間で擦り切れて着れなくなりました。

前期高齢者になって 突然,オレンジ色のパーカが欲しくなりました。

どんなものがあるのかと調べるとー

SierraLlbeanRalph_lauren

例えば ‘Sierra Designs’,‘L.L.Bean’および ‘Ralph Lauren

Batten_mountain_parka_2BeamsMonitaly









Batten’,‘BEAMS+’ および ‘Monitaly

ー と,色々 あるようですが,ネットの検索に出てくるだけで 既に多くは現在 存在しない製品のようです。

Saleそんな中で 見つけたのが 「アメリカン・イーグル・アウトフィッターズ」(AMERICAN EAGLE OUTFITTERS)の ワックス・コットン・パーカ(Waxed Cotton Parka)です。
デザイン(パッチ・ポケットの形,フラップの形とスナップ留め金具など)に無理がなく自然です。
値段は セール中で 定価 \21,99050%OFF \10,995

アメリカン・イーグル・アウトフィッターズは,カジュアル系ファッション・ブランドで,比較的リーズナブルな価格で アメリカでは若い世代(15歳~25歳)を対象にしており,日本には 2012年に上陸して青山に1号店,現在 全国に 31店舗,広島県には先月 府中のイオンモールに出店ーとのことです。
日本では来年 古希を迎える前期高齢者でも遠慮しません。

ON-LINE SHOP での購入を考え,アメリカン・サイズなので Sサイズでよかろうと思いましたが,折角,先月,広島府中のイオンモールに出店しているので,映画を観に行くついでに実物を見て決めることにしました。

試着した結果,Sサイズは腕がきついので その他は若干オーバー・サイズですが,Mサイズとしました。

値段は,50%OFF から Additional 30%OFFのセール実施中,更にプラス(マイナス?) 当日限りの ‘HOLIDAY GIFT COUPON’(\1,000 OFF) を入り口で配っていたので,\10,995×0.7 ー \1,000 =\7,696 -\1,000=\6,696 (/\21,990= 0.305)となり 70%OFF で購入できました。

Aimg_1333タグには ‘WORKWEAR JACKET’とありました。

材質は ‘WAXED COATED CANVAS FABRIC’で, ‘CANVAS’の定義(何オンス?)はよく分りませんが,ずっしりとした重さがあります。

又,‘WAXED COATED’は,ドライ・クリーニングはNG,洗濯機の使用もNG で,「クリーニング店と相談のこと」だそうです。

Aimg_1336Aimg_1337

ポケットは 背中に1つ,表に 5つ,内側に 1つ 計 7つあります。

Aerospace_2色は 日本では救難色,英語では ‘International Orange’の中でも宇宙服等に使われる ‘Aerospace’に近いようで,周りの物から際立つオレンジ色です。

これを着て 悪いことはできません。
しかし,自転車に乗るときは有効です。

因みに 「パーカ」とは何か? 「アノラック」との違いは?

Wikipedia 英文版に次の説明がありました。

*************************************

A parka or anorak is a type of coat with a hood, often lined with fur or faux fur. The hood protects the face from freezing temperatures and wind. The Caribou Inuit invented this kind of garment, originally made from caribou or seal skin, for hunting and kayaking in the frigid Arctic. Some Inuit anoraks require regular coating with fish oil to retain their water resistance.

パーカ 又はアノラックは,フードを持つコートのタイプで,しばしば毛皮またはフェイクの毛皮で内張りされる。フードは低温と風から顔を保護する。カリブー・イヌイット(エスキモー)は,寒冷な北極で狩猟したりカヤックに乗ったりするため,この種類の衣服ーもともとカリブー(トナカイ)又は アザラシの皮から作られたーを発明した。イヌイットのアノラックには防水を保つため魚オイルのコーティングを必要とするものもある。

The words anorak and parka have been used interchangeably, but they are somewhat different garments. Strictly speaking, an anorak is a waterproof, hooded, pull-over jacket without a front opening, and sometimes drawstrings at the waist and cuffs, and a parka is a knee-length cold-weather coat, typically stuffed with down or very warm synthetic fiber, and with a fur-lined hood.

「アノラック」と 「パーカ」の名称は区別なく使われているが,二つは多少異なる衣服である。厳密に言えば,アノラックは,防水性があり,フードがある,前開きなしのプルオーバー・ジャケットで,ウエストとそで口を締めるひもが付く。パーカは,一般に ダウン 又は 非常に暖かな化学繊維の詰め物をして,毛皮で縁取られたフードのある,膝丈の寒冷気候用のコートである。

*************************************

「膝丈」と言う定義が やや引っかかります。

|

« 見出しに見る「勘違い」(その232) | トップページ | TVの力 「第十雄洋丸事件」 »

garments & others」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 見出しに見る「勘違い」(その232) | トップページ | TVの力 「第十雄洋丸事件」 »