« W.S.J. の 「駐韓日本大使,一時帰国」の伝え方 | トップページ | 「報復で 日本が居直り」? »

2017年1月10日 (火)

新人教諭の自殺で思うこと

採用されてすぐにクラス担任を任せられて,負担の大きさから自殺した教員の事件が報道されていました。
このようなケースは,少なからずあるようです。

今回のケースの場合,残業(超過勤務)時間 160hr/mon. が何ヶ月間か続いていたようで,労働基準法を持ち出すまでもなく異常で,管理者(校長 あるいは 教頭)の管理不行き届きに原因の多くの割合があることは間違いなく,同僚教師の道義的責任も免れないでしょう。

ここで 思うのは,教師という職業は 新人の仕事内容・量の点で,一般の会社員と大きく異なることです。

一般の会社の場合,職場での仕事のレベル・種類の幅が大きいので 新入社員の能力と適性に応じた仕事が与えられて 徐々に一人前になっていくのに対して,教師の場合,新人がクラス担任をすること,授業をすることは 職歴何十年の教師と同じ内容の(一人前の)仕事を任せられ,行うということで,一般の会社からすれば “狂気の沙汰” でしょう。

会社の場合,新入社員にベテランと同じ仕事を任せることは,能力的にできる,できない以前に,アウトプットの質を保てなくなるリスクを避けるため,任せることは,まずありません。
仕事のやり方,能率,アウトプットの質などの様子を見ながら 仕事の与え方を考えます。

新人教師自身は,できるだけアウトプットの質,すなわち,児童・生徒の理解度をベテラン教師のそれに近付けるために,準備に多くの時間を費やすことは容易に考えられます。
すなわち 能力不足を時間でカバーしようとするでしょうが,おそらく無理なことです。
この点を 校長や教育委員会がどのように考えているのか不可解です。

教師と同じような仕事が他にあるかと言えば,例えば運転手(士)もそうでしょう。
新人でも ベテランと同じ仕事内容で 同じアウトプットが求められます。
それでも,公共交通機関の運転士は 教育担当が同乗するなど 充分な研修期間を経て独り立ちするのが普通です。

新人教師がクラス担任の仕事を滞りなく行えるとするなら,ベテラン教師は,給料をもらいすぎ,あるいは 給料が高いベテラン教師は不要ということになります。ベテラン教師は 他の仕事もある,とは言っても 基本は児童・生徒に対する授業が主たる仕事です。

結論としてはー
・新人教師に 一人前の教師であることを期待し,その仕事をさせるのには無理がある。
・これは 新人教師にとって不幸なことであり,一人前ではない新人教師が担任するクラスの,教師の質を比較できない環境にいる児童・生徒は更に不幸である。

|

« W.S.J. の 「駐韓日本大使,一時帰国」の伝え方 | トップページ | 「報復で 日本が居直り」? »

つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« W.S.J. の 「駐韓日本大使,一時帰国」の伝え方 | トップページ | 「報復で 日本が居直り」? »