« 「インガー・スティーブンス」に関する謎? | トップページ | 安芸灘とびしま海道 Cycling Map (第5版) »

2017年2月 1日 (水)

「盗んだ仏像を返さなくてよい」の判決は?

「2012年,長崎県対馬市の観音寺から盗まれ韓国に持ち込まれた長崎県指定有形文化財 『観世音菩薩坐像』について,所有権を主張する大韓仏教曹渓宗の浮石寺(忠清南道瑞山市)が像を引き渡すよう韓国政府に求めていた裁判で,韓国の大田地裁は 1月26日,原告の請求を認める判決を言い渡した。」と報道され,世界的に,ますます法治国家と認められなくなることを危惧して韓国政府は苦慮しているようです。

この判決が,英文で世界に報道されれば,更に 韓国に圧力がかけられることが期待されます。

1月26日付け ‘The New York Times’は ‘South Korea Can Keep Buddha Statue Stolen From Japan, Court Says’(日本から盗んだ仏像を韓国が保管していいとの判決が下る)の見出しで報じていました。この見出しで,明確に,韓国の司法の異常さは分ります。
この報道内容が適切か否か,読んでみました。

下記に転載します。(拙訳御免)
**************************************

SEOUL, South Korea — A court ruled Thursday that a South Korean temple can have a Buddha statue that was stolen from a Japanese temple in 2012, on the grounds that it had been taken from Korea centuries earlier by Japanese pirates.

韓国ソウル発- 裁判所は,木曜日に,2012年に日本の寺院から盗まれた仏像が,数世紀前に倭寇により朝鮮から持ち去られたことを根拠に,韓国の寺院が所有すべきとする判決を下した。

Japan called the ruling “regrettable” and urged the statue’s return. The dispute is being closely watched by both governments, whose relations are often roiled by historical disputes.

日本は この判決を「遺憾」とし,仏像の返還を求めた。この論争は,しばしば歴史論争で混乱する関係にある両国政府により,しっかりと見守られている。

The 20-inch gilded bronze statue was taken from a Buddhist temple on Tsushima, a Japanese island halfway between the two countries, by South Koreans who also stole another statue from a Shinto shrine there. The thieves were caught while trying to sell the artifacts in South Korea, and the statue from the Shinto shrine was eventually returned to Japan.

この 高さ 20インチの金色の青銅像は,両国の中間にある対馬の寺院から,同じ島の神社から別の彫像も盗んだ韓国人によって持ち去られた。これら窃盗犯は,韓国で工芸品を売ろうとして逮捕され,神社からの彫像は結局,日本に返された。

But a South Korean temple, Buseoksa, which says the Buddha statue was made there in the 14th century, won a court injunction in 2013 preventing its return until it could be determined whether it had originally been brought to Tsushima legitimately.

しかし,14世紀に仏像が作られたと言う 韓国の寺院,浮石寺は,元々 仏像が合法的に対馬に持って来られたものかどうかが決定されるまで,その返却を差し止めする命令を 2013年に,裁判所から勝ち取った。

The statue, of the Buddha in the lotus position, has been in the government’s custody since then, and on Thursday a district court in Daejeon, a city south of Seoul, ruled that it should be given to Buseoksa. The government, which was the defendant in the civil suit, did not say whether it would appeal.

像は,蓮華座の仏で,窃盗犯が逮捕されて以来 韓国政府の管理下にあり,木曜日に,大田地裁が,それが浮石寺に返されるべきであると判決を下した。民事訴訟の被告であった韓国政府は,控訴するか否か,表明しなかった。(*管理者注:実際は控訴した。)

The Japanese temple, Kannonji, was not a direct party to the lawsuit, but it argued at the trial that the statue had not been removed from Korea illicitly, noting that there had been legitimate trade in goods, including Buddha statues, between Korea and Tsushima in ancient times. The statue has been designated an important cultural asset in Japan.

日本の寺院・観音寺は訴訟の直接的当事者ではなかったが,裁判で,古代朝鮮と日本間には合法的な,仏像を含む品々の交易があり,仏像が不法に朝鮮から移されてはないことを裁判で主張した。仏像は,日本の重要な文化財に指定されていた。

After an investigation, South Korea’s Cultural Heritage Administration said in 2014 that it was “probable” that the statue had been taken to Japan by plunderers, though it could not reach a definitive conclusion.

韓国の文化遺産管理局は調査の後,2014年に,それが 略奪者によって日本に持ち去られた可能性があるとしたが,最終的な結論に達することができなかったと語った。

Scholars supporting Buseoksa’s cause cited a document found inside the statue’s belly in 1951, which they said showed that the statue was manufactured in Seosan in the 14th century. They said it did not record a transfer of ownership to the Japanese temple, although such a document normally would.

浮石寺の訴訟をサポートしている学者達は,1951年に仏像内部で見つかった文書を引用し,14世紀に瑞山において仏像が製造されたことを示した。そのような文書に普通は示されるべき 日本の寺院への所有権の移転の記録はないと語った。

They also presented the court with historical documents showing that parts of Korea’s west coast near Seosan had been visited by pirates from Japan during the 14th century. And they said the statue had burn damage, which they said could be a sign it had been plundered by pirates.

彼らは,又,14世紀に瑞山近くの韓国の西岸地方が 日本から倭寇の襲来にあったことを示す歴史文書を裁判所に示した。そして,彼らは,仏像に焼け焦げがあり,それが倭寇による略奪の証拠であると語った。

“There is enough reason to think that the statue belongs to Buseoksa,” the presiding judge, Moon Bo-gyeong, ruled Thursday.

木曜日に 裁判長 Moon Bo-gyeong は 「仏像の所有権が浮石寺にあると考える十分な理由がある。」との判決を下した。

In Tokyo, Chief Cabinet Secretary Yoshihide Suga called the ruling “very regrettable.” He urged South Korea to take “appropriate” action to ensure the statue’s swift return to Japan.

東京では,菅義偉 内閣官房長官は,判決を 「非常に遺憾である。」とし,日本への仏像の迅速な返却を保証する「適切な」行動を取ることを韓国に求めた。

“The Japanese government has appealed to the Korean government through various diplomatic channels to request the return of this statue to Japan as soon as possible,” he said at a news conference.

「日本政府は,様々な外交チャンネルを通じて,仏像をできるだけ早く 日本に返却することを韓国政府に要求している。」と,彼は記者会見で語った。

A spokesman for the South Korean Foreign Ministry, Cho June-hyuck, said the ministry would try to resolve the matter with Japan “based on mutual trust.”

韓国外務省スポークスマンの Cho June-hyuck は,「相互の信頼に基いて」 この問題を日本と解決するつもりだと語った。

(転載了)
*************************************

事実は抑えています(但し,600~700年前のことを推測したという事実)がー
国際法に照らしてどうなのか?
この判決が世界でまかり通るなら,大英博物館の将来はどうなるのか?
ーなど書いてほしいところでした。

又,日本に返還すべき根拠である,1972年に発効したユネスコ条約(日本は2002年,韓国は1983年に批准) : 加盟国で条約の効力が発生した後に盗まれた文化財が別の加盟国に持ち出された場合には返還するという条約を示せば,韓国司法の異常性を理解する助けになったでしょう。

|

« 「インガー・スティーブンス」に関する謎? | トップページ | 安芸灘とびしま海道 Cycling Map (第5版) »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「インガー・スティーブンス」に関する謎? | トップページ | 安芸灘とびしま海道 Cycling Map (第5版) »