« 見出しに見る「勘違い」(その259) | トップページ | 見出しに見る「勘違い」(その260) »

2017年3月25日 (土)

「パッセンジャー」を観た。

『パッセンジャー』(‘Passengers’,2016) ‘science fiction adventure film’(SF冒険映画)を公開初日に観ました。

Starship_a
Starship_c
Passengers_a惑星 ホームステッドⅡに,人工冬眠ポッドに入った 5,000人の入植者と 258人のクルーを運ぶ120年の旅に就いていた,オートパイロットによる無人航行中の宇宙船アヴァロンは,出発して30年経ったとき,小惑星帯(群)に遭遇する。そこで,アヴァロンの,小惑星から船体を保護するのに充分な強度を持つエネルギー・シールドが,大きめの小惑星の衝撃で貫通し,アヴァロンは損傷を受けた。
この影響による誤作動により,予定より 90年早く,乗客の1人,機械エンジニアのジム・プレストン(クリス・プラット(‘Chris Pratt’,1979~  ))が目を醒ます。

アンドロイドのバーテンダー,アーサーの他には誰もいない孤独の中で1年間 過ごしたジムは,次第に元気をなくし,自殺さえ真剣に考え始める。そんなある日,彼は人工冬眠ポッドの中の美しいオーロラ・レーン(ジェニファー・ローレンス(‘Jennifer Lawrence’,1990~ ))の存在に気づいた。

彼女のビデオ・プロフィールを観て,彼女がユーモアのある作家であることを知る。仲間とするために,モラルに反すると悩んだ末に,彼女を手動で蘇生させ,彼と同様に誤作動で覚醒したと告げる。ジムは,アーサーに,オーロラが本当は何故 目を醒ましたのかを彼女に言わないと約束させる。

オーロラは,惑星 ホームステッドⅡに宇宙船が着く前に歳とって死ぬことを怖れ,ジムが試みたように 再度,冬眠ポッドに入ろうと虚しい努力をする。結局,彼女は自分の状況を受け入れざるを得ず,自分の経験についての本を書き始めた。

そして ふたりは ・・・ 。

登場人物は少数で,アヴァロンの船長役で アンディ・ガルシア(‘Andy Garcia’,1956~ )が出ています。
エンドロールのキャストの3番目か4番目ですが,ホームステッドⅡに近付いたラストの場面,冬眠のリハビリのため到着4ヶ月前に冬眠から醒めて船内を移動する場面で,ほんの10秒足らず出るだけで,台詞は ほぼありません。

この映画での,今まで見たことがない宇宙船内のシーンとしてプールがあります。
小惑星の衝突による損傷の影響が1年以上経って宇宙船に不具合が出始め,その一つの現象として重力発生装置が故障して無重力状態になったとき,プールの水がどうなるかー。
水滴が無重力空間を漂う映像は時々見ますが,プールの水が全てまとまって大きな球となり,プールで泳いでいたオーロラはその中に閉じ込められて出ることが出来ず,窒息寸前となるシーンは興味深いものでした。
無重力空間に漂う大きな水球の中で泳いでも推力がでず,水球表面に顔を出すことができない設定は果たして正しいか?

|

« 見出しに見る「勘違い」(その259) | トップページ | 見出しに見る「勘違い」(その260) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 見出しに見る「勘違い」(その259) | トップページ | 見出しに見る「勘違い」(その260) »