« 「この世界の片隅に」 善戦なるもー。 | トップページ | TVで,初めてポルトガル,セトゥーバルを見た。 »

2017年3月 9日 (木)

研修旅費詐欺容疑で逮捕された広島市立大学 准教授とはー

3月6日付け 電子版「産経WEST」に次の記事がありました。

英国で研修,書類上は韓国…広島市大平和研の准教授を逮捕 旅費34万円の詐取

   広島県警安佐南署は3月6日,架空の旅費約34万円をだまし取ったとして,詐欺の疑いで広島市立大広島平和研究所准教授の金美景(キム・ミキョン)容疑者(53)を逮捕した。
 逮捕容疑は平成27年3月2日ごろ,大学事務局に英国で研修したように装って虚偽の旅費を請求し,同年4月30日,大学から約34万円を自分の口座に振り込ませてだまし取ったとしている。
   
大学によると,教員を対象にした長期研修制度があり,給与と旅費を支給。金容疑者は,この制度を利用して英国に滞在していると報告していた。
 安佐南署によると,大学に提出した書類に,英国に滞在したと申告した期間中,韓国で別の研修を受けていた記載があり発覚した。金容疑者は,大学の聴取に 『どこで研修してもいいと思っていた』 と話したという。・・・

他の報道では,研修期間中の 2014年4月1日~2015年3月31日までの間,英国に一度も入国しておらず,パスポート・コピーの英国出入国スタンプ,搭乗券コピー,英国の学校教員の手紙などを偽造,英国滞在中との偽メール発信などしていたそうで,騙す意図が明確で,悪質です。
又,取り調べに対して金容疑者は,「研修は 『サバティカル』だと思っていた」と供述しているということです。( 「サバティカル」 : 欧米などで長期間勤務した人が取得する長期休暇で,大学では研修地などを限定されない自由研究の期間)

不思議なこと/疑問に思うことなど :

  ✓在職准教授の,英国での1年間の研修を,リアルタイムに確認できてない,研修させていたつもりの大学とは?
  ✓給与を払っている准教授の所在地を,1年間 関知・確認しなかった(できなかった)大学の管理体制とは?
  ✓自由研修といえども,給与を受けつつの研修ならば,研修計画の事前提出 および 研修成果報告の提出は当然と思うが,義務付けてない大学とは?
  ✓英国での 「研修場所」,「受け入れ先」,「研修のOUTPUT(英国関連事項含むはず)」等の確認の責任者は誰なのか? 誰も確認しないのか?
  ✓英国渡航旅費詐取の言い訳として 「どこで研修してもいいと思っていた。」が,通用すると思うような,更には,大学が研修報告を求めると,パスポートのコピーなどを提出するような非論理的で幼稚な(要するに頭の悪い)人間を准教授に任命していた大学とは?
  ✓虚偽(英国ではなく 韓国にいた?)の研修なら,旅費のみではなく 1年分の給与は詐取とならないのか?
  ✓本人が 「サバティカル」と思っていたと供述しているなら,滞在費は請求してないと思われる。大学の考えている研修の場合も滞在費の支給はないのか? もし あるなら,旅費のみ請求されて,滞在費を請求されなかった大学はどのように考えていたのか?
  ✓敢えてこの韓国人を雇わなくてはならないほど日本人の研究者が不足しているのか?
  ✓大学に外国人研究者枠が存在し,それを満たさないと大学に不利益があるのか?
     もしくは韓国人を雇用することに何の利益,効果があるのか?
  ✓2005年から 広島市立大学に勤めているようだが,今回の容疑内容の悪質さ(パスポート等偽造)から推察される性癖と,大学の管理状態から,過去にも同様の犯行があったと考えるのが自然。余罪 および 経歴詐称などの追及はしているのか? 時効?
  ✓10年近く勤めていて 日本の大学における研修制度を理解してない(「サバティカル」と,存在しない制度の利用と思っていたとの供述),あるいは その供述を不自然と思わない准教授の非常識さ,および,それを理解させてない大学とは?
  ✓韓国の新聞(日本の新聞にならまだしも)に,添付のようなー日本の首相批判,反日?ー投稿をする韓国人を,日本の公立大学が給与を払って雇っている目的は何?

いずれにしても よく理解できない,かつ管理体制が存在してない大学のようです。
大学は 6日に 謝罪会見したようですが,納税者への責任の自覚が必要です。
韓国での偽証・詐欺・虚偽告訴の罪で起訴される人間が,人口比で日本の165倍であることからの韓国人の国民性の認識も必要です。
他の日本人教・職員と同様の性善説による管理では危険だということが これで分かったかも知れません。

不正発覚は,金容疑者が教授昇任のため 2015年12月に大学に提出した書類からで,書類には,英国研修をしたはずの期間に韓国で研究活動をしたと記載されていたそうです。
発覚から逮捕まで 何故か1年以上かかっています。その間,給与を払い続けていたということでしょう。旅費を詐取した後での 教授昇任申請とは いい度胸で,流石 韓国人と言うべきでしょうか。

広島市立大学のホームページ,「重要なお知らせ/教員の逮捕について」で  「・・・ 今後,当該教員に対し厳正に対処し,再発防止に向けた対応をとるとともに,・・・ 」 と書いていました。

刑事罰はともかく,大学としては懲戒免職処分の他の選択はないと考えます。
教授に昇任させなくてよかった,という問題ではありません。起訴・有罪となれば 犯罪者です。 (スケジュール的には 8日に送検,9日に起訴?)
不起訴,釈放となっても 真面な神経ではとても勤務継続はできないでしょうが・・・。

*************************************

Korean Times,2015-05-12 より転載

Japan's sovereign principles and alliance

By Kim Mi-kyoung,associate professor at Hiroshima City University-Hiroshima Peace Institute in Japan 

On April 29, 2015, Prime Minister Shinzo Abe became the first Japanese politician to address a joint meeting of the U.S. Congress and the Senate. He delivered a speech in English for 45 minutes. And it was full of admiration for the U.S. and pledges to the U.S.-Japan alliance. His remarks received occasional standing ovations from the floor, and he seemed satisfied when the performance was over. Nothing seemed wrong and everything went smoothly on the surface.

Mr. Abe has proved himself to be a smooth performer over the 28 year-long political career. His hair was wavy with creamy hair mousse and there was a sheen on the dandy suit that he wore while on the Capital Hill podium. He knows how to work up his constituents. Another memorable performance of Prime Minister Abe took place on the rainy winter day in 2013. He made a surprise visit to the Yasukuni Shrine, and managed to live broadcast the scenes of him paying tribute to the fallen soldiers of Japan including Class A war criminals. As his Yasukuni stunt had the theatrical effect of casting him as a lonesome hero, he worked very hard to reach out to the American audience as a savvy cosmopolitan.

One striking thing about his Washington speech was the differences in manner and content from many of those made in Japan. It was personable, evocative and nostalgic. He managed to show his soft side and even a sense of humor. He came across as a different person. Was Mr. Abe his genuine self in America's capital?

I am not writing this piece to recycle the usual language of Japan-bashing. Just like the increasing number of Japanese citizens who are getting sick and tired of accusatory words on its past wrongs, I am equally sick and tired of revisiting old wounds. There is little disagreement on the danger of politicized utilization of historical animosity in East Asia. We all join the chorus of regional prosperity and peace. The very question we should ask at this point is why we are continuing to play the age-old roles of the accused and the accuser in East Asia? Seventy years have passed since the war ended. As Abe emphasized in his speech, former enemies can form a strong alliance like the U.S. and Japan. Why, then, this has not happened between Japan and its Asian neighbors yet?

Before undertaking the U.S. trip, Abe made it clear that he was not going to apologize for Japan's past offenses. The forthcoming Abe statement for the 70th commemoration of war's end will exclude the words of "colonial rule," "invasion," and "apology." He stated in the Washington speech that "Our actions brought suffering to the people in Asian countries. We must not avert our eyes from that." It is difficult to understand the obvious gap between the remorseful feelings inside and abstinence of apologies outside. Why refuse to apologize if the feelings of remorse are genuine?

Abe's linguistic austerity has little to do with Japanese aesthetics of shunning noisiness or traditional respect for taciturn masculinity. He was verbalizing personal emotions and acting like America's sweetheart after all. He furthermore promised and guaranteed many things the U.S. needs to confront China's challenges. Then where does this Dr. Jekyll and Hyde-like dual person come from?

Abe is a shrewd strategist keenly aware of power dynamics in domestic turf and international relations. With his Liberal Democratic Party firmly installed as the ruling majority, he went ahead to agree on the new Defense Cooperation Guidelines with the U.S. He must have felt comfortable to ignore the due processes such as proposing the agenda at the parliament, engaging in debates with the opposition parties, and seeking majority approval of the new Guidelines. It is not surprising that 47 percent of Kyodo Press opinion poll survey respondents disapproved of the new Defense Guidelines.

His zeal to please the U.S. was extended to the guarantee of the expeditious construction of U.S. military base in a rural area of Okinawa prefecture. He did this without the consent of the Okinawan government and its residents. The prefectural government has vowed to make direct appeal to the American government in an attempt to reverse Abe's upper handedness. The island residents took the streets in impassioned protest.

Prime Minister Abe's upper-handedness not only violated democratic norms, it also made a compromise on Japan's sovereign principles. His preoccupation with power is manifesting itself in a rather unfortunate fashion which further aggravates Japan's Asian neighbors, and deteriorates Japanese citizens' confidence in his leadership.

It is about time to ask more serious questions than engaging in simple cost-and-benefit analysis. How much the U.S. can gain by working with the self-righteous and over-confident Abe government? How long will this "alliance of hope" last? Will the alliance endure if China's influence becomes more formidable? It is about gut level trust which often goes beyond the head level calculations. Is Abe for real?

(転載了)
*************************************

最後の一文 ‘Is Abe for real?’は 「安倍は本気か?」と訳すのでしょうか?
日本の公立大学に勤務している立場もあることだし,これは 韓国の新聞に英語ではなく,日本の新聞に 日本語で 堂々と投稿しなければ書く意味も,自身の存在の意味もないでしょう。 平和研究所で 政治活動をしていたとは思いませんが・・・ 。

(追記)金容疑者を帰化してない韓国人と思って書きましたが,韓国人と書いている報道が見当たりません。普通,外国人が逮捕されれば その国籍を書くものと思っていましたが,書いてない理由があるのでしょうか?それとも 韓国人ではないのでしょうか?少し,心配になりました。
日本で生まれた在日韓国人(朝鮮人)の場合,国籍を示さないことが 現在の報道機関のルールのようですが,釜山生まれの彼女も,広義の在日韓国人扱いということでしょうか。

(追記)
広島市立大学では 2015年にも 准教授に対し,海外出張中の観光旅行と勤務時間のごまかしによる 約100万円の詐取で戒告の懲戒処分の実績があったことです。
海外出張は 2013年度,勤務実績の詐称は 2013年3月~2014年6月に38日分あり,処分は 2015年7月1日でした。名前の公表はしてないので詐欺や横領としては逮捕されていません。
元々,管理体制と教員・研究者の資質の問題がある大学のようです。
(2015年7月2日,毎日新聞地方版より)

【追記】2017/3/17
金准教授に対し 「検察は,十分反省しているので不起訴」,「大学は,懲戒解雇」 と報じられました。
大学は,正しい選択をしました。
韓国人のために,無駄な裁判費用を使わなかったという点で,検察の不起訴は正しい判断かも知れません,有罪となっても おそらく執行猶予がつくでしょうから。

|

« 「この世界の片隅に」 善戦なるもー。 | トップページ | TVで,初めてポルトガル,セトゥーバルを見た。 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「この世界の片隅に」 善戦なるもー。 | トップページ | TVで,初めてポルトガル,セトゥーバルを見た。 »