« 呉市 寺本公園の桜,ほぼ満開だけどー | トップページ | WEFによる 「旅行・観光競争力」 ランキング 2017 »

2017年4月 9日 (日)

見出しに見る「勘違い」(その264)

「【コラム】日本のコメ,韓国のコメ」  2017/3/22 中央日報・日本語版
   ‘韓国のコメも悪くないが,なぜ日本のコメはおいしいのか。・・・ コンビニエンス・ストアの弁当のご飯でもほとんどの韓国の食堂よりおいしい。いくつか理由がある。その中でも最も大きいのが「つきたてのコメ」でご飯を炊く点だ。日本には即席精米店があちこちにある。そのコメで食事の時間に合わせて炊いたご飯を食べるのが当然おいしい。もう一つは「新米」だ。精米から7日後には酸化が始まり,15日経過すれば味と栄養が減る。水分含有量も16%の新米の時に味が最高だ。
   韓国のコメは形が完全な完全米の比率が80%を辛うじて超える。日本のコメはほとんど90%以上だ。欠けたり傷があるコメは味が落ちるしかない。耕作方法も違う。韓国は質より量を重視する。収穫量を高めようと窒素肥料を多く使用する。するとコメの蛋白質含有量が増え,味が落ちる。日本のコシヒカリ,ひとめぼれなどの品種の窒素使用量は低い。蛋白質含有量が少ないためおいしくなる。
   日本は収穫したイネを乾燥して貯蔵,加工する過程を経て段階的な流通手続きを踏むが,韓国はほとんど米穀総合処理場で品質や品種の区別なく混ぜる。日本はイネの投入口を別にして混ざるのを防ぐ。保管する時も常温でなく期間別に玄米を低温貯蔵するなど品質管理を徹底する。日本穀物検定協会は販売業者の依頼を受け,生産の履歴と製造過程を含む証明書を発行する。このマークに対する消費者の信頼は相当なものだ。コメを購入する際,真っ先に「認証」マークを見て選択する。
   一方,韓国は消費者に渡る最終流通過程でもコメを混ぜたりする。品質が異なるコメを混ぜて一つの商品として偽って売るのだ。数年前の政府米を新米に混ぜたものが安く売られたりもする。品種を区別せずに政府が一括で買い入れる制度も問題だ。原産地を偽った「偽京畿米」も毎年発覚する。
    ・・・ 日本のコメは海外でも高く売れる。香港では同じコシヒカリでも米カリフォルニア産の1.6倍,中国産の2.5倍で取引される。数日前にはエジプトのカイロで日本コメ導入100周年記念式も開かれた。’
と書いています。
   かつての米穀通帳があった頃の配給米の時代のように品種の拘りなどなく,日本の半世紀遅れのようです。
   米の味の追求もない 「韓食を世界に」などのスローガンは,半世紀早い,と言わざるを得ない,というところでしょう。

「韓国教育部,日本の教科書 『竹島は日本の領土』に直ちに是正要求」  2017/3/24 中央日報・日本語版
   ‘日本が来年から使用される高校の社会科教科書24種のうち19種に「独島(ドクト,日本名・竹島)は日本の領土」との内容が含まれる。韓国教育部は,日本政府に対して「歴史歪曲を直ちに是正せよ」という声明を発表した。
   ・・・ 特に,多くの教科書が以前より独島の領有権を強く主張したことが分かった。清水書院の地理A教科書は 「韓国との領有権問題がある」と記述していたが,今回の検定を通過した教科書には 「日本固有の領土」,「韓国の占拠」などと記述した。
   ・・・
  教育部は直ちに批判する声明を発表した。・・・ 「教育部は日本の歴史歪曲といかなる挑発にも断固たる対応を取るという方針に従って教科書を正すまで教育・外交・文化的に力を尽くすだろう」と明らかにした。
    教育部はこれと同時に独島教育の基本計画を発表した。・・・ 教師用独島教授学習資料を作成して普及し,中高校生3000人が参加する「独島を正しく知る大会」も開催する。小中高校130カ所を「独島を守る学校」に指定し,独島探訪や各種独島学習活動を主導するという計画も含まれた。教育部歴史教育正常化推進団のクォン・ヨンミン対外協力チーム長は「生徒たちの独島に対する関心を高め,日本の不当な領有権主張に論理的に対応できる力を育てていく」と話した。’
とのことです。
   子供のころから,不合理な理由でもなんでもいいから 「盗んだものを返さなくてもいい。」と教え込むため,裁判所でさえ 盗んだ仏像を返却する必要がないという判決を出すことになります。

困ったものです。

| |

« 呉市 寺本公園の桜,ほぼ満開だけどー | トップページ | WEFによる 「旅行・観光競争力」 ランキング 2017 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 呉市 寺本公園の桜,ほぼ満開だけどー | トップページ | WEFによる 「旅行・観光競争力」 ランキング 2017 »