« WEFによる 「旅行・観光競争力」 ランキング 2017 | トップページ | 「大改造!! 劇的ビフォーアフター」で 見たタンス。 »

2017年4月10日 (月)

上野海運ビル 工事中

3月末,北九州市若松区に行ったとき,若戸渡船場前の「上野海運ビル」の2階までに足場とシートが架かっていました。

Img_1985
上野海運ビルは 映画,TV (「K-20 怪人二十面相」,最近では「相棒 劇場版Ⅳ」,「お家さん」,「焼酎のCM」など)に たびたび登場する 1913年(大正2年)に建てられた 国の有形文化財(2012年 登録)です。

何の工事なのか 近寄ると 明るい灰色の塗装がシートの隙間から見えました。
まさか 灰色に近い褐色の煉瓦の上に塗っている?と思い,元の写真を確認するとー

Uenokaiun正面玄関の張り出し部と2階一部は コンクリート(色)のようでひび割れがあるので その補修と思われます。

大部分を占める煉瓦部に対する補修ではないと推察します。

この煉瓦は赤煉瓦ではなく 「セメント煉瓦」のようですが,この建物の紹介サイトにはドイツから輸入されたものと書いています。

この煉瓦に近いものに 「門司赤煉瓦プレイス」の「門司麦酒煉瓦館」があります。

PhotoPhoto_2

ここは 上野海運ビルの建設と同じく 1913年に 「帝国麦酒(株)」の工場として建てられたもので,工場棟部分は赤煉瓦ですが,事務所棟(現・門司麦酒煉瓦館)は 八幡製鐵所から出た(おそらく)鉱滓(スラグ)を材料とする「鉱滓煉瓦」が使われており,日本最古の「鉱滓煉瓦建築」とされています。

ひょっとすると 上野海運ビルも 「鉱滓煉瓦」?

|

« WEFによる 「旅行・観光競争力」 ランキング 2017 | トップページ | 「大改造!! 劇的ビフォーアフター」で 見たタンス。 »

散歩・風景」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« WEFによる 「旅行・観光競争力」 ランキング 2017 | トップページ | 「大改造!! 劇的ビフォーアフター」で 見たタンス。 »