« 入社祝いの一位が 「ネクタイ」,ということはー | トップページ | コレステロール および LH比も一応 抑えたが・・・ »

2017年4月 1日 (土)

見出しに見る「勘違い」(その261)

「読者の意見:『サウス・コリア』の方がむしろ誇らしい」  2017/3/12 朝鮮日報・日本語版
   ‘先日「読者の意見」に「『サウス・コリア(South Korea)』と言われるとプライドが傷つく」と題された記事が掲載された。「サウス・コリア」はわが国の南側半分を意味する言葉であり,分断国家であることは示してほしくないということだった。また正式名称でもない「サウス・コリア」を使うと国の権威が下がるとも言っていた。
 われわれが分断国家であることは世界の誰もが知っている。・・・ かつてドイツが分断されていた時代,韓国政府はドイツの西側を「West Germany」つまり 「西ドイツ」と呼んでいたが,それでわれわれがドイツの権威が下がったと考えたことなどない。
  北朝鮮の正式な英語表記は「Democratic People's Republic of Korea」だ。南も北もどちらも「Republic」を使っているので,外国人にとっては区別しにくいだろう。ちなみに先進国はどこも民主共和国だが,英語表記に「リパブリック」という言葉は使っていない。使っているのは北朝鮮,中国,ドミニカ共和国,コンゴ,中央アフリカくらいだが,これらはどこも最高指導者が長期にわたり権力を持ち続けるか,あるいは世襲制の後進的独裁国家だ。そのためわれわれは国名からリパブリックを取り,統一までは堂々と「サウス・コリア」とした方がいい。イ・デギュさん(釜山大学名誉教授) ’
と書いています。
    誇らしいかどうかは別にして,‘Republic of Korea’と ‘Democratic People's  Republic  Korea’では どちらが 北か南か分りません。
    外国で “I'm a Korean.” と言えば “North or South?” とどの国でも,誰でも訊くに違いありません。それ以外に訊きようがありません。

「中国ホテル,入口に太極旗 『踏み殺そう』」  2017/3/15 中央日報・日本語版
   ‘中国政府が在韓米軍高高度ミサイル防衛体系(THAAD)配備に対して反対の声を高めている中,現地民間企業も韓国人に対する報復を率先している。
   3月14日,あるオンライン・コミュニティには中国のあるホテルの入り口を撮影したという説明とともに写真2枚が掲載された。

Photo
   写真にはホテルの入り口と見られる場所に太極旗が敷かれているが,旗には中国語で 「韓国の奴らを踏み殺そう」と記されている。
   ・・・
   別の写真では,建物入り口の横に掲げてある「営業中」という案内とともに 「犬と韓国人は無断出入を禁ず」という内容の案内も添えられていることが確認できる。
   この写真を掲載したネットユーザーは「ホテルの外にある垂れ幕にも 『韓国の音楽をかけない,われわれは韓国文化を撤回する』という内容がある」とし 「数日前に宿泊しようと行ったが、(旗を)飛び越えることもできず別のホテルに行った」と説明した。
   ・・・
  中国「消費者の日」である3月15日,中国政府の口頭指針に従い,この日から中国大型旅行会社だけでなく中小旅行会社も韓国観光商品の取り扱いを一斉に中断する。
との報道です。
   韓国のように 外国の国旗を焼いたり,破ったりしないだけマシですが,中国が自国と大して変わらないレベルの国ということが 韓国人にもよく理解できて ゾッとしたことでしょう。
   何れも,如何に仲違いをしていても,相手国の国旗を尊重するのは国際社会における礼儀であることが分らない国民が存在する国です。

誇らしさを求めているようです。

|

« 入社祝いの一位が 「ネクタイ」,ということはー | トップページ | コレステロール および LH比も一応 抑えたが・・・ »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 入社祝いの一位が 「ネクタイ」,ということはー | トップページ | コレステロール および LH比も一応 抑えたが・・・ »