« 「拷問禁止委員会」とはー | トップページ | 『メッセージ』 を観た,がー。 »

2017年5月20日 (土)

2年ぶりの 東京散歩

連休明けの週末から 3泊4日で 2年ぶりに 東京に行きました。
目的はふたつ,九州の高校の関東地区同期会に出席することと,錦糸町にある安藤製靴のチロリアン・シューズを買うこと。おまけで 東京見物。

宿は いつも通り ‘ミシュランガイド東京(2011~2015)’に掲載された汐留のビジネスホテル 「ヴィラ・フォンテーヌ」。
新橋駅から 少し距離はありますが,雨の日でも濡れずに行けるホテルです。

Img_2196Img_2217

上右は,日曜午後の日本テレビ付近,これほど人気(ひとけ)がない状態を初めて見ました。正面は 「パークホテル東京」がある 「汐留メディアタワー」。

関東在住時の休日によく歩いたルートを辿ってみました。
乗り物に乗ったのは 「新橋→青山一丁目」(地下鉄銀座線),「渋谷→東京」(JR山手線)の2回のみです。

Img_2201青山一丁目から青山通りを渋谷方面に歩き,途中 「KENT SHOP 青山」前で 通りに看板を出している店長に遇って 挨拶,まだ11時前で 店には入れませんでした。

表参道に入って原宿方面に上り,神宮前交差点で左折,明治通りを渋谷方面にー

11時前で店はまだ開いておらず途中から引き返し,又,表参道を青山通りに戻りました。

Bakery Cafe 426’はそのまま。

Img_2204青山通りを渋谷方面に歩くと,「国連大学」前で 「ファーマーズ・マーケット」開催中。

丁度,右翼の街宣車3台が徐行しながら 「国連は出て行け!」などとアジっていました。最近の国連関係組織の発言・動向から理解できるところもありますが,スピーカーのヴォリュームが大きすぎるし,言葉が汚すぎます。
それでも 広島では滅多にないことで 流石,東京です。

何も買うつもりはありませんでしたが,何故か 「ジンジャー・シロップ」を購入。

Img_2208更に進んで 途中で 右折して 名も知らない道を歩いて Clarks 渋谷店に立ち寄り,その後,渋谷公園通りに出ました。

記憶にある風景と違っていました。

「パルコ パート1」の建物がなくなっており,更に 「GAP」の建物が淋しくなっています。

「パルコ パート1」は 2016年8月に閉店,建て替えのための一時休業,2019年に再開店だそうです。
GAP」渋谷店は今月(5月)7日が最終営業で閉店したそうです。

渋谷駅に出てJRで東京駅に。

Img_2211_2丸の内を有楽町方面に歩き,東京国際フォーラムに入りました。

2015年に米国から上陸した ハンバーガー・レストラン or ファスト・カジュアル レストラン ‘SHAKE SHACK’がありました。
ここは 2016年にオープンした3号店だそうです。
昼食を摂ろうと思いましたが,行列の長さに断念。

有楽町から銀座に出て 1丁目から 8丁目まで歩きました。

Img_22371丁目に 2014年にオープンした ‘hartmann’(写真  ‘samsonite’ の隣)に初めて入りました。

三越が代理店を辞め,2012年にサムソナイトの傘下に入ってやっと日本に代理店ができて オープンした路面店です。

20年ほど前に 鞄類を バリスティック・ナイロンの‘Intensity Series’に揃えて以後,特にサムソナイトに吸収され デザイン,材質が変わって以後,ほとんど買っていません。

参考品として かつての ツィードのプルマンが飾っていました。
話しかけてきた店長(?)に 「このシリーズを五木寛之さんが愛用していて エッセイ本 ‘旅のヒント’の表紙に載っていましたね。」と伝えると 「勉強になりました。」

Img_2213Img_2216_2

6丁目,オープンしてすぐの,うわさの ‘GINZA SIX’前は人が一杯で中には入らず,8丁目まで歩きました。

銀座ナイン1号館に ‘HOOTERS’が入っていました。オレンジ色のホット・パンツ姿のウェートレスがいるのでしょう。(米国でしか入ったことはありません。)
日本に上陸,赤坂に1号店がオープンしたのが 2010年,現在は この銀座の他に,渋谷,新宿,名古屋,大阪に展開しているようです。

新橋を経由して汐留のホテルへ,散歩終了。

この日の 歩行データ: 20,810歩,12.5km,658kcal。

次の日は アメ横など。
             歩行データ: 12,933歩,7,8km,420kcal。

|

« 「拷問禁止委員会」とはー | トップページ | 『メッセージ』 を観た,がー。 »

散歩・風景」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「拷問禁止委員会」とはー | トップページ | 『メッセージ』 を観た,がー。 »