« 「西部警察」のラストシーンで・・・。 | トップページ | 文在寅大統領,ロイター通信のインタビューで・・・ »

2017年6月27日 (火)

小林麻央さん死去のBBCの伝え方

BBC NEWS’(電子版)  23 June 2017 付け

(以下転載)
*************************************

Mao Kobayashi: Japanese cancer blogger dies at 34
小林麻央:日本のガン患者のブロガー 34歳で死す

A former Japanese newsreader who won legions of admirers after deciding to publicly chronicle her battle with cancer has died of the disease.
癌との戦いを公に記録すると決めて,多くの称賛者を得た,かつての日本のニュース放送アナウンサーが 病気のため死んだ。

Mao Kobayashi, who was named one of the BBC's 100 Women in 2016, died late on Thursday at home in Tokyo, aged 34.
2016年 BBC の,100人の女性の一人として名前を挙げられた小林麻央は,木曜夜遅く,東京の自宅で亡くなった,34歳だった。

Her husband, famous kabuki actor Ebizo Ichikawa, said in his own blog it was “The day I cried most in my life”.
彼女の夫である有名な歌舞伎役者 市川海老蔵は,自身のブログの中で 「私の一生の中でもっとも泣いた日だった。」と記した。

Ms Kobayashi's blog was ground-breaking in a country where people do not like to discuss personal issues.
小林さんのブログは,個人的な問題を語りたがらない人が多い日本では画期的なことだった。

Like many others, she had initially concealed her battle with breast cancer from public view, scared of “being associated” with illness as she continued to aspire to the ideal of “the perfect mother”.
他の多くの人と同様,彼女は 「完全な母」の理想を切望し続けたので,病気に「関連する」脅えで,最初 乳ガンとの戦いを世間から隠した。

Writing for the BBC last year, the mother-of-two admitted:“I had been blaming myself and thinking of myself as a ‘failure’ for not being able to live as I had before. I was hiding behind my pain.”
昨年BBCのために 「私は,以前のように生きていけないことで,自身を責め続け,自身を 『失敗』 と考えてきた。私は苦痛の後ろに隠れていた。」と書き,2児の母親は認めた。

It was only after a Japanese media outlet published a story about her illness that she decided to “step into the sunlight” and discovered how much support there was for her in Japan.
彼女が 「日の当たるところに踏み出す」ことを決心し,日本にどのくらい彼女へのサポートが存在するのかを発見したのは,日本のメディアが彼女の病気についての話を公表したすぐ後だった。

Ms Kobayashi's last entry onto the blog was posted on Tuesday, describing how she was enjoying the taste of orange juice squeezed by her mother.
ブログへの小林さんの最後の書き込みは火曜日で,母親が絞ったオレンジ・ジュースの味を どれくらい満喫していたかを記述していた。

She had been hoping at see a performance by her four-year-old on 3 July.
彼女は 7月3日の,4歳の息子の演技を観ることを楽しみにしていた。

Unfortunately, that was not to be.
不幸にも,それはならなかった。

Mr Ichikawa, who lost his father, the famed kabuki actor Danjuro Ichikawa XII to pneumonia four years ago, told a press conference on Friday that the family gathered on Thursday after Ms Kobayashi's mother realised her condition had taken a turn for the worse.
4年前,有名な歌舞伎役者であった父親の7代目 市川團十郎を失っている市川氏は,金曜日の記者会見で,木曜日に,小林さんの母親が,彼女の容態の悪化に気が付いて,家族が集まったと語った。

“Mao was able to talk the day before yesterday, but yesterday, she was unable to speak. When she passed, she was looking at me. She said ‘I love you’ and left us.”
「麻央は一昨日は話せたが,昨日は 話すことができなかった。彼女は亡くなるとき,私を見ていた。彼女は 『愛してる』と言い,そのまま旅立った。」

Mr Ichikawa said his wife continued to think only of her family and “show them her smile” until the last, adding : “She fought the cancer hard, she thought she could be of help to others if she could cure the illness.”
市川氏は言った。彼の妻は,最期まで家族のことを思い,「微笑みを示し」続けた。そして付け加えた:「彼女は癌と懸命に戦い,もし 病気を克服できたならば,他の人の助けになることができると思っていた。」

“That's why she started her blog. Because of the media, her illness became public, and in a way, it was a good thing.”
それが,彼女がブログを始めた理由であった。メディアにより,彼女の病気が知られ,それはある意味では,よいことだった。

“By starting the blog, she could share feelings with those who're fighting the same illness. She was incredible. I know I'll keep learning from her.”
「ブログを始めることによって,彼女は,同じ病気と戦っている人々と気持ちを共有できた。彼女は素晴らしかった。私は,これからも彼女から学び続けると確信している。」

(転載了)
*************************************

ご冥福を 祈ります。

|

« 「西部警察」のラストシーンで・・・。 | トップページ | 文在寅大統領,ロイター通信のインタビューで・・・ »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「西部警察」のラストシーンで・・・。 | トップページ | 文在寅大統領,ロイター通信のインタビューで・・・ »