« トム・クランシーの 「国際テロ」を読んだ。 | トップページ | 米 ミサイル駆逐艦 フィッツジェラルド衝突事故の報道 »

2017年6月25日 (日)

米大学生を北朝鮮に連れて行った 「旅行会社」は?

Head_office北朝鮮から昏睡状態で帰国し,6日後に死亡した米国大学生は 旅行会社のツアーで北朝鮮に行ったようですが,それがどこにある,何という旅行会社か調べてみました。

中国の西安に本社がある ‘YOUNG PIONEER TOURS’のようです。

Tour_a
Tour_b
Tour_c_2
ホームページにある紹介文を転載(拙訳御免)します。

*************************************

Welcome to Young Pioneer Tours, the first company to offer budget tours to the Democratic People’s Republic of Korea

北朝鮮への格安ツアーを提供する最初の会社 ‘Young Pioneer Tours’にようこそ。

Young Pioneer Tours is an adventure travel company formed in 2008 and based in mainland China. Specialising in North Korea tours, we provide “budget travel to destinations your mother would rather you stayed away from”.

Young Pioneer Tours’は 2008年に設立した冒険旅行会社で西安に本社をおいている。
北朝鮮に専門化しており,あなたの母親が どちらかと言えば あなたに近寄ってほしくない目的地への格安旅行を提供する。(下線部訳 自信なし) 

We are renowned and rated as one of the best North Korea travel operators with our unparalleled experience, fun way of doing things, and most importantly, excellent relations in country; this makes us the best choice for your visit to North Korea.

我々は,比類ない経験と,楽しみの方法と,そして 最も重要なことは,あなたが北朝鮮を訪問するのに我々を選ぶことが最善の選択と言える,すぐれた国家間の関係により,最高の北朝鮮観光業者のひとつとして 有名で 高評価を得ている。 

As well as seeing the must see sights in Pyongyang and visiting the DMZ, we provide tours to various locations within North Korea. So whether you’re looking to compete in the Pyongyang Marathon, experience the spectacular sights of Mt Paektu, ski at the world class Masikryong Ski resort, explore the extreme North East of the country, or visit Rason city – North Korea’s Special Economic Zone, we have itineraries to suit all travellers.

Must’である平壌の風景見物や DMZdemilitarized zone:非武装地帯)訪問だけでなく,北朝鮮のいろいろな場所へのツアーを提供する。
それで,平壌マラソンの競争を見るか,白頭山の素晴らしい名所を経験するか,世界クラスの馬息嶺スキー・リゾートでスキーをするか,最果ての北東部を探検するか,北朝鮮の特別経済地域である羅先市を訪問するか,全ての旅行者に合った旅行プランを提供する。
 

Aside from the DPRK, we travel to a number of other destinations such as Afghanistan, Iran, Turkmenistan, Chernobyl, Cuba, Antarctica, Eritrea and more! All our tours are founded on the YPT ethos of fun, thrill seeking and adventure at a great price. All ages welcomed!

北朝鮮の他,アフガニスタン,イラン,トルクメニスタン,チェルノブイリ,キューバ,南極大陸,エリトレアなどの多くの旅行先プランを提供する!
我々の全ての旅行プランは,「楽しみとスリルの追求と冒険を驚きの価格で」の‘Young Pioneer Tours’精神に基づいている。
すべての年代の方々を歓迎する!

(転載了)
*************************************

参考に7月までの 北朝鮮ツアーを示します。

North_korea_tours

北京発着の1週間旅行で 約€1,000~2,000 程度のようです。

「【免責事項】 北朝鮮滞在中,あなた自身の不届き・不穏当・不注意,その他あらゆる行為を原因とする当局による拘束で出国不能になった場合において,弊社は何の責任も負わず,何のサポートも致しません。」 などの記載は見当たりませんでした。

因みに,この旅行会社の創設者は イギリス人とのことです。

【追記】 6/20付けで ‘Young Pioneer Tours’の Facebook に 次の文章がありました。

Our deepest sympathies are with Otto Warmbier and those who loved him. We had held onto hope that he might recover, and have the life that he should have had, but now those hopes are gone, and we too are reeling with the shock of a young man's life taken well before his time.

The devastating loss of Otto Warmbier's life has led us to reconsider our position on accepting American tourists. There had not been any previous detainment in North Korea that has ended with such tragic finality and we have been struggling to process the result. Now, the assessment of risk for Americans visiting North Korea has become too high.

The way his detention was handled was appalling, and a tragedy like this must never be repeated. Despite constant requests, we were denied any opportunity to meet him or anyone in contact with him in Pyongyang, only receiving assurances that he was fine. There has still been almost no information disclosed about his period in detention. Considering these facts and this tragic outcome we will no longer be organising tours for US citizens to North Korea.

Otto Warmbier さんの死亡に関連して書いています。

・北朝鮮への米国人訪問に対する危険性評価が極めて高くなっている。
・彼の拘束時に面会を申し出たが 無事だというだけで会うことはできなかったし,拘留中の彼に関する情報は依然 ほとんど得られてない。。
・これらの事実と 今回の悲劇的結末に鑑み,米国人向けの北朝鮮ツアーは取止める。

*危険性があるので取扱いをやめるのは ‘Americans’,‘American tourists’あるいは ‘US citizens’とあるので その他の国に対しては営業を続けそうです。
日本人も止めておいた方がよさそうです。

|

« トム・クランシーの 「国際テロ」を読んだ。 | トップページ | 米 ミサイル駆逐艦 フィッツジェラルド衝突事故の報道 »

つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« トム・クランシーの 「国際テロ」を読んだ。 | トップページ | 米 ミサイル駆逐艦 フィッツジェラルド衝突事故の報道 »