« 気温が高過ぎると 飛行機は飛べない。 | トップページ | 「ライチ」の季節。 »

2017年7月17日 (月)

「K-19」 で英語を聴く

K-19」(‘K-19:The Widowmaker’,2002),監督:キャスリン・アン・ビグロー(‘Kathryn Ann Bigelow’, 1951~ ),出演:ハリソン・フォード(‘Harrison Ford’,1942~ ),リーアム・ニーソン(‘Liam Neeson’,1952~ )を 久しぶりに BS民放で観ました。

Img_2558Img_2559



1961年に,ソ連の原潜K-19で発生した 原子炉冷却装置事故の実話を元にした映画で,原題の ‘The Widowmaker’(直訳:未亡人製造機?)は,この原潜が様々な事故を起こしているために付けられたニックネームとのことです。

字幕での放送だったので英語を聴いてみました。
   
【シーンⅠ】 事故後のアレクセイ・ボストリコフ艦長に対する事故発生・廃艦 および 乗組員死亡の責任を問う軍法会議で,議長の制止を無視して艦長を擁護するミハイル・ポレーニン副長の発言です。

Img_2560Img_2561Img_2562

There can be only one captain of a ship.
The burden of command is on his shoulders and his alone.
None of you…

Img_2563Img_2564_5Img_2565

none of you has the right to judge Captain Vostrikov.
You weren't there. I was.
He was our captain.

Img_2566Img_2567





He was my captain.
And it would be an honor to sail under his command again.

(この発言が有効となってか アレクセイ艦長は無罪になりました。)

【シーンⅡ】 事故から28年後,事故時の原子炉冷却装置の応急修理に従事して放射線で死亡した乗組員の墓地に呼ばれたアレクセイ・ボストリコフ艦長の言葉です。

Img_2568Img_2569_2Img_2570

I nominated these men for the title “Hero of the Soviet Union”.
But the committee ruled ー

Img_2571Img_2572Img_2573

that because it was not wartime…
because it was merely an accident…
they were not worthy of the title “Hero”.

Img_2574_2Img_2575Img_2576

What good are honors from such people?
These men sacrificed not for a medal…

Img_2577Img_2578Img_2579

but because when the time came…
it was their duty.
Not to the navy

Img_2580Img_2581Img_2582

or to the state
but to us.
Their comrades. And so… -

Img_2583Img_2584





To comrades. -
To comrades!

*************************************

burden’: 荷物,積み荷,負担,義務,責任,重責,積載量,被覆岩,表土,高炉の装入原料
comrade’: ①(苦楽を共にした)同僚,仲間
                  ②(共産主義政党内の)同志

|

« 気温が高過ぎると 飛行機は飛べない。 | トップページ | 「ライチ」の季節。 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 気温が高過ぎると 飛行機は飛べない。 | トップページ | 「ライチ」の季節。 »