« 見出しに見る「勘違い」(その289) | トップページ | 見出しに見る「勘違い」(その290) »

2017年7月14日 (金)

呉市の朝日新聞(朝刊)は大阪本社の最終版?

結婚以来 朝日新聞を定期購読しています。

何故,朝日新聞か?

50年近く前,学生時代に選択した「国史」の教授が言った 「敵を知るために 『赤旗』を定期購読している。彼らが何をどう考え,何をどうしようとしている and/or したいかを知っておくため。」に,やや近いものがあります。
但し,「敵を知るために」と言ったかどうかの記憶は定かではなく,私が その時,勝手に解釈し,それが記憶に残ったのかも知れません。

現在,広島県呉市に配達される朝日新聞(朝刊)は大阪本社の14版(最終版?)で 4時30分頃に配達されます。

かつて,20年ほど前は 何版だったかは覚えていませんが,配達時刻は今ほど早くなく,かつ記事の締切り時刻も早いもので,前日の長引いた(21時 or 22時超え?)野球の結果は載っていませんでした。
おそらく 大阪本社で印刷後,大阪ー広島をトラック輸送していたことを考えれば已むを得ないものでした。

ところが 最近は,例えば 先日のウィンブルドン・テニスでの錦織選手の24時頃に終わった試合の結果が掲載されていて,それが4時30分には配達されます。
とても大阪で印刷していたのでは間に合うとは思えません。

では,どこで印刷しているのか?

調べると 広島県廿日市市の,元々は中国新聞社の印刷所だった印刷会社で印刷しているようです。
大阪本社で作成した,写真を含む印刷データ(要するに印刷原版のデジタル・データ)を廿日市に送って印刷していると言うことでしょう。今更ながら 便利な世の中になりました。

|

« 見出しに見る「勘違い」(その289) | トップページ | 見出しに見る「勘違い」(その290) »

つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 見出しに見る「勘違い」(その289) | トップページ | 見出しに見る「勘違い」(その290) »