« 見出しに見る「勘違い」(その290) | トップページ | 気温が高過ぎると 飛行機は飛べない。 »

2017年7月15日 (土)

「ライフ」を観た。

「ライフ」(‘Life’,2017)を観ました。S.F.ホラー映画です。

Life_poster_01Life_poster_02

国際宇宙ステーション(ISS)のクルーが,地球外生命体の証拠を含んでいるかもしれない土壌サンプルを積んだを帰還途中の火星探査機の回収に成功します。

ISSのラボで,宇宙生物学者 ヒュー・デリーは,サンプルから,アメリカの子供に「カルビン」を名付けられた細胞の復活に成功し,更に「カルビン」は 多細胞の有機体に急速に成長します。

実験室での圧力に対する事故があって,カルビンは一旦眠ります。ヒューは,電気ショックでカルビンを蘇らせますが,カルビンは直ちに敵対的になり,形状も大きくなって 密閉実験スペースにゴム手袋を介して入れていたヒューの手に絡みつき,手を圧潰してしまいます。

更に「カルビン」は 知性をもって ISS内のクルーを襲います。

地球外生命体ー特に危険な生命体が地球に入るのを防がなければなりません。
ISS内で恐怖の戦いが展開されます。

  • ISSのクルーは次の6名です。
  • ・デビッド・ジョーダン(米国/医者)演じるは ジェイク・ギレンホール(Jake Gyllenhaal
  • ・ミランダ・ノース(英国/CDC Centers for Disease Control and Prevention 検疫官) 演じるは  レベッカ・ファーガソン(Rebecca Ferguson
  • ・ローリー・アダムス(米国/航空エンジニア) 演じるは ライアン・レイノルズ(Ryan Reynolds
  • ・ショウ・ムラカミ(日本/システム・エンジニア)演じるは 真田広之
  • ・ヒュー・デリー(英国/宇宙生物学者 exobiologist) 演じるは アリヨン・バカレ(Ariyon Bakare)
  • ・エカテリーナ・ゴロフキナ(ロシア/司令官 Mission Commander) 演じるは オルガ・ディホヴィチナヤ(Olga Dihovichnaya
  • 真田広之さんが,日本人として恥ずかしくない,冷静で 的確な行動をとる宇宙飛行士を抑えた表現で演じていました。英語の台詞もなかなかのものでした。
    Lifehiroyukisanada

    2人の女優は,極めて自然に役を演じていました。

    レベッカ・ファーガソン(‘Rebecca Ferguson’,1983~  )スェーデン出身。過去の出演作品で観た映画に 『ヘラクレス』(‘Hercules’,2014),『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』(‘Mission: Impossible - Rogue Nation’,2015)があります。
    去年(2016年)公開された 『ガール・オン・ザ・トレイン』(‘The Girl on the Train’)は,観たいと思っていた映画でしたが,見逃しました。(広島で上映されたかどうか定かでない。2016年の ‘President Obama's summer picks’の ‘Reading List’に,この原作がありました。)

    オルガ・ディホヴィチナヤ(‘Olga Dihovichnaya’,1980~ )ロシア・ベラルーシ出身。ロシア映画を含んで何本か出演していますが,初めて見ました。脚本も書くようです。
    映画の中では クルーの宇宙服に国旗が貼られていましたが それに気づかず,しばらくは何語訛の英語を喋っているのかわかりませんでした。ロシア語でした。


    折りしも ヒアリ(火蟻)の日本上陸・発見が騒がれています。
    地球上の他の地域の生物でも侵入すれば 在来生物の生存を脅かします。
    ましてや 地球外生物となるとー 。

    |

    « 見出しに見る「勘違い」(その290) | トップページ | 気温が高過ぎると 飛行機は飛べない。 »

    映画・テレビ」カテゴリの記事

    コメント

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    « 見出しに見る「勘違い」(その290) | トップページ | 気温が高過ぎると 飛行機は飛べない。 »