« 毎月のように DOCOMO から | トップページ | ブログ閲覧者の不思議 »

2017年8月27日 (日)

2017 Index of Economic Freedom

ヘリテージ財団Heritage Foundation : 1973年に設立された,ワシントンD.C.に本部を置く保守系シンクタンク)が ‘2017 INDEX OF ECONOMIC FREEDOMを発表しています。

Economic Freedom’を 次のように説明しています。

Economic freedom is the fundamental right of every human to control his or her own labor and property. In an economically free society, individuals are free to work, produce, consume, and invest in any way they please. In economically free societies, governments allow labor, capital, and goods to move freely, and refrain from coercion or constraint of liberty beyond the extent necessary to protect and maintain liberty itself.

Economic freedom’とは,自身の労働と財産をコントロールするすべての人の根本的な権利である。経済的に自由な社会では,個人は,自分の気に入った方法で,働き,造り出し,消費し,投資することは自由である。経済的に自由な社会では,政府は,労働,資本,および商品が自由に動くことを許容し,自由そのものを保護し,維持するのに必要な範囲を越える自由の強制や制限を控える。

Economic Freedom’の測り方を次のように書いています。

We measure economic freedom based on 12 quantitative and qualitative factors, grouped into four broad categories, or pillars, of economic freedom:

大きく 4つの 広いカテゴリー あるいは ピラーにグループ分けされる,経済の自由の 12の量的 および質的な要素に基づいて測定する:

  1. Rule of Law (property rights, government integrity, judicial effectiveness)
    法の支配(財産権,政府完全性,司法の有効性)
  2. Government Size (government spending, tax burden, fiscal health)
    政府サイズ(財政支出,租税負担,財政健全性)
  3. Regulatory Efficiency (business freedom, labor freedom, monetary freedom)
    規制上の効率(ビジネスの自由,労働の自由,貨幣の自由)
  4. Open Markets (trade freedom, investment freedom, financial freedom)
    公開市場(貿易の自由,投資の自由,金融の自由)

Each of the twelve economic freedoms within these categories is graded on a scale of 0 to 100. A country’s overall score is derived by averaging these twelve economic freedoms, with equal weight being given to each. More information on the grading and methodology can be found in the appendix.

これらのカテゴリー内の 12の ‘economic freedoms’は それぞれ 0 から100までのスケールで等級づけられる。国全体のスコアは,これらの12の ‘economic freedoms’を,重みづけなしに平均することによって求められる。等級づけとその方法に関する情報は,Appendix に示す。

********************************************

180ヶ国に対して調査した結果を示します。

下に 上位 34ヶ国: 【FREEIndex:100-80,5ヶ国
                           【MOSTLY FREE Index:79.9-70,29ヶ国

を示します。

Free_countries
Mostly_free_countries
日本は ここまでの Index の範囲に入っておらず 次の RankingMODERATELY FREEIndex:69.9ー 60,58ヶ国 の中にあり,40位です。

Japan
下図に 日本の 12の要素のスコアを世界平均(破線)と共にを示します。

各ファクターの棒グラフの上にランキングを示しており,40位以下のランキングにマークを付けています。
Japan_factor_12
Japan_factor_22
日本に関する評価は次の通りです。

Economic freedom in Japan is buttressed by political stability and a well-maintained rule of law. Overcoming entrenched economic stagnation, however, will require serious efforts at reform that challenge long-established economic and cultural interests.

日本の経済の自由は,政治的安定性,およびよく維持された法の支配により支えられている。しかし,定常化した景気の停滞に打ち勝つには,長い歴史のある経済的 かつ 文化的利益に挑戦する真剣な努力が必要である。

A large public debt, the highest in the developed world as a percentage of GDP, has taken a toll on private-sector economic activity, preventing more dynamic growth.

GDPに対する割合として 先進国として最高である 大きな国債は,民間企業の経済活動に犠牲を強い,よりダイナミックな成長を妨げる。

Disparities in productivity between different segments of the economy have continued to widen. Although its export-oriented economy has long benefited from global trade, Japan still maintains nontariff barriers that raise domestic prices and hurt overall efficiency.

経済の種々のセグメント間の生産性格差が広がり続けてきた。輸出指向の経済は,長い間 グローバルな貿易から利益を得ていたが,日本は,依然,国内の価格を上げ,全体の効率を損なう非関税障壁を維持している。

Japan also has lagged behind other countries in pursuing bilateral trade agreements, in part because of its unwillingness to expose certain sectors to foreign competition.

日本は又,特定の分野を外国との競争に曝すことすが不本意であることがひとつの理由で,二国間貿易協定を達成する時,他国に遅れをとった。

*************************************

指摘されるまでもなく 「国債」と 「保護貿易」が問題のようです。

|

« 毎月のように DOCOMO から | トップページ | ブログ閲覧者の不思議 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 毎月のように DOCOMO から | トップページ | ブログ閲覧者の不思議 »