« 見出しに見る「勘違い」(その304) | トップページ | 見出しに見る「勘違い」(その305) »

2017年8月30日 (水)

国連特別報告者とは何者か?

6月12日,ジュネーブで開催されていた国連人権理事会の会合で,特別報告者をつとめるアメリカ・カリフォルニア大学教授のデービッド・ケイ氏が,日本で行った表現の自由についての調査結果に基づき,日本政府に対し,メディアの独立性を強化するため法律を改正すべきだなどと勧告し,これに対して 日本政府は 「表現の自由や知る権利は憲法で最大限保障されている」と反論しました。

この特別報告者とは何者か,その素性と定義は?

UNITED NATIONS / HUMAN RIGHTS OFFICE OF THE HIGH COMMISSIONER’(国連人権高等弁務官事務所(OHCHR)) のホームページにー

Special Rapporteuron the promotion and protection of the right to freedom of opinion and expression’(「意見と表現の自由の権利の促進と保護における特別報告者」)の見出しで説明がありました。
(*‘Rapporteur’:‘reporter’のフランス語)

以下転載します。

*************************************

A Special Rapporteur is an independent expert appointed by the Human Rights Council to examine and report back on a country situation or a specific human rights theme. This position is honorary and the expert is not United Nations staff nor paid for his/her work. The Special Rapporteurs are part of the Special Procedures of the Human Rights Council.

特別報告者は,人権理事会により,ある国の状況 もしくは 特定の人権テーマに対して分析し,フィードバックするように命じられる 独立した専門家である。このポジションは名誉職であり,専門家は国連スタッフではなく,その仕事に対して報酬は支払われない。特別報告者は人権理事会の特別手続の一部である。

・・・

Historical Background

歴史的バックグラウンド

In 1993, the United Nations Commission on Human Rights established the mandate of the Special Rapporteur on the promotion and protection of the right to freedom of opinion and expression.  

1993年,国連人権委員会は 意見と表現の自由の権利の促進と保護における特別報告者の委任を設置した。 

After replacing the Commission on Human Rights, the Human Rights Council decided to extend the mandate for another three years in its resolution 7/36 of March 2008. The mandate was renewed again for additional three years in March 2011  (HRC resolution 16/4), and March 2014 (resolution 25/2). 

国連人権委員会から変わった後,人権協議会は,委任を2008年3月の決議 7/36で 3年延長すると決めた。委託は,2011年3月(HRC決議16/4),および2014年3月(決議25/2)の間追加の3年の間に再び更新された

On 21 March 2017, the Human Rights Council extended the mandate of the Special Rapporteur for a further period of three years (resolution 34/18).  

2017年3月21日に,人権協議会は特別報告者の委託をより長い3年に期間延長した(決議34/18)。 

David Kaye has been appointed UN Special Rapporteur on the promotion and protection of the right to freedom of opinion and expression in August 2014.

デイビッド・ケイは,2014年8月に意見と表現の自由の権利の促進と保護における国連特別報告者に任命された。

Mandate

委託

The Special Rapporteur is mandated by HRC resolution 7/36: 

特別報告者は ‘HRC決議7/36’によって委託される。

(a) To gather all relevant information, wherever it may occur, relating to violations of the right to freedom of opinion and expression, discrimination against, threats or use of violence, harassment, persecution or intimidation directed at persons seeking to exercise or to promote the exercise of the right to freedom of opinion and expression, including, as a matter of high priority, against journalists or other professionals in the field of information;

すべての次の関連情報を集めること:たとえどこでそれが起こっても,意見と表現の自由の権利侵害および暴力の表現,それに対する差別,脅威,または使用と関連し,悩み,迫害,または威嚇は運動することまたは 意見と表現の自由の権利の運動に推進させることに努めている人で導いた,情報の分野で最優先の問題としてジャーナリストまたは他のプロフェッショナルに対して含む;
(*長すぎる英文で,まともな日本語に訳せない。)

(b) To seek, receive and respond to credible and reliable information from Governments, non-governmental organizations and any other parties who have knowledge of these cases;

政府,非政府組織,およびこれらのケースを知っているいかなる組織からであっても 信頼できる情報を探し,受け取り,対応すること。

(c) To make recommendations and provide suggestions on ways and means to better promote and protect the right to freedom of opinion and expression in all its manifestations; and

全ての兆候における意見,表現の自由への権利をよりよく促進し,保護する方策において助言し,提案すること,そしてー

(d) To contribute to the provision of technical assistance or advisory services by the Office of the United Nations High Commissioner for Human Rights to better promote and protect the right to freedom of opinion and expression.

意見と表現の自由の権利をよりよく促進し,保護するために,国連人権高等弁務官事務所による技術援助の供給 あるいは 助言業務に寄与すること。

Working methods

作業要領

In the discharge of his mandate the Special Rapporteur:

特別報告者の委任業務遂行において :

a) Transmits urgent appeals and letters of allegation to Member States on alleged violations of the right to freedom of opinion and expression. The Special Rapporteur summarises these communications as well as replies received from Governments in an annual report submitted to the Human Rights Council.

意見と表現の自由の権利侵害に関し,メンバー国に対し 緊急の訴えと申し入れの手紙を送る。特別報告者は,これらの交信を,人権協議会に提出された年次報告書への政府から受け取った回答と共に,要約する。

b) Undertakes fact-finding country visits.

実情調査のための国訪問を請け負う。

c) Submits annual reports covering activities relating to the mandate to the Human Rights Council and to the General Assembly (starting in 2010 for the latter).

人権協議会と総会に 委任事項に関連する活動をカバーする年次報告書を提出する(2010年開始以降)。

*************************************

情報を得る組織の信頼度が問題であり,報告者自身の思想・資質に大きく影響しそう。
事実は どの組織から入手しても同じと思えますが,偏らない報告をするには,対立する考えの組織への接触も必要と思えます。

|

« 見出しに見る「勘違い」(その304) | トップページ | 見出しに見る「勘違い」(その305) »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 見出しに見る「勘違い」(その304) | トップページ | 見出しに見る「勘違い」(その305) »