« 同じ Shaver が二つ。 | トップページ | 「バンニーキルク」又は 「ファン・ニーケルク」の 200m予選を観た。 »

2017年8月 8日 (火)

「歩きスマホ」専用レーンがある町?

朝日新聞の天声人語に 「歩きスマホ」を 英語では ‘smartphone zombie’というと書いてありました。

なるほどと思って 英文 Wikipedia を見るとさらに面白いことを書いていました。

部分転載します。

A smartphone zombie (German: smombie) is a pedestrian who walks slowly and without attention to their surroundings because they are focussed upon their smartphone. This is now a significant safety hazard as distracted pedestrians cause accidents. Cities such as Chongqing and Antwerp have introduced special lanes for smartphone users to help direct and manage them.

「スマートフォン・ゾンビ」は,スマートフォンに熱中してゆっくり,かつ 周囲に気配りしないで歩く歩行者のことである。これは,今や,不注意な歩行者を原因とする事故を起こす著しく安全を害する危険行為である。
重慶やアントワープのような町では,スマートフォン使用者を導き,管理するための特別レーンが設けられている。

In 2014, China had over 5 hundred million smartphone users and more than half of them have a phone addiction. In Chongqing, the government built a cellphone sidewalk, separating the phone users and the non-cell phone users.  In Hong Kong, they are called dai tau juk (the head-down tribe).

2014年,中国には 5億人を超えるスマートフォン・ユーザーがおり,その半分以上がスマートフォン依存症と言われる。
重慶市では,スマートフォン・ユーザーとそうでない人を分けるために,市当局が スマートフォン・サイド・ウォーク(原文は 携帯電話 サイド・ウォーク)を造った。
香港では 彼らは 「ヘッド・ダウン族」と呼ばれる。

*************************************

何と 「スマートフォン・ゾンビ専用歩行レーン」です。
真っ当な方は 決して足を踏み入れてはいけません。
普通に歩いていても 歩きスマホ(族)にぶつかるくらいなので,スマートフォン・ゾンビだけが歩くレーンでは 前を見て歩いている人(ゾンビ)が誰もおらず,一方通行であっても 立ち止まるゾンビがいて,互いにぶつかってばかりの大混乱になりそうで見ものです。
そのうち 「ゾンビ・レーン」と呼ばれることになるでしょう。

|

« 同じ Shaver が二つ。 | トップページ | 「バンニーキルク」又は 「ファン・ニーケルク」の 200m予選を観た。 »

つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 同じ Shaver が二つ。 | トップページ | 「バンニーキルク」又は 「ファン・ニーケルク」の 200m予選を観た。 »