« 見出しに見る「勘違い」(その308) | トップページ | 見出しに見る「勘違い」(その309) »

2017年9月20日 (水)

『エイリアン:コヴェナント』を観た。

言うまでもないSFホラー映画 『エイリアン:コヴェナント』(‘Alien: Covenant’,2017) を観ました。
「コヴェナント」(Covenant) は 宇宙船の名前で,意味としては 「約束,合意,協定」で 「〔聖書における神とイスラエル人との〕契約」という意味もあります。

AliencovenantbAliencovenantd








「エイリアン」の映画は 本作を含めて 下記 8作が作られています。
末尾の西暦は 舞台となった時代(推定を含む)です。

A. 本編(Main series)
「エイリアン」(‘Alien’,1979) 2122年,監督:リドリー・スコット
「エイリアン2」(‘Alians’,1986) 2159~2179年,監督:ジェームズ・キャメロン
「エイリアン3」(‘Alien 3’,1992) 2270年,監督:デヴィッド・フィンチャー
「エイリアン4」(‘Alien Resurrection’,1997) 2470年,監督:ジャン=ピエール・ジュネ

B. 前日譚(Prequel series)
「プロメテウス」(‘Prometheus’,2012)  2089年~2093年,監督:リドリー・スコット
「エイリアン:コヴェナント」(‘Alien: Covenant’,2017) 2104年,監督:リドリー・スコット

C. スピンオフ編(Others)
「エイリアンVSプレデター」(‘Alien vs. Predator’,2004)  2004年,監督:ポール・W・S・アンダーソン
AVP2 エイリアンズVS.プレデター」(‘Aliens vs. Predator: Requiem’,2007) 2004年,監督:グレッグ/コリン・ストラウス兄弟

本編一作目の「エイリアン」公開前(40年近く前),後の「プロメテウス」で明らかになる 「エンジニア」である 「スペースジョッキー」の化石の写真と共に,雑誌で紹介されたときの取り扱いは,明らかに 「B級映画」,「キワモノ映画」のそれだった記憶がありますが,公開後は評判になり,監督のリドリー・スコットと主演のシガニー・ウィーバーの出世作となって,今や SFホラー映画の古典とまで呼ばれるようになりました。
その リドリー・スコット監督の 「プロメテウス」に次ぐ,本編 「エイリアン」の前日譚で,本編一作目「エイリアン」の18年前の出来事です。

話はー

【プロローグ】  実業界の大物 ウェイランド社社長ピーター・ウェイランドが 新しく起動したアンドロイドと話している。その名前 「ディヴィッド」は ミケランジェロの彫刻 「ダヴィデ」のレプリカに因んで付けたものである。
ウェイランドは ディヴィッドに人類の創造主を一緒に探す日のことを話した。
(このシーンは 時間的には 前作 「プロメテウス」の前であり,エイリアン誕生に大きな意味があります。そして話が始まります。)

2104年,プロメテウスの遠征から11年後,植民船 コヴェナントは2,000人の移住者と 1,140の「(ヒト)胚芽」を乗せて 遠く離れた惑星 「オリガエー6」に向かっていた。船は,ディヴィッドと肉体的(顔も)に同じ新しいアンドロイド,ウォルターが監視していた。

途中,恒星のニュートリノ爆発で船が損傷し,40人の移住者が死亡した。ウォルターは船のコンピュータ(マザー)に,クルーを人工冬眠から目を醒まさせるよう指示した。
船長のジェイク・ブランソンは 冬眠ポッドが故障し,焼死した。

船の修理中,クルーは近くの惑星からの信号を受信する。
調べると 人類の居住条件を満たす惑星であり,向かっている 「オリガエー6」到着が数年先であるのに比べれば 数ヶ月で到着する。
新しい船長のオラムは,ブランソンの未亡人 ダニエルズの 「2,000人の移住者を危険に曝す」との反対にもかかわらず,その星の調査を決定する。

そして 星に調査に向かうが,・・・ 。

この星こそ,前作で,宇宙探査船プロメテウス号に乗り込んだ考古学者 エリザベス・ショウが 「このメッセージを受信しても決して発信源を探すな」 という警告を残した 死の星 「LV-223」だった。

唯一人(?)生き残ったディヴィッドがこの星でやっていたことは?

*************************************

遂に エイリアン(正式名称 ゼノモーフ ‘xenomorph’)誕生の秘密が明らかにされました。

次作が予想される終わり方をしています。

|

« 見出しに見る「勘違い」(その308) | トップページ | 見出しに見る「勘違い」(その309) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 見出しに見る「勘違い」(その308) | トップページ | 見出しに見る「勘違い」(その309) »