« 見出しに見る「勘違い」(その310) | トップページ | 見出しに見る「勘違い」(その311) »

2017年9月27日 (水)

中国と韓国の ‘rating’はどうだろう。

World_2017BBC World Service が 2016年12月から 2017年4月にかけて 19ヶ国,17,910人に ‘whether their influence in the world is “mostly positive” or “mostly negative.”’の質問によるアンケートを 17ヶ国を調査対象に実施した結果,2017年度 「世界に良い/悪い影響を与える国」(The Country Ratings Poll を 7月3日に発表しました。

日本と米国については先に示したので,ここでは 隣国 中国と韓国について書きます。

ChinaSouth_korea

左上図が中国,右上図が韓国に対する投票結果です。

・世界平均で ポジティブ:ネガティブ が
          中国          41% : 42%
          韓国          37% : 36%
    と 両国とも 絶対値は違いますが,ポジティブ,ネガティブが拮抗しています。

・韓国は “Depends”(一概に言えない),“Neither/Neutral”(どちらでもない), “DK/NA”(わからない/答えない)ー要するに白紙投票が中国より多い結果になっています。

過去3回(2012年,2013年,2014年)と今回の調査結果の,ランキングと ポジティブ,ネガティブ % の推移を下表に示します。

China_4_years_resultsSouth_korea_4_years_results

左表が 中国,右表が 韓国です。わかることはー

・ランキング(世界に良い影響を与える)は 常に中国が韓国より上位。
・韓国は 「答え無し」が多く,世界的に判断材料が乏しいー良くも悪くも印象が薄い,目立たないー国と見られている。
・韓国は 過去4回とも 「ポジティブ」が 「ネガティブ」より多いが,その差が小さくなりつつある。

それにしても 中国を 「世界に良い影響を与える国」と思っている人が 40% 以上いることに驚きました。

目にし,耳にする中国の情報が偏っているとしか考えられません。
中国の,例えば 南シナ海での傍若無人な領土(領海)拡大主義による横暴な活動,韓国のTHAAD配備への報復としての市場経済の原則無視,共産主義国家としての全ての面での有無を言わせぬ統制などを知っていて 「世界に良い影響を与える国」とは,まともな人の判断ではありません。

いずれにせよ,世界は 日本と この二つの国を 大きな差をもって見ていることは明らかであり,自惚れることはありませんが,自信をもつことは許されるでしょう。

|

« 見出しに見る「勘違い」(その310) | トップページ | 見出しに見る「勘違い」(その311) »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 見出しに見る「勘違い」(その310) | トップページ | 見出しに見る「勘違い」(その311) »