« 米国大統領は信頼できるか? | トップページ | 何故か 「バルーバの冒険」が・・・ »

2017年9月24日 (日)

トランプ演説に対する金正恩の声明全文。

9月19日の国連総会でのトランプ大統領の演説に対して,金正恩朝鮮労働党委員長が強く反発する声明を出したと報じられ,かなり,乱暴な言葉が紹介されていました。

金正恩の声明の全文はどのようなものだったのかを知りたくて,9月22日付け ‘The New York Times’の ‘The Full Text of Kim Jong-un’s Response to President Trump’を読んでみました。
原文の朝鮮語は読みようがないので英文で我慢します。

以下に全文を拙訳と共に転載します。
*************************************

Kim Jong-un, the North Korean leader, has responded to President Trump’s vow at the United Nations to “totally destroy” North Korea if it threatened the United States or its allies. His remarks, released on Friday by KCNA, the North Korean state news agency, were believed to be the first time a North Korean leader directly issued a statement to the world under his name. Here is the full text:

合衆国 もしくは 同盟国を脅すなら,北朝鮮を 「完全に破壊する」というトランプ大統領の国連での演説に,北朝鮮のリーダー 金正恩が反応した。
金曜日(22日)に,KCNA(国営・朝鮮中央通信)がリリースした彼の発言は,北朝鮮のリーダーが自身の名前で 世界に直接公開した初めての声明だと思われる。
ここに,そのフルテキストを示す:

The speech made by the U.S. president in his maiden address on the U.N. arena in the prevailing serious circumstances, in which the situation on the Korean Peninsula has been rendered tense as never before and is inching closer to a touch-and-go state, is arousing worldwide concern.

より拡大する深刻な状況下での,米国大統領の,国連での彼にとって初めての演説は,朝鮮半島の状況をかつてないほどの緊張をもたらし,一触即発の状態に徐々に近づけて,世界的な懸念を引き起こす。

Shaping the general idea of what he would say, I expected he would make stereotyped, prepared remarks a little different from what he used to utter in his office on the spur of the moment as he had to speak on the world’s biggest official diplomatic stage.

彼が言いいたいことの概略の考えをまとめると,彼は型にはまった,準備された発言を,世界最大の公式の外交のステージで話さなければならない時に,思いつきでいつも事務所で言っていることから 少し変えたもののようである。

But, far from making remarks of any persuasive power that can be viewed to be helpful to defusing tension, he made unprecedented rude nonsense one has never heard from any of his predecessors.

しかし, 緊張を静めるのに役立つように見られうる如何なる説得力があるパワーの発言をするのとはかけ離れて,どの前任者からも決して聴いたことがない,前代未聞の無礼な発言をした。

A frightened dog barks louder.

脅える犬は,より騒々しく吠える。

I’d like to advise Trump to exercise prudence in selecting words and to be considerate of whom he speaks to when making a speech in front of the world.

私は,トランプに,言葉を選ぶときの慎重さの訓練と,世界を前にスピーチする時に誰に対して話しているかを熟慮することをアドバイスしたい。

私は,必ず,最終的に,精神錯乱した米国の老いぼれを火をもって飼いならす。

(転載了)
*************************************

単に 脅しだけではなく,色々 言いたいことがあるようです。

(参考までに) トランプ大統領を罵倒するのに使われた言葉は以下の通りです。
朝鮮語からの翻訳で 変わっている可能性はありますが,・・・ 。

dotard’:老いぼれ,もうろくしている人
rogue’ :悪漢,ごろつき,悪党,不良,ならず者,詐欺師
deranged精神が錯乱した
gangster’,‘frightened dog

|

« 米国大統領は信頼できるか? | トップページ | 何故か 「バルーバの冒険」が・・・ »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 米国大統領は信頼できるか? | トップページ | 何故か 「バルーバの冒険」が・・・ »