« 今年のIHO総会の前にも White Houseへの陳情があった。 | トップページ | 統計的数値でみる米国の銃社会の実態 »

2017年10月 2日 (月)

Dyson のコードレス掃除機を買い替えた。

4年余り使っていた Dyson コードレス・クリーナー DC45 が壊れたので買い換えました。

2014年1月からの退職後の生活で 毎日の掃除機操作担当になることが その1年前に決定し,それではと,できるだけ簡単に掃除可能なように,前年 2013年の2月に DC45を購入しました。 その時点では 最新タイプでした。

以来,2013年は毎土曜,2014年からはほぼ毎日 私が使用していました。

Img_2880DC45 の壊れた部分は もっとも力がかかる,クリアビンの,ホースをつなぐパーツの付け根です。
クリアビンとは 機械的な差し込み(埋め込み?)で結合されているようで,その結合部のどこかが 折れたか,摩耗したか,曲がったかで 手におえそうにないので 諦めました。

あがきで,プラスティック用アロンアルファで周囲の接着を試みましたが失敗しました。

過去発売された Dysonの コードレス・クリーナーの Model/歴史は 次のとおりです。(おそらく)

                                         吸込仕事率
    Model    発売年月    通常モード    MAXモード
_____________________

    DC35 : 2011/2         28WA            65WA
    DC45 : 2012/9         28WA            65WA
    DC62 : 2013/10       28WA           100WA
    DC74 :  2014/10       28WA           100WA
    V6     :  2015/5         28WA           100WA
    V8     :  2016/5         28WA           115WA

    V7     :  2017/5         21WA           100WA

Model内にも 付属品や 詳細仕様の違いにより いくつかの種類があります。

DC45」の仕様に不満はなかったので 値段だけを考え,「ジャパネットたかた」(初めて)で 安く売られていた,古いタイプの 「DC62」 としました。
それでも 充電時間 5.5Hr.3.5Hr. に短縮,トリガー・スイッチが軽くなっており,吸塵力も増大と,改善されているようです。

Net_shop
税・送料込み \33,156 で,前の「DC45」 が \46,689 だったので,1万円以上安い値段でした。

Img_2890Img_2892

Img_2894梱包と パーツ一式。

オプションの 「ソフトブラシ」と 「延長ホース」が付いています。

箱には ‘V6’と書いており,本体 底には ‘DC62’と書いています。
V6’と ‘DC62’の関係,違いがよく分らなくなりましたが,性能を果たせばいいことにします。

Img_2899Img_2898

フィルター位置が変更になっていて,本体 トップに差し込む形で設置されていて,取り出し易くなっていました。

Store_45_3Store_62前機と同じ本棚の側板に充電を行うブラケットを付け替え,セット終了しました。

|

« 今年のIHO総会の前にも White Houseへの陳情があった。 | トップページ | 統計的数値でみる米国の銃社会の実態 »

mono」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 今年のIHO総会の前にも White Houseへの陳情があった。 | トップページ | 統計的数値でみる米国の銃社会の実態 »