« 見出しに見る「勘違い」(その318) | トップページ | 青森で作られた「シベリア」を広島で食す。 »

2017年10月26日 (木)

映画 『猿の惑星: 聖戦記』 を観た。

猿の惑星: 聖戦記(グレート・ウォー)』(‘War for the Planet of the Apes’,2017)を観ました。

Warfortheplanetoftheapes2017_b
宇宙飛行士役のチャールトン・ヘストンが,波寄せる砂浜に膝をつき,嘆き,叫ぶ衝撃的ラストのオリジナル第一作を学生時代に観てから 半世紀が経とうとしています。

以前に紹介しましたが,過去に公開された 「猿の惑星」と共に 今回の映画が,どのような位置にある映画かを示すと,プロデューサー毎に次のようになります。

Ⓐ 【アーサー・P・ジェイコブスArthur P. Jacobs19221973)制作】
1968年 猿の惑星 ‘Planet of the Apes 

1970年 続・猿の惑星 ‘Beneath the Planet of the Apes’

1971年 新・猿の惑星 ‘Escape from the Planet of the Apes
1972 猿の惑星・征服 Conquest of the Planet of the Apes’ 

1973年 最後の猿の惑星 ‘Battle for the Planet of the Apes

Ⓑ 【リチャード・ダリル・ザナックRichard Darryl Zanuck19342012)制作
2001 猿の惑星Planet of the Apes
   
(*1968年の第一作の “re-imagining” で作られた。)

Ⓒ 【ピーター・チャーニンPeter Chernin1951制作】
2011
 猿の惑星:創世記(ジェネシス) ‘Rise of the Planet of the Apes

2014年 猿の惑星: 新世紀(ライジング) ‘Dawn of the Planet of the Apes’

2017年 猿の惑星: 聖戦記(グレート・ウォー) War for the Planet of the Apes

本作,シリーズの第三作は オリジナル シリーズ(勿論とも)とは 無関係のストーリーです。
関係あるとすれば 猿が地球を支配するようになった経緯を描いていることです。

前作 「新世紀(ライジング)」 Dawn of the Planet of the Apes’で明らかになったこと,チンパンジーのシーザー,そして 猿(Ape)に知性を与えた薬品(Simian Flu),すなわち人類滅亡ー感染初期は喋れなくなり,知性を失うーの原因となったウィルスはさらに拡散しています。

ますます知性を増し,危険になっていった猿の種族を滅ぼすために軍隊が出動してから 2年後,2つの種の間の破滅的な戦争がはじまり,シーザーに率いられる猿の一族は,謎めいた大佐に率いられる 「アルファ・オメガ」として知られる残忍な民兵組織から森で攻撃を受けます。かつて シーザーに対してクーデターを起こして失敗し,サンフランシスコに生き残った人間に対して復讐の攻撃を仕掛けた後,戦争を始めた,凶暴で 人間に対する憎しみに溢れたボノボの「コバ」に従った西ローランド・ゴリラのレッドは 「ドンキー」と呼ばれる アルファ・オメガの猿の兵士になっていました。

邦題の「聖戦」は,決して 猿の,人間に対する戦いをさすものではありません。

アルファ・オメガに囚われた シーザーに対する 「大佐」の話に,‘Holy war’が使われます。

This is a holy war. All of human history has led to this moment. If we lose, we'll be the last of our kind. It will be a planet of apes, and we'll become your cattle.”(これは聖戦だ。全ての人間の歴史はこの瞬間まで続いてきた。もし,我々が負ければ,我々は最後の人間になる。猿の惑星となれば,我々は お前たちの家畜になる。)
(*英語の表現そのものは正確ではないかもしれません。)

大佐の,この洞察は正しく,この語りが,この映画の,このシリーズの全てを示しています。

映画は シーザーを中心とする ‘Ape’を中心に描かれ,キャラクターがある人間(名前があるキャスト)は 「大佐」(The Colonel),アルファ・オメガの兵士 「プリ-チャー」,シーザー達と行動を共にする,喋れない少女 「ノヴァ」の 3人のみです。

但し,喋れる(英語を) 猿は 2頭,シーザーと,途中で出会う,動物園から逃げて生き延び,1頭で生活していた チンパンジー ‘Bad Ape’(臆病だが悪役ではない)のみです。

|

« 見出しに見る「勘違い」(その318) | トップページ | 青森で作られた「シベリア」を広島で食す。 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 見出しに見る「勘違い」(その318) | トップページ | 青森で作られた「シベリア」を広島で食す。 »