« TVでの面白い発言(その36) | トップページ | 箸の持ち方が気になって・・・ 。 »

2017年10月13日 (金)

久しぶりの シャーリー・ナイト

10月10日夜,BSフジ放映の 「コールドケース」で 懐かしい女優を見ました。

「コールドケース」(COLD CASE)は 2003年から2010年にかけて ワーナー・ブラザースが制作し,CBS で放映された刑事ドラマで,フィラデルフィア警察の未解決殺人事件を専門に扱う部門(主役は女性刑事)が,数年前から数十年前に発生した殺人事件を解決する経過を描いています。米国には 昔から時効がないので 何十年経っていようが犯人は逮捕されます。

日本では 2016年10月から WOWOWで放映されたようですが,現在は BSフジで観られます。

Img_3026Img_3027

今回は 米国で 2004年10月に放映された シーズン2の2話(通算25話)で 「軍需工場」(“Factory Girls”)のタイトルでした。

Img_3029Img_3030








殺人事件(当時は事故扱い)は 1943年に軍用機を製造する工場で発生しており,捜査するのは 2004年なので 61年前の事件です。

このドラマでは事件発生時の様子も描かれ,この回の1943年はおそらく シリーズで最も古い話となり,衣装は勿論,ヘア・スタイル,車などが見もので,今回の軍用機製造工場も不自然にならないようセットが組まれていました。製造中の機体は,そのラインから 「P-51 マスタング」(North American P-51 Mustang)のようです。

Img_3040Img_3038

Img_3033久しぶりに見た女優は シャーリー・ナイト(‘Shirley Knight’,1936~ )です。

彼女が登場してすぐに録画を巻き戻して,オープニングでの ‘SPECIAL GUEST STAR’との紹介を確認しました。

この回が制作されたのが 2004年なので,この時の彼女は 68歳,私より一回り年上なので,現在の私とほぼ同じ年齢でした。(但し,演じているのは 80歳代半ばの役。)

彼女が出演した,記憶に残る映画は次のとおりです。

渇いた太陽」(“Sweet Bird of Youth”,1962) ・・・TVで
あしやからの飛行」(“Flight from Ashiya”,1964)
グループ」(“The Group”,1966)
雨の中の女」(“The Rain People”,1969)
ジャガーノート」(“Juggernaut”,1974)
ポセイドン・アドベンチャー2」(“Beyond the Poseidon Adventure”,1979)
恋愛小説家」( “As Good as It Gets”,1997年)・・・ 米国からの出張帰りの機内で

Shirley_knight_04    「恋愛小説家」で,ヘレン・ハントの母親役で出演しているのを 機内のシートに付いた小さなディスプレーで見た時,変わりように驚きました。それ以前,彼女を最後に見たのが 「ポセイドン・アドベンチャー2」(右写真 42,3歳)で,「恋愛小説家」では 60歳になっており,その間,一度も見たことがありませんでした。

TV映画では  「逃亡者」(“The Fugitive”,1964,1966)などで見ています。

デスパレートな妻たち」(“Desperate Housewives”,2005年 - 2007年)にも出たらしいのですが,観ていません。

もっとも好きな映画は 大学生のとき観た,フランシス・F・コッポラ監督の 「雨の中の女」です。この時代,好きな女優を一人挙げるなら シャーリー・ナイトでした。

輝ける60年代(50年代?)の彼女ですー

Shirley_knight_01
Shirley_knight_02Shirley_knight_05

|

« TVでの面白い発言(その36) | トップページ | 箸の持ち方が気になって・・・ 。 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« TVでの面白い発言(その36) | トップページ | 箸の持ち方が気になって・・・ 。 »