« Dyson のコードレス掃除機を買い替えた。 | トップページ | 見出しに見る「勘違い」(その312) »

2017年10月 3日 (火)

統計的数値でみる米国の銃社会の実態

10月1日夜,死者50人以上,負傷者400人以上の,米国史上最悪と言われる銃乱射事件が ラスベガスで発生しました。
軽い発射音が響く事件現場が報道されており,その連続する発射音と死傷者の数とからすると 自動小銃(max.50発?)というより ベルト給弾の機関銃の可能性もあるのでは?と,始めは思いましたが,複数(16丁)の銃が部屋に残されていたことからするとマガジンを替えることなく,順に自動小銃を替えて発射したとするのが自然でしょう。
もっともポピュラーな ‘AR-15M16)’なら マガジンは 30発。

米国では銃による大量死傷者が出た事件が発生する度に,銃規制が議論の対象になるようですが,目立った変化はありません。
更に,共和党のトランプが大統領になってこの状況はしばらく続きそうでしたが,この事件による何かの影響はあるのでしょうか。

最近(June 22,2017) リリースされた ‘Pew Research Center’の,統計に基づく 報告 ‘America's Complex Relationship With Guns’(米国の銃との複雑な関係)から 銃社会の一端を紹介します。

調査方法の概要は次の通りです。

・調査はランダム選択による固定電話,携帯電話で 成人に対して実施。
(選択が電話番号。調査回答はネット。)
・調査時期 2017年3月13日~27日,4月4日~18日
・調査人数:3,930人。サンプリング・マージン:±2.8%

ここで対象としている銃は 火薬を用いた 「拳銃」(Handgun),「ライフル」,「ショットガン」の3種類です。

調査報告はかなりの量がありますが,ここでは自分の興味がある項目に限定して紹介します。

1.成人の銃保有者は何% か?
    又,銃の保有者は 平均何丁持っていて その種類は?

Own_gun_3Multiple_guns_2

Gun_type・銃を持っている人 : 30%
・個人としては持ってないが,家族の誰かが持っている:11%
  → 合計すると 銃を持っている世帯 : 41%
      (思ったより 多い。)

・銃を持っている人のうち
       1丁のみが 32%
       2~4丁が37%
       5丁以上が29%
      (トータルすれば 全米国人成人の 約10人に1人が 5丁以上の銃を保有している。)

・銃を1丁持っている人の62% は拳銃。
・銃を複数持っている人で もっとも多いのは拳銃で 72%,ついで ライフル:62%,ショットガン: 54% である。

Carry_handgun2. 拳銃を常に携帯している人はどのくらいいるか?

銃を保有している人のうち

・常に携帯している:11%
・ほぼいつも携帯している:15%
・ときどき携帯している:31%
・携帯することはない:43%

すなわち,「常に」と 「ほぼいつも」を合計すると 26% となり,
銃保有者が 30% なので
全ての米国成人の 7.8% ,100人中 8人が ほぼ常に銃を持ち歩いていることになる。
(俄かには信じがたい値。)

3. 家にいるとき手が届く場所に銃を置いているか?

Gun_reach質問は 「家にいるとき 弾を込めた銃(loaded gun)を 簡単に手にすることができる場所に置いているか?」

銃保有者の約40%は 常に手の届く所に置いています。

逆に(おそらく 暴発などの事故を怖れて)手の届くところには置いてない人は 30%以上 います。

4. 銃の保有割合の,男女,年齢,人種,学歴,地域 による違いは?

Different左図に各カテゴリー毎の銃保有割合を,本人と世帯が分るように示しています。

【男女】 男が39%,女が22%で差がありますが,当然ながら世帯でみれば ほとんど差はありません。

【年齢】 大きな差はありませんが,年齢が増えるにしたがって保有割合はわずかに大きくなっています。

【人種】 白人,黒人,ヒスパニックで差が明確で,白人が一番多く持っています。

【学歴】 「高卒以下」と 「短大/専門」の差は大きくありませんが,「大卒以上」は やや少ないようです。

【地域】 「北東部」,「中西部」,「南部」,「西部」に分けて示しています。「南部」が多く,「北東部」が少ないようです。

【住環境】 「都会」,「郊外」,「田舎」に分けて示しており,明確な差があります。
「田舎」(Rural)では 60%近くの家庭に銃があり,都会の約2倍です。

Reasons5. 銃を保有する理由は?

・自衛:67%,
・狩猟:38%,
・スポーツ:30%,
・コレクション;13%,
・仕事上:8%
  で自衛目的が多いようです。

「仕事上」というのがよく分りませんが,ポリスではない職業で 必要とする職業があるということでしょう。

6. 自衛のために銃を使ったことがあるか?

Shot_gun_yes_no左図は 自分,家族,所有物を守るために銃を使ったことがあるかの質問に対する回答です。

・全成人の 7%

・銃保有者の 17%
   → 約6人に1人が銃を使ったことがあると答えています。

全成人(銃を保有してない人も)の7%の意味は,かつて銃を持っていた人がいるからのようです。

Gun_control_or_not7. 現在 米国の国民は 「銃規制」 or 「銃所持権」のどちらを望んでいるか?

過去18年間の 「銃個人所持規制」と 「銃所持権利保護」の二つの意見の割合を右図に示しています。

8年ほど前までは 「銃規制」派が優勢でしたが,最近は 両派,拮抗しています。

8. 共和党と民主党に差はあるか?

Republican_and_3共和党の銃保有率は民主党のそれの ほぼ2倍です。

米国の銃社会の現状は変わりそうにありません。

昔,出張で米国に行ったとき ショッピング・モールの銃器店で 拳銃の陳列棚を 熱心に観ていたら,店主に 「ほしいのがあるか?」 と話しかけられ,「あるけど,日本では拳銃を持つことは禁止されているから・・・ 」と答えると,驚いたようで, 「日本製もあるのに。」と言われ,一瞬 本当かと思いましたが,「猟銃だけね。」と返したことがありました。

|

« Dyson のコードレス掃除機を買い替えた。 | トップページ | 見出しに見る「勘違い」(その312) »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Dyson のコードレス掃除機を買い替えた。 | トップページ | 見出しに見る「勘違い」(その312) »