« 「ブロアー車」を見たが・・・ 。 | トップページ | 中国と合衆国に対する世界の 「考え方」あるいは 「見方」 »

2017年10月16日 (月)

セウォル号事件で裁かれた人々は?

2014年4月16日,韓国の大型旅客船「セウォル(世越)」号が,全羅南道珍島郡の観梅島沖海上で転覆・沈没し,乗員・乗客 304人,捜索作業員 8人の犠牲者を出す 「2014年韓国フェリー転覆事故」がありました。

3年経って,この事故に関係する裁判がどうなっているのか興味があって調べてみました。

まず,事件(事故)後に報道された 拘束,起訴に関係する当時の報道をみました。

「【2014年6月9日】 合同捜査本部はこの日までに計37人を立件27人を起訴3人を在宅起訴したとされる。(操船乗組員15人全員は殺人罪もしくは遺棄致死で起訴。業務上過失致死罪で船会社である清海鎮海運の7人貨物業者の2人運航管理者の2人を起訴。公務執行妨害(偽計行為)などで救命装備点検業者4人を起訴)。」

「【2014年10月6日】 最高検察庁は,セウォル号惨事に対する最終捜査結果を発表した。『清海鎮海運が船を無理に増・改築し,過剰積載状態で出港した後,船員の運航の過失で沈没した。救助に行った木浦海洋警察署の問題ある対処,救護会社選定過程での不法行為で死亡者が増えた』としている。

「【2014年10月16日】 韓国の最高検察庁が2014年10月16日にまとめた最終報告によれば,計399人を立件し,うち154人を拘束したとされる。」

乗組員の他にも 海運会社社員,貨物業者,救命装備点検業者,海洋警察などが起訴されたようでした。

本件に関わる違法が疑われる行為とその行為者をステージ(項目)毎に考えるとー

1.船の改造,運航仕様(重心と許容載貨重量)などの設定および承認(認可)
    ・・・ 被疑者:造船会社,船会社,韓国船級協会,政府(海洋水産部)

2.日常管理・検査・乗員教育/訓練(水密扉,救命筏・器具など)
    ・・・ 被疑者:船会社,検査・整備会社,韓国船級協会,政府(海洋水産部)

3.事故時の貨物積載(量と方法/過積載+バラスト不足/ラッシング不備)実施・管理/承認
    ・・・ 被疑者:船会社,管理組織(海運組合),貨物業者,乗組員,政府(海洋警察,・・・)

4.運航・操船
    ・・・ 被疑者:乗組員(船会社)

5.事故時の対応(避難指示・誘導,救助連絡・対応)
    ・・・ 被疑者:乗組員(船会社),政府機関(海洋警察,・・・)

と,この船の改造工事以降 事故発生・救助・沈没までに関わった全ての人間,組織に何らかの罪(過失を含む)があったように思えます。

ところが,現在,報道で裁判の結果が明確に分るのは セウォル号の乗組員 15名のみでー
彼等は 「人と殺人未遂,水難救護法違反, 遺棄致死傷罪」で裁かれ

高裁による二審でー
     ・船長:無期懲役(未必の故意による殺人罪)
     ・機関長:懲役10年
     ・その他13人: 懲役 1年6ヶ月 ~ 12年
の判決が下されています。(控訴は不明)

他の被疑者に対する裁判は?
起訴されたのか,不起訴だったのか,裁判はあったのかなど,不明です。
この事件で 裁かれたのが 乗組員 15名だけというのは ありえないと考えますが,どうなっているのでしょう。
乗組員だけが裁かれたのでは 韓国運輸システムの構造的問題は改善されず,事故の再発は避けられないでしょう。

乗組員の他は,微罪のため日本語報道がないのでしょうか?

|

« 「ブロアー車」を見たが・・・ 。 | トップページ | 中国と合衆国に対する世界の 「考え方」あるいは 「見方」 »

つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「ブロアー車」を見たが・・・ 。 | トップページ | 中国と合衆国に対する世界の 「考え方」あるいは 「見方」 »