« TVでの面白い発言(その37) | トップページ | 鉄道でしか行けない秘境の駅? »

2017年11月 1日 (水)

見出しに見る「勘違い」(その319)

「【社説】トランプの初訪韓,短すぎる1泊2日は理解しがたい」  2017/10/16 中央日報・日本語版
   ‘来月,初めてのアジア歴訪を行うドナルド・トランプ米国大統領が,韓国ではたった1泊2日しか滞在しないかもしれないという。これに比べ,日本は3泊4日の可能性が高い。オバマ-ブッシュ-クリントンら元米大統領のアジア歴訪の際は,韓日での訪問日数が全く同じかほぼ同じだった点と比べると,ただ事ではない。
  今回の歴訪は北東アジア諸国との関係強化が目的だが,さらに重要なことは北核問題の解決に向けて関連国と意見を交わすことだ。それでも北核脅威が最も深刻な紛争当事国である韓国を足早に通り過ぎる日程はどこを見ても腑に落ちない。ひょっとしたら「止むを得ず立ち寄る」という印象まで与えかねないものだ。
  外交当局は、日本滞在期間中の2日間は休日である上,量より質が重要だと言い繕うかもしれない。だが、滞在期間の長さも絶対に無視することはできない。ぎこちない関係では,長く一緒に過ごすほどさらに仲良くなるものだ。・・・
  ・・・
  このようなことから、外交当局は今回の歴訪時にトランプが少なくとも日本と同様に韓国に留まるように米政府を説得しなければならない。トランプ大統領の短い訪問が、同盟国の米国からも冷遇されている国というマイナスの印象を残すことになったら、北朝鮮の誤った判断をまねくかもしれないためだ。’
と書いています。
   そろそろ,自国の国際的 あるいは 対米立場/地位と,それによる日本と比較することの無意味さをそろそろ理解できる頃だと思っていました。

「韓国の是正努力も…続く日本の歪曲歴史教科書」  2017/10/17 中央日報・日本語版
   ‘日本の歴史教科書の歪曲内容に対し,韓国政府は是正を引き続き求めているが,これに対する日本側の返答はないことが明らかになった。
    東北アジア歴史財団が国会教育文化体育観光委員会の李チョル圭議員に提出した資料「日本の教科書 韓国関連の是正要求現況」によると,2014年以降,韓国政府は日本の検定教科書92種類を対象に433項目に関する是正を日本側に要求した。
   年度別では 2014年 12種類の検定教科書で 62項目,2015年 18種類・119項目,2016年38種類・121項目,ことしは8月末までで 24種類・131項目が見つかり是正を求めた。
   主要な内容は「慰安婦」問題と「独島」,「壬辰倭乱」,「大和政権と加耶帝国」など,近代史から古代史に至るまで多岐にわたった。
   このような是正内容について,韓国教育部と東北アジア歴史財団は外交部を通じて同資料を日本の文部科学省を通じて伝達したが,日本側からは一件も回答がない状態だ。
   李議員は「数年間にわたって数百件の歴史の誤りを正すように日本側に求めてきたが,何の回答も得られていない」とし 「今からでも主権国家として日本の歴史歪曲に断固かつ厳正に対処しなければならない」と述べた。’
とのことです。
   他の主権国家の教科書に口を出すのは下品です。
   そもそも 歴史を科学ではなく,物語と思っている韓国人と,歴史に関する議論をすることは無駄なことというのが日本人の一般的な考えであり,政府が相手にするはずがありません。
   そもそも 「日本の教科書を是正する」という態度と言葉が,韓国人を,身の程知らずの思い上がりだと日本人が考えていることの自覚が必要です。

国のために,やること,考えることは他にあるでしょうに・・・ 。

|

« TVでの面白い発言(その37) | トップページ | 鉄道でしか行けない秘境の駅? »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« TVでの面白い発言(その37) | トップページ | 鉄道でしか行けない秘境の駅? »