« TVでの面白い発言(その43) | トップページ | 「たちばな」の 『かりんとう』 »

2018年2月25日 (日)

米国人の 51% が 北朝鮮を最大の敵と見做す。

2月19日,‘Gallup’が “North Korea Surges to Top of U.S. Enemies List” (北朝鮮,米国敵対国のトップに躍り出る)のタイトルで,「米国人が敵と見做している国」に関するアンケート結果を発表しました。

冒頭のハイライトにー
  ・米国人の51%は,北朝鮮が米国の最大の敵とみなしている。
  ・北朝鮮を挙げた割合は,2年間で3倍以上となった。
  ・ロシアは全体の19%で,民主党員の30%,共和党員の9%が最大の敵としている。
と書いています。

(以下翻訳転載)
*************************************

  • 調査要領は次の通りー
        このギャラップ調査の結果は,2018年2月1日から10日までの電話インタビューに基づいており,米国50州すべてとコロンビア特別区に住んでいる18歳以上の成人1,044人の無作為標本をもとにしている。
       成人の全サンプルに基づく結果に関して,サンプリング誤差のマージンは95% の信頼水準で ±4% で,共和党,無党派,民主党の標本に基づく結果については,サンプリング誤差のマージンは 95%の信頼水準で±6%と±8%の間である。
  • サンプリング誤差の報告されたすべてのマージンには,重み付け計算された設計効果を含む。
  • 『今日,世界のどこの国が米国最大の敵だと思うか?』の質問に対する答えは下表のとおりです。
  • Usas_enemy_list
    これらの結果は,ギャラップが毎年行っている世界調査に基づいており,.2018年2月1日〜10日に実施され,ギャラップは,過去18年間に 「最大の敵は?」という質問を11回している。もっとも最近の世論調査において アメリカ人から 測定可能な割合で指摘された上表以外の国は,イラクと米国で,それぞれ 2%である。

  • 北朝鮮が米国の大きな敵であるロシア,中国,イランと結ばれていた2016年以来,両国の緊張が高まっていることを考えると,北朝鮮の米国敵対国のトップへの上昇は驚くべきことではない。
  • 米国と北朝鮮の関係は何十年も緊張状態にあって,2017年に沸点に達した。北朝鮮のミサイル実験と核戦争の脅威が,金正恩と ドナルド・トランプの間の 2018年まで続いている言葉の戦争に火をつけた。

  • North Korea, China and Iran Have Been Mainstays on the List of U.S. Enemies
    北朝鮮,中国,イランが米国の敵国リストの常連になった。

    2001年から2008年にかけて,イラクが米国の敵国リストの1位または2位だった。2001年には,38%がイラクを最大の米国の敵となって,それが 今年まで 敵国として最も高い割合だった。

  • 特に,2002年から2004年にかけては調査をしなかったが,その頃,米国はイラクとの紛争の準備をしていて,その後,イラクとの戦争に入った。

    北朝鮮がこのリストでトップになった過去の唯一の時期は,イラクとの関係をもった2005年だった。それ以来,北朝鮮,イラン,中国は,米国の敵リストで一貫して高い割合を示している。

  • イランと北朝鮮は,ともに米国に対する軍事的脅威であるが,中国は主に経済的脅威となっている。
  • Trend_from_2001

    歴史的には,ロシアはこのリストの下位に向かっていたが,ここ数年は上向き(more prominent)になっている。

  • バラク・オバマ政権は,2012年のプーチン大統領の選挙後,ロシアとの緊張度を高まらせ,2016年の大統領選挙でのロシアの干渉は,多くのアメリカ人,特に民主党員と無党派の怒りを買った。

    Party Differences in Perceptions of Russia and North Korea as U.S. Enemies
    米国の敵としてのロシアと北朝鮮への認識の,党派による違い

    2016年の選挙におけるロシアの介入は,最大の敵国として挙げられたロシア 19%,ギャラップの調査では最大値ーは重要な要素となっていそうである。民主党が最大の敵としてロシアを挙げるのは 共和党の約3倍であり,無党派は約2倍の割合である。

  • 共和党員は,民主党員よりも,北朝鮮を最大の敵とする割合が高く,58% 対 45% となっている。また,中国やイランを挙げるのは,民主党より若干多い。

  • Bottom Line
    ボトムライン

    制限のない質問に対するアメリカ人の答えは,特に質問が明白でない限り,しばしば1つの回答に集中しないが,「最大の米国の敵」という質問の場合,最近の北朝鮮との緊張の高まりが,アメリカ人の大多数にとっては最優先事項となる。

    ロシアは北朝鮮に次いで 2番目に多いが,これは共和党員よりも多くの民主党員に敵と見做されており,2016年の選挙でのロシアの干渉が,一部の党派グループにとって特に危険とされていることを示唆している。

    イランと中国は,北朝鮮とロシアが最近のニュースを独占している中で,背景にフェイドインしているが,アメリカ人の意識(Americans' radar)には残っている。

  • (転載了)
    *************************************

    「最大の敵」と 一国だけの選択なので この結果は当然でしょうが,1位~3位を選択させれば 中国がどうなるのか興味があります。
    中国を最大の敵とするのが 11% というのは やや楽観的すぎるような・・・ 。
  • |

    « TVでの面白い発言(その43) | トップページ | 「たちばな」の 『かりんとう』 »

    ニュース」カテゴリの記事

    コメント

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    « TVでの面白い発言(その43) | トップページ | 「たちばな」の 『かりんとう』 »