« 見出しに見る「勘違い」(その351) | トップページ | 見出しに見る「勘違い」(その352) »

2018年2月22日 (木)

‘NBC’が謝罪した件を,‘FORTUNE’が擁護した。

冬季オリンピック開会式中継における NBC放送の解説者 ジョシュア・クーパー・ラモ(Joshua Cooper Ramo)氏の発言 “Every Korean will tell you that Japan is a cultural, technological and economic example that has been so important to their own transformation.” (全ての韓国人は,日本が 自分たちの変革にとって非常に重要な,文化面,技術面,経済面での模範であることを,あなた(安倍首相)に伝えるだろう。)に韓国人が怒り,NBCが謝罪して ラモ氏を放送から外す,という事件がありました。

この事態に関して 米ビジネス誌‘FORTUNE’が 2月12日に Commentary: Joshua Cooper Ramo’s South Korea Comments Contain Important Pieces of Truth(「解説:ジョシュア・クーパー・ラモの韓国へのコメントは,真実の重要な部分を含んでいる」)の見出しの解説記事を掲載しています。

次に翻訳転載します。

*************************************

NBCのアナリスト、ジョシュア・クーパー・ラモ(Joshua Cooper Ramo)氏は,金曜日の平昌オリンピック開会式において,「全ての韓国人は,日本が 自分たちの変革にとって非常に重要な,文化面,技術面,経済面での模範であることを,あなた(安倍首相)に伝えるだろう。」と述べ,多くの韓国人を怒らせた。

NBCは,「韓国人がこのコメントによって侮辱された」と理解して直ぐに謝罪し,ネットワークはラモ氏を残りの試合放送から外すことを決めたと韓国タイムズが報じた。

彼の解説には 真実の重要な要素が含まれており,彼を放送から外したことは極めて残念だ。

朝鮮戦争は,第二次世界大戦で日本経済が荒廃したのと同じように,韓国経済を壊滅させた。
1961年の軍事クーデターに続いて朴正煕が韓国で権力を獲得するまで,韓国には持続的な経済成長期は存在しなかった。
朴は,1979年に暗殺されて以降 何十年にもわたる経済成長の道を開いた経済政策を課した独裁主義的リーダーだった。

朴氏は日本の占領下で成長し,日本の士官学校で教育を受けた。彼は二度,朝鮮名を捨て,日本名を名乗った。 1963年に大統領制をとった後,彼は日本軍国主義の要素を取り入れ,日本の経済政策を模倣して韓国を成長させた。

日本の成長の大部分は通商産業省(MITI:Ministry of International Trade and Industry)が管理し,韓国商工省(MCI:Ministry of Commerce and Industry)は それを真似て形作られた(patterned on it)。

造船,自動車,鉄鋼,エレクトロニクスなどの重工業に投資し,大企業グループの支配下に 国の生産力の大部分を占めさせる韓国の決定は,第二次世界大戦の終わりまでの経済を牛耳った日本の財閥グループを模倣した政策を反映している。

ラモ氏は,日本が 「1910年から1945年に韓国を占領した」ことの認識を,そのコメントの前置きとした。彼は,多くの韓国人が,日本が占領中に 朝鮮人にとった残虐な扱いへの憤慨を持ち続け,今日まで日本が十分な悔悟の念を示してないと信じていることを指摘するコメントも含めるべきだったかも知れない。

これは,安倍晋三首相が,日本の過去の,韓国への仕打ちに対する,新たな謝罪を拒否していることから,冬季オリンピックに出席するべきではないと多くの韓国人が信じていることからもわかる。ラモ氏,明らかに これら全てを知っていた。

そして,もちろん,ラモ氏は,「すべての韓国人たち」が日本の影響力を認めていると,不要な誇張法を使ったことは間違いない。しかし,コメントを端的に述べなければならない生中継放送だったことを理解しておく必要がある。

韓国人は,自国の成長が 自身の文化や歴史が反映されたということを誇らしく思っているが,近年,韓国はまた,米国や中国をはじめとする他の国々からも学んできた。しかし,ラモ氏は,韓国が,日本から,いかに多くのことを学んだかに注目していた。

(転載了)
*************************************

著者:ノーマン・パールスティーン(Norman Pearlstine)。1970年代 ウォール・ストリート・ジャーナルで日本・韓国 担当記者出身。 元タイム誌 編集局長。

「ラモ氏が言ったことは真実。」と,ラモ氏 擁護の内容です。
占領したことと 発展の模範になったこととは別問題です。

東アジア事情,歴史に通じ,客観的思考をする知識人,教養人なら 人種,国籍,宗教を問わず 同じ見解でしょう。

ラモ氏は 「韓国人の多くが,冷静に自己と歴史を見つめることができない,非理性的人々であること」の認識を 一層深めたことでしょう。

|

« 見出しに見る「勘違い」(その351) | トップページ | 見出しに見る「勘違い」(その352) »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 見出しに見る「勘違い」(その351) | トップページ | 見出しに見る「勘違い」(その352) »