« Nation Brand Index (国家ブランド指数) 2017,日本は4位。 | トップページ | 見出しに見る「勘違い」(その353) »

2018年2月28日 (水)

国連人権理事会での韓国スピーチ,日本は容認しない。

2月26日 ジュネーブで開催の第37回 国連人権理事会総会の基調演説で,韓国の康京和 外交部長官が,2015年の日韓合意に反して  「慰安婦」に関する提案を行ったことに対して日本が抗議しました。
(合意に 「韓国政府は,日本政府と共に,今後,国連等国際社会において,本問題について互いに非難・批判することは控える。」が含まれる。)

これを ‘REUTERS’は 2/27付けで 次のように報じています。

(以下 拙訳と共に転載します。)
*************************************

Japan rejects South Korea mention of wartime “comfort women” at U.N.
「国連での,韓国による 戦時中の『慰安婦』発言を日本が否定」

GENEVA (Reuters) - Japan formally complained on Monday after South Korea’s foreign minister raised the issue of wartime “comfort women” at the top U.N. rights body, while warning that it should not be allowed to harm bilateral relations at a critical time in east Asia.
日本は,月曜日,国連人権理事会で 韓国外交部が,戦時中の「慰安婦」問題を提起したことを正式に抗議し,東アジアの重要な時期に 二国間関係に傷をつけるべきではないと警告した。

“Comfort women” was Japan’s euphemism for Asian women - many of them Korean - forced to work in its wartime brothels. Under a 2015 deal, Japan apologized to the women and provided a 1 billion yen (now $9.4 million) fund to help them, but South Korea has recently sought to revisit the issue.
「慰安婦」は,戦争中,売春宿で働くことを余儀なくされたアジアの女性ー多くは朝鮮人女性ーを表わす日本の婉曲的表現である。
2015年の合意で,日本はこれら女性に謝罪し,10億円(現在は940万ドル)の資金を供与したが,最近,韓国はこの問題を再検討しようとしている。

The two U.S. allies, who share a bitter history including Japanese colonization, are key to international efforts to rein in North Korea’s nuclear and missile program.
日本の植民地化を含む苦い歴史を持っている,これら2つの米国の同盟国は,北朝鮮の核・ミサイル計画を抑止する国際的な努力の鍵を握っている。

Kang Kyung-wha, foreign minister of South Korea, did not name Japan directly in her speech to the United Nations Human Rights Council, but called for a “victim-centered approach” to the issue of comfort women.
国連人権理事会の演説で,康京和(カン・ギョンファ)外交長官は,直接 日本を名指しすることなく,慰安婦問題に関する「犠牲者中心のアプローチ」を求めた。

Kang said that the victims, now women in their 80s and 90s, were “still striving to restore their dignity and honour”.
康氏は,現在80歳代と90歳代の犠牲者の女性たちが 「依然として尊厳と名誉を回復しようと努力している」と述べた。

“My government has humbly acknowledged that previous efforts to resolve the issue had clearly lacked a victim-centered approach...my government will take steps to help heal their scars and restore their dignity and honour,” Kang said.
「私の政府は,問題を解決するためのこれまでの努力が,犠牲者中心のアプローチを欠いていたことを謙虚に認めている。私の政府は傷跡を癒し,尊厳と名誉を回復するための措置を講じる」と康氏。

“Japan is of the view that Minister Kang Kyung-wha’s bringing up the issue in her statement this morning is totally unacceptable and I myself conveyed our position to (South Korea‘s) permanent representative here,” he added.
在ジュネーブ国際機関日本政府代表部の伊原純一大使は「康京和外交部長官が今朝の声明でこの問題を提起したことは全く受け入れられず,私は我々の立場を常任理事国としての韓国に伝えた。」と述べた。

A 2015 bilateral agreement had confirmed that the issue was resolved “finally and irreversibly”, even if a government changes - as it had with the election of South Korean President Moon Jae-in last year - Ihara said.
昨年 文在寅氏が大統領に選出されて政府が変わったとしても,2015年に,この問題は二国間の合意で 「最終的かつ不可逆的」に解決されたことを確認している,と伊原氏は語った。

Some 70 percent of the 47 former South Korean comfort women  still alive at the time of the pact had received support from the fund, he said. “Atonement money” had also been provided to former comfort women in the Philippines and Taiwan.
同合意の時点でまだ生存していた47人の韓国人の元慰安婦のうち,70%は資金の支援を受けており,フィリピンと台湾の元慰安婦には「贖罪金」も提供されていた,と述べた。

“In view of the importance of our bilateral relations for peace, prosperity and stability in east Asia and beyond, the two countries also have a responsibility to the international community to steadily implement the agreement,” Ihara said.
「東アジアにおける平和と繁栄と安定のための二国間関係の重要性の観点から,両国は国際社会に対して この合意を着実に実施する責任を負っている。」と伊原氏は述べた。

Kang, in her speech, said that North Korea must heed the call by major powers to abandon its nuclear and ballistic missile programs and allow peace to take root on the divided peninsula.
康氏は,そのスピーチで,北朝鮮は核と弾道ミサイル計画を放棄し,分裂した朝鮮半島に平和をもたらす大国の呼びかけに耳を傾けなければならない,と述べた。

(転載了)
*************************************

前政権時に結んだ慰安婦問題の合意に問題があることを,韓国政府が国際的な公の場で指摘したものであり,康京和長官の言及は,現政権が国際社会に対し,実質的に慰安婦問題の日韓合意を履行しないとの見解を表明したものと解釈できます。

韓国が,政権が変われば 二国間の合意を反故にする国であることを,強くはありませんが,かなり冷静かつ正確にロイターは世界に伝えています。
韓国は,それなりの覚悟があってのことでしょう。

|

« Nation Brand Index (国家ブランド指数) 2017,日本は4位。 | トップページ | 見出しに見る「勘違い」(その353) »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Nation Brand Index (国家ブランド指数) 2017,日本は4位。 | トップページ | 見出しに見る「勘違い」(その353) »