« 韓国のホテルに泊まるときは 覚悟して ー 。 | トップページ | 見出しに見る「勘違い」(その351) »

2018年2月21日 (水)

「おくすり手帳」は 何故 「薬手帳」ではないのだろう。

Dsc_0066処方箋で薬を買うとき 必ず or ほぼいつも 薬剤師に 「『おくすり手帳』 持っていますか?」と訊かれます。これを聞くと 恥ずかしくなります。
「『お薬手帳』は家にあります。」とは とても言えません。

何年か前に 初めて 「おくすり手帳ありますか?」と薬剤師に訊かれた時は 馬鹿にされているのではないかと思ったほどです。

何故  「薬手帳」,あるいは 正確に 「処方医薬品個人管理手帳」(略称・「薬管理帳」)ではなく, 「おくすり手帳」 あるいは 「お薬手帳」なのでしょう。

「薬手帳」に 「お」を付けて 「お薬手帳」と言うのなら 個人の問題なので構いませんが, 「お薬手帳」と印刷されているとあっては その感覚が理解できません。

Wikipedia にも,印刷されたそのままに 「お薬手帳」のタイトルで説明されています。

これは 例えば 「はがき」 に 「おはがき」 と印刷されているようなもので 違和感があります。

この命名のセンスは どこから来るものでしょう。

これに違和感を持たない日本人が増えているのは,犬を 「ワンコ」,猫を 「ニャンコ」 と 大人に対しても言う大人が増えているのと同じで,言葉の幼児化傾向なのでしょうか。

|

« 韓国のホテルに泊まるときは 覚悟して ー 。 | トップページ | 見出しに見る「勘違い」(その351) »

言葉」カテゴリの記事

コメント

 同じ思いの人を探してこちらに。
 「言葉の幼児化」で検索。
 まったく同感です。なんか悲しいニッポンです。
 ありがとうございました。

投稿: 通りすがり | 2020年3月 2日 (月) 11時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 韓国のホテルに泊まるときは 覚悟して ー 。 | トップページ | 見出しに見る「勘違い」(その351) »