« オリンピック開会式のNBC放送の解説者が・・・ | トップページ | ダッフルコートの 「麻紐ループ」が切れそうなので ・・・ 。 »

2018年2月16日 (金)

見出しに見る「勘違い」(その350)

「他国は月面有人基地を競争するが…韓国は月着陸を放棄?」  2018/1/29 中央日報・日本語版
   ‘韓国の月探査計画が座礁している。朴槿恵政権で2020年に予定されていた月着陸計画が現政権に入って 2025-30年に延期されたが,最近また「条件付きの2030年」に変更され,事実上放棄する水準となっている。米国・中国・欧州・日本など宇宙強国が最近,月探査を越えて月面有人基地の建設を目標に競争しているのとは正反対の流れだ。
   ・・・
  宇宙開発振興基本計画のための企画委員会に出席したある教授は「企画委が終わる昨年11月まで小惑星探査は一度も議論されたことがなかったが,その後,外部から突然含められたと理解している」とし「委員全員がなぜ小惑星が突然含まれたのか当惑している」と話した。また「数十年間の大計の宇宙探査計画が政権の政治的目的によって変われば韓国宇宙科学の未来はない」と批判した。’
とのことです。
   「宇宙強国」を持ち出すレベルに至ってない自覚が欠けています。
   まずは 自力で,いつまでに人工衛星を打ち上げるかを設定するところから始めるのがまともな道でしょう。自前のロケットで人工衛星さえ打ち上げられない国が月着陸の目標を設定する神経が真面ではありません。

「位置情報,いつまで米国に依存?…韓国 『衛星7機打ち上げてGPS独立へ』」  2018/1/30 中央日報・日本語版
   ‘これまで米国など宇宙先進国に全面的に依存してきた衛星利用測位システム(GPS)が韓国国内の技術と資本で構築される。科学技術情報通信部は2月5日に開く予定の宇宙委員会で,韓国型衛星航法システム(KSP)の構築を含む第3次宇宙開発振興基本計画を確定する予定だ。
   科学技術情報通信部によると,韓国型衛星航法システムは 3年後の2021年に地上試験場の開発を始め,2022年に衛星航法核心技術の開発,2024年に衛星航法搭載技術の開発などの過程を経て2034年にサービスを開始する。KPS構築のために静止軌道衛星3機など計7機の航法衛星を打ち上げ,運用する。・・・ 7機のKPSを構築するには約2兆5000億ウォン(約2550億円)の費用がかかると推定される。
  ・・・
   今でも米国のGPSを利用していて不便はないが,なぜ2兆5000億ウォンという予算を投入して韓国型衛星航法システムを構築するのか。最初の理由は戦争のような危機状況への対応だ。朝鮮半島地域を中心に戦争が発生する場合,敵軍の利用を防ぐために米国・ロシアなどGPS保有国が信号を遮断する可能性がある。
   ・・・
  このために宇宙強国は先を競ってGPS確保競争をしている。19788年に最初に始めた米国は現在27機のGPS衛星を運用し,ロシアも1982年に始めて現在24機を確保している。
   中国は米国・ロシアなどが主導する衛星航法システムに対抗しようと 2000年から「北斗」という名前のGPSを開発している。・・・
   日本も昨年6月,超精密GPS衛星「みちびき」2号機を打ち上げるなど現在4機のGPS衛星を保有している。欧州連合(EU)も2002年から 「ガリレオプロジェクト」としてGPS構築を始めた。航宇研のホ・チーム長は 「他国の衛星に依存して生じる混乱を防ぐために先進国は先を競って衛星を打ち上げ,『GPS独立宣言』をするだろう」と説明した。’
との報道です。
 月着陸を諦めたと思ったら 今度は,GPS用人工衛星で 「GPS独立宣言」だそうで,完成目標年も設定したようです。とにかく 計画ばかりが多い国です。
  但し,先進国となって先を競いたいなら,まずは 独力で人工衛星を打ち上げるロケットを完成させる計画立案が必要でしょう。

無理と分っていても,壊れるまでは 夢は大きく持ちたいものです。

|

« オリンピック開会式のNBC放送の解説者が・・・ | トップページ | ダッフルコートの 「麻紐ループ」が切れそうなので ・・・ 。 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« オリンピック開会式のNBC放送の解説者が・・・ | トップページ | ダッフルコートの 「麻紐ループ」が切れそうなので ・・・ 。 »