« どの映画を観るか? | トップページ | 個人輸入実績,売ってくれないメーカーもあってー。 »

2018年3月13日 (火)

“Henley Passport Index”,日本は?

CNN travel’に 2018/3/6付けで ‘Henley Index: 2 Asian passports now world's most powerful’(ヘンリー・インデックス:アジア二国のパスポートが世界最強)という見出しの記事があり,‘Henley and Partners’が 2月に発表した‘Henley Passport Index’の内容を引用して世界各国のパスポートの有効性を報じていました。

Henley Passort Index’について,そのサイトで次のように説明しています。

*************************************
The Henley Passport Index ,ビザなしで旅行できる国の数による,世界のすべてのパスポートのランキングである。
このランキングは,国際航空運送協会(IATA)の独占的データに基づいている。このデータは,世界最大かつ正確な旅行情報データベースを維持し,広範な社内調査によって精度を向上させている。
*************************************

上位 67ヶ国,ランク 35 までを下表に示します。

(ここで ‘Score’は,その国の国民がビザなしで入国できる国,地域の数。)

Passport_index
CNN の記事の本文は次のとおりです。

(翻訳転載)
*************************************

国民が世界中の180という多くの目的地(destinations)へ,ビザなしのアクセスを楽しめる国は2ヶ国で,どちらもアジアにある。
現在,日本とシンガポールは,世界市民権と居住に関する諮問会社‘Henley & Partners’ によって編集された‘Henley Passport Index’によると,世界で最も強力なパスポートである。
両国は 179の目的地へのビザなしのドイツを 陵駕した。
これは,ウズベキスタンが 2月初めに日本とシンガポール国民のためにビザの要件を撤廃したことに一部起因している。昨年,パラグアイはシンガポールのパスポート保有者のためのビザ要件も廃止した。
シンガポール国立大学のアジア・グローバリゼーション・センターのシニア・フェロー パラグ・カンナ(Parag Khanna)氏は,裕福なアジア諸国の指数の上昇は続いていると主張している。
「これらの2つの国は,特に平和的な貿易国とみなされ,国民は主にビジネスや投資活動に関心を持っている。」と カンナ氏は声明で述べている。
韓国は デンマーク,フィンランド,フランス,イタリア,スペイン,スウェーデンの欧州諸国と並んで3位にランクされている。韓国のパスポート所有者は178の目的地へのビザなしでアクセスできる。
 
マレーシアも 2018年に11位になり,169の目的地にシームレスな旅行が可能になっている。
米国は176の目的地へのビザなしで入国でき,5位を維持しているートルコと中央アフリカ共和国が,最近 米国のパスポート所有者にビザなしの地位を取り消した最も最近の国であるにもかかわらず。
一方,ロシア連邦は,3位上がって45位となった。
アラブ首長国連邦は,旅行の自由を考えると,この10年の最大の成功事例である。過去10年間で34位上げ,2017年には中国とアイルランドへのビザなし入国を得て,昨年だけで11位アップした。
また,今年後半に発効するように,ブルキナファソとの間でビザ免除契約を締結した。
今年は,ウクライナ(42位)とジョージア(54位)は,2017年の EUとのビザ自由化によって,それぞれ16位アップ,14位アップと最大上昇を示した。
(転載了)
*************************************

真面で,健全で,信頼できる国として あるいは国民として,世界に どのくらい認められているかを示す指標といえるでしょう。

|

« どの映画を観るか? | トップページ | 個人輸入実績,売ってくれないメーカーもあってー。 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« どの映画を観るか? | トップページ | 個人輸入実績,売ってくれないメーカーもあってー。 »