« ‘Best Countries’では 5位だったが,‘Most Forward-Looking Countries’では? | トップページ | 14年ぶりの 新刊の直木賞作家。 »

2018年3月 9日 (金)

見出しに見る「勘違い」(その355)

「韓国スケートのオランダ人コーチ『日本海』表記で炎上」  2018/2/26 中央日報・日本語版
   ‘論争となっている女子スピードスケート団体追い抜きとともに韓国人に名を知らせたスピードスケートのコーチがいる。彼は韓国チームコーチのボブ・デヨングさん(42)だ。彼は氷上を離れることができず,一人で挫折していたノ・ソニョン選手を暖かく慰める姿で国民から愛されるようになった。その彼が時ならぬ論争に巻き込まれた。
    26日,ボブ・デヨングさんのインスタグラムには「East Sea ! !」というコメントがつけられている。ネットユーザーが注目している掲示物は5日,彼が投稿した東海(日本名・日本海)の写真だ。
   彼は 「小さい湖は(凍れば)スケートに乗りやすい。だが,ここはそのようなところではない。スケートに乗りやすいほど完全に凍っている本当の自然だ。日本海につながっている…」と話した。
   ボブ・デヨングさんは東海を 「Japan Sea」と表記した。外国人であるだけにグーグル地図の表記に従ったと見られるが,韓国で接続される韓国向けグーグルマップには26日現在「東海」と単独表記されている。
   ボブ・デヨングさんのファンたちは遅まきながら該当表記を見つけて「日本海ではない。東海だ」という意見を書き込んでいる。
   ・・・  ’
とのことです。
   国際機関が正式に認めている 国際標準名を使用した外国人に対して 国内のみのローカル名を押し付ける後進性を世界に広めています。
   先進国への道は険しいものです。自ら険しくしています。

「日本,新『偵察衛星』打ち上げに成功…『7機体制,全世界どこでも撮影』」   2018/2/27 中央日報・日本語版
   ‘日本が新しい情報を集める衛星の打ち上げに成功した。NHKは 「27日午後1時34分,鹿児島県種子島宇宙センターで日本製H2Aロケットに載せた情報収集衛星が打ち上げられたが,約20分後に予定された軌道に投入され,打ち上げに成功した」と伝えた。
    日本の情報収集衛星は事実上,軍事的目的の偵察衛星だ。地震・山火のような災害現場の被害把握はもちろん,北朝鮮の弾道ミサイル発射の動きなどを監視する資産であるためだ。
    ・・・
   NHKは 「今回の打ち上げの成功で(日本政府が)運用中である情報収集衛星は合わせて7機となった」とし 「地球上のあらゆる地点を1日に1回以上撮影できる体制を備えることになった」と評価した。日本政府は北朝鮮の核・ミサイル脅威などを理由に今後偵察衛星を10期
(*原文のまま)に増やす計画だ。
    一方,韓国はまだ偵察衛星を一機も保有していない。軍当局によると,2021年~2023年まで5機の偵察衛星を打ち上げる予定だ。このような空白期を考えてイスラエル・フランス・ドイツの衛星を賃貸して使う案が検討されたが,相手国の反対で失敗に終わった。軍関係者は「戦時作戦権転換の核心が独自で北朝鮮に対する情報資産を確保することだが,そのうち核心である偵察衛星確保さえできていない実情」と話した。’
とのことです。
    空白期はそのままということです。
    「相手国の反対で失敗に終わった。」の表現は,正しくは 「相手国に断られた。」と記述すべきでしょう。「賃貸案を検討したが,相手国の反対で失敗に終わった。」?
    「賃貸を願い出たが,断られた。」と 何故 素直に書けないのでしょうか?
    軍事衛星を他国に簡単に貸すはずはないし,自力で人工衛星を打ち上げる力がなく,借りる立場でありながら 「反対で失敗」と対等な立場を匂わすような表現の不遜さが分ってない民族です。どのような国でも 「へりくだって借りる」という当たり前のことができない国に貸す気にはならないでしょう。

実力を伴わない,不遜な態度が哀れです。

|

« ‘Best Countries’では 5位だったが,‘Most Forward-Looking Countries’では? | トップページ | 14年ぶりの 新刊の直木賞作家。 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ‘Best Countries’では 5位だったが,‘Most Forward-Looking Countries’では? | トップページ | 14年ぶりの 新刊の直木賞作家。 »