« 銃を抱いて結婚式! | トップページ | 「バナナ」に飽きたので 「よもぎ大福」。 »

2018年3月16日 (金)

見出しに見る「勘違い」(その358)

「日本カーリング選手の 『韓国のイチゴおいしい』発言に日本農林水産相が見せた反応」  2018/3/5 中央日報・日本語版
   ‘日本女子カーリング代表選手が2018平昌冬季オリンピックで韓国のイチゴがおいしいと発言したことに対し,斎藤健農林水産相が敏感な反応を見せた。
   4日の朝日新聞によると,斎藤農林水産相は2日に行った記者会見で,日本女子カーリング代表チームの銅メダル獲得に言及し,「選手には日本のおいしいイチゴをぜひ食べていただきたい」と述べた。
   日本女子カーリング代表の鈴木夕湖は銅メダルを獲得した後の記者会見で「韓国のイチゴはびっくりするぐらいおいしかった」と語った。
   斎藤農林水産相は「(韓国産の)イチゴは日本から流出した品種をもとに韓国で交配されたものが主だ」とと主張した。
   朝日新聞によると,日本のイチゴは2012年まで韓国からの「品種保護」リストから抜けていた。その結果,現在の韓国産イチゴ品種の大多数は日本のイチゴとの異種交配によるものというのが日本農林水産省の主張だ。’
と書いています。
   農水省は 日本の品種の韓国への流出による損失額が5年間で 220億円と 去年 発表しています。無断持ち出し あるいは 契約違反交配が行われています。
   韓国の新聞社が知らないはずはないでしょう。そこを記事にしない報道機関は,如何なものでしょう。

「『私は商品だった』 韓国初宇宙飛行士が明らかにした宇宙プロジェクトの実体」  2018/3/7 中央日報・日本語版
   ‘「私は 『宇宙人輩出事業』 が作り出した商品だった」
    韓国初の宇宙飛行士である李素妍さんが10年前,政府の宇宙プロジェクトについて口を開いた。
    ・・・  ’
と書いています。
    『宇宙人輩出事業』の 「宇宙人」とは?
    韓国初の「宇宙飛行士」?
    韓国に 過去,現在を通して 「宇宙飛行士」(Astronaut)は存在していません。
    李素妍さんは ISSの滞在枠を購入して宇宙に滞在した 「宇宙旅行参加者」(Spaceflight Participant) あるいは 「宇宙旅行者」(Space Tourist)であって,ISSでの Official Mission を担う,資格を有する「宇宙飛行士」ではありません。
    その意味では 『宇宙人輩出事業の商品』 は正しいかも知れません。
    朝鮮語ではその違いを表現できないとしても,「宇宙飛行士」は虚偽呼称です。

報道には正確さが必要です。

|

« 銃を抱いて結婚式! | トップページ | 「バナナ」に飽きたので 「よもぎ大福」。 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 銃を抱いて結婚式! | トップページ | 「バナナ」に飽きたので 「よもぎ大福」。 »