« 見出しに見る「勘違い」(その366) | トップページ | 見出しに見る「勘違い」(その367) »

2018年4月 8日 (日)

「女性の方は土俵から降りて下さい」 世界中で報道。

4月4日,舞鶴市での大相撲巡業中,土俵上で挨拶をしていた市長が突然倒れ,土俵に上がって救急処置を施している女性看護師の観客に対して,場内放送担当の行司が 「女性の方は土俵から降りてください。」と 3回放送したことが,話題 あるいは 問題になって 報道されました。
場内放送担当は22歳の行司で,そばにいた42歳の先輩行司が 一部の観客からの 「女を土俵に上げるな!」の声に動揺して 指示したと伝えられています。

「海外に知られると恥ずかしいね,知られるだろうけど。」 とコメントするワイドショーの司会者がいましたが,英米代表メディアの電子版のほとんどに 即日 掲載されていました。

その見出しはー

Women Barred From Sumo Ring,  Even to Save a Man’s Life by The New York Times
「女性達,土俵から排除,人命を救うためなのに」

Women ordered off stage at sumo contest after trying to help stricken mayor by The Guardian
「倒れた市長を助けようとした女性達に土俵から降りるよう指示」

Japan sumo chief apologizes after female medics asked to leave ring by REUTERS
「日本の相撲協会理事長,緊急処置を施した女性達に土俵から降りるよう指示したことを謝罪」

A Japanese woman tried to save a man’s life in the sumo ring, but was ordered away for being “unclean”’  by The Washington Post
「日本で,女性が男の命を土俵上で救おうとしたが,『汚れている』 ために離れるよう命じられた」

Female Medics Rushed to Help a Man Who Collapsed in a Sumo Ring. They Were Promptly Told to Leave by TIME
「相撲の土俵で倒れた男に医療処置を施すため駆けつけた女性,すぐに降りるようにと言われた」

Wrestling With Gender Roles: Women Can Now Enter a Sumo Ring to Save a Man’s Life by THE WALL STREET JOURNAL
「ジェンダーの役割との闘い:女性は今や,人の命を救うために土俵に上がることができる」 

Japan women ordered from sumo ring during first aid by BBC NEWS
「日本で,救急処置中の女性に土俵から降りるよう指示」

Women giving emergency treatment to Mayor urged to leave sumo ring’  by Dailymail
「市長に緊急処置を施していた女性達,土俵を降りるよう告げられる」

Sumo wrestling medics ordered out of the ring while performing CPR on collapsed mayor - just because they were women by Mirror
「倒れた市長に心肺蘇生処置中の,土俵上の医療関係者に,土俵から降りるように指示,彼らが女性だったから」
   ‘CPR’: ‘cardiopulmonary resuscitation’ 心肺機能蘇生

土俵を ‘(Sumo) Ring’ と表現していました。

*************************************

日本の伝統を 広く世界に知らしめることになりました。

この件に関しては TVでは 諸々の意見が交わされており,「想定外の事態発生時の対応が確立されてない,緊急時のマニュアルが必要」と述べるコメンテーターもいましたが,いくら想定しても 想定外の事態は発生するものなので,組織の質を上げることしか根本的対策はありません。

今回の場合,市長が担架で運ばれた後,更に 驚くべきことに 「市長のご挨拶は終わりました」の場内アナウンスで プログラムどおりの進行が再開したとのことです。「市長の挨拶」は途中でした。
ここにも マニュアルでしか対応できない組織のお粗末さが伺えます。

まともな組織なら,ここでは,責任者である巡業部長による 状況説明,謝罪などあって,再開すべきところです。そのための責任者なのです。
巡業先市長の挨拶の時間に 「着替えていた」,「トイレに行っていた」と臆面もなく言ってしまう巡業部長なので無理でしょうが・・・ 。
(その後,市長が運ばれていくところを撮った写真に 巡業部長が写っていたそうで,虚偽の釈明をしたことが明らかになっています。)

どのように組織内教育をすべきかは考えてもらうことにして,不測の事態で臨機応変の対応が,如何に素早く,正しくできるか否かで組織の質が評価されることを認識すべきでしょう。

| |

« 見出しに見る「勘違い」(その366) | トップページ | 見出しに見る「勘違い」(その367) »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 見出しに見る「勘違い」(その366) | トップページ | 見出しに見る「勘違い」(その367) »